単行本




マインドフルネス・レクチャー
禅と臨床科学を通して考える
金剛出版
刊行日:2018年3月27日
販売価格:2,376円(税込・本体2,200円)

ISBN:9784022515131
A5判
200頁

出版社紹介文より
 一九九〇年,東洋の禅を中心とした仏教思想と西洋の現代医療を結びつけたジョン・カバットジン博士が,マインドフルネスについての最初の著作を上梓してから年月が流れ,現在では医療領域だけでなく,心理学,教育,産業,福祉,スポーツといったさまざまな分野での適応が広まりつつある。
 わが国でも,二〇一二年のカバットジン博士の来日を契機に,マインドフルネスの普及が大きく推し進められることとなった。
 本書は,わが国へのマインドフルネスの普及を主導してきた二人の医師,貝谷久宣,熊野宏昭が,それぞれマインドフルネスの導入・普及から医療現場での臨床応用の実際と,その脳科学的な理解について述べ,僧侶であり芥川賞作家でもある玄侑宗久が,マインドフルネスと仏教との関係を語った注目すべき講演録である。鼎談では,現代的な「不安」への対処から瞑想のコツ,またマインドフルネスの考え方とその理解までが語られ,最後に貝谷による,マインドフルネスと瞑想において重要な要素である「呼吸」についての随想を付した。
 マインドフルネスについての理解と実践のヒントが詰まった楽しく学べる一冊である。

おもな目次
マインドフルネスの臨床――特に不安障害、気分障害患者を中心に(貝谷久宣)
マインドフルネスの科学(熊野宏昭)
達磨から白隠へ――禅的マインドフルネスの流れ(玄侑宗久)
鼎談――マインドフルネス(貝谷久宣×熊野宏昭×玄侑宗久)
呼吸のはなし(貝谷久宣)
top前に戻る