単行本
わたしを超えて-いのちの往復書簡
07

わたしを超えて いのちの 往復書簡

岸本葉子さん公認サイト→

わたしを超えて いのちの 往復書簡
玄侑宗久/岸本葉子
中央公論新社
刊行日:2月10日
販売価格:1,470 円(税込)
ISBN:978-4-12-003802-0 C0095
 
【内 容】

ご自身もがんを体験し、がん患者サポートや医療雑誌でも多数執筆されているエッセイストの岸本葉子さんと玄侑宗久との1年にわたる往復書簡です。
般若心経、不動智神妙録、ユング、量子論など縦横無尽に、互いの思いを綴り合いました。
《目次》
・念入りな飛翔barはじめに ………玄侑宗久
秘密への扉/渾沌にかえる/背反する態度/一瞬に止まらない/イメージ療法/関係性の中で/瞑想入門 /「頭ごなし」の世界/「思」との格闘/言葉を捨てる/理知の抵抗/陀羅尼を唱える/「名づけ」の功罪 /いのちからの声/わたしの介入/もうひとつの智慧の儀式/暗誦するということ/「不思議」を味わう/空の体験へbar般若心経/滅法な自然/奇跡と心/開かれた系/因果律を離れて/放心を具える/心とからだの風通し/霊性への目覚め
・「わたし」を超えてbarおわりに……岸本葉子
・大いなる余白barおわりに……玄侑宗久

いのちの対話
病を超えて いのちの対話
岸本葉子
中央公論新社
刊行日:6月
販売価格:1,680円(税込)
ISBN 978-4-12-003950-8
 
【内 容】

がんを生きる、ひとりを生きる、スピリチュアルを生きる。がんを体験した著名人、専門医、宗教者など十二人の賢者と語らった珠玉の対談集。
《目次》

第1章 がんを生きる
もっと温かい医療をめざして(鎌田實)
がんを特別視しないで生活を楽しむ(逸見晴恵)
告知、手術、心の揺れ…私らしくがんと向き合う(渥美雅子)
“にもかかわらず”笑うことの大切さ(山川静夫)
緩和ケアは終末医療ではない(向山雄人)
がん公表のタイミング&がん友との交流(山田邦子)
第2章 ひとりを生きる

がんばる姿がもてる日は来るのか(香山リカ)
ヘルシー&ハッピーに働こう!(渥美雅子)
変わる女性と社会保障(木村陽子)
希望があれば目の前に道は開ける(玄田有史))
第3章 スピリチュアルを生きる
毎日繰り返す死と再生(山折哲雄)
本当に幸せなこころのあり方とは?(中森じゅあん)
不思議を不思議のままにする強さを持とう(玄侑宗久)

top前に戻る