小 説
文庫本
アンソロジー
書評・解説・監修
作品再録本
翻訳本
帯文・短文・コメント
講演会の記録
雑誌・特集他…
単行本
2011
2010
2009
2008
2006〜2007
2004〜2005
2003〜2001
エッセイ
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
連載中

出版一覧TOPへ
top

07

タイトル:「私だけの「みかえり阿弥陀」さま」
初 出:2009年11月号「一個人」に掲載。

刊行日 5月10日
書 名 「〔永久保存版〕仏像入門」
出版社 KKベストセラーズ
その他 雑誌「一個人」の特別編集版、ベストムックシリーズ72

07

タイトル:あの日・あの味(47)「甘露のおにぎり」
初 出:2005年1月1日 2月号「望星」発行・東海教育研究所 発売・東海大学出版会に掲載。

刊行日 3月29日
書 名 『あの日、あの味bar「食の記憶」でたどる昭和史』
出版社 発行・月刊「望星」編/東海教育研究所 発売・東海大学出版会
b

タイトル:「明るい町内会……自殺も殺人?……」
初 出:2003年9月25日「更生保護」法務省保護局に掲載。

刊行日 2月
書 名 『保護司に贈る出会いの小箱||』
出版社 法務省保護局編集/更生保護法人、日本更生保護協会発行
その他 syakaにも収録されています。

06

タイトル:「猫 雨
初 出:2005年7月 20号「野性時代」に掲載。

刊行日 10月下旬〜11月2日予定
書 名 『極上掌篇小説』
出版社 角川書店
備 考 豪華執筆陣30名が、巨大な世界を原稿用紙10枚に写し取る贅沢なアンソロジー。
b

タイトル:「慈悲と智恵の現場
初 出:2004年10月24日号「佼成新聞」の「観音さまとわたし」に掲載。

刊行日 5月
書 名 『観音さま』―その優しさに包まれて―
出版社 佼成出版社
その他 uoにも収録されています。
備 考 『観音さま』〜その優しさに包まれて〜は、15名(早坂暁氏、立松和平氏など)が綴る仏教随筆集です。再録に伴い、まえがき「命の不思議に向き合う」も書いています。
b

05

タイトル:「片手の音」
初 出:2004年1月号 「ちくま」筑摩書房「片手の音……『禅的生活』余滴」に掲載。

刊行日 8月30日(奥付)2008年7月10日に、文庫化されて発売。
書 名 『片手の音』
2005年度版ベスト・エッセイ集 日本エッセイストクラブ編
出版社 文藝春秋
備 考 2004年に雑誌、新聞に掲載されたエッセイの中から、厳選した約60篇を収録。胸を打つ実話、珍しいエピソードを満載しており、23冊目の刊行となります。
玄侑宗久、酒井順子、佐藤愛子、日高敏隆、藤原正彦……。各界の名文家が発表したエッセイの中から、珠玉の名品を選び抜きました
「音は2つ以上のモノがぶつかることで鳴る」……。では“片手で出す音”とは? を説く表題作ほか、イタリア男は何故酔っ払わないのか、和菓子にみる日本の水の豊かさなど、2004年に発表されたエッセイ60篇を収録。作家、医師、企業人、主婦と、執筆陣もプロアマを問わない顔ぶれ。それぞれの思いがつまったベスト・エッセイ集。

04

タイトル:「僧侶が長生きするワケ」
初 出:2003年7月臨時増刊号「文藝春秋」『大養生』百歳人生の健康読本に掲載。

刊行日 6月30日
書 名 『犬のため息』―ベスト・エッセイ2004、日本文藝家協会編
出版社 光村図書出版
その他 syakaにも収録されています。
b

03

タイトル:「一人でもできるお彼岸」
初 出:2002年4月号「大法輪」に掲載。

刊行日 8月15日 8月号
書 名 「月刊石材」
出版社 (株)石文社
その他 syakaにも収録されています。

02

タイトル:「中陰の花」
初 出:2001年5月号「文學界」に掲載。

刊行日 12月8日
書 名 『芥川賞全集』第十九巻
出版社 文藝春秋
その他 【単】【文】
b

タイトル:「本屋さんは『ひとさらい』」
初 出:2001年11月号「本の旅人」角川書店 に掲載。

刊行日 6月30日
書 名 『落葉の坂道』―ベスト・エッセイ2002
出版社 光村図書出版
その他 uoにも収録されています。

タイトル:「朝顔の音」
初 出:2001年9月号「文學界」に掲載。

刊行日 4月25日
書 名 『文学2002』
出版社 講談社
その他 【単】【文】

タイトル:「文字をたてる」
初 出:2001年8月11日朝日新聞」に掲載。

刊行日 1月29日
書 名 『抜粋のつづり』61号
出版社 熊平製作所
その他 uoにも収録されています。

前に戻るup