05 「東京新聞」「中日新聞」文化面 2月5日 夕刊

便利な社会…やはり変だ! 便利な社会…やはり変だ!

 あるスーパー経営者に、従業員が「三が日はなんとか休ませてもらえないでしょうか」と頼んだところ、「ダメ」とすげなく断られた。「じゃあせめて元日。親戚(しんせき)が集まるんです」とお願いする従業員に、経営者は答えた。「あ、いいよ、そのかわりずっと来なくていいから。代わりはいくらでもいるんだ」
 日本文芸家協会の協会報「文芸家協会ニュース」1月号で、作家で僧侶の玄侑宗久さんの寄稿「壊れゆくお正月」を読んだ。冒頭の会話はその中にあり、おそろしいことに実話だという。玄侑さんは書く。
「経営者の皆さんにお願いしたいのである。どうかお正月をこれ以上壊さないでいただきたい」と。同感だ。
 年中開いているお店に買い物に行くと、年中働いている人たちがいて、年中いつでも食べられるイチゴやスイカが並ぶ。それが当然で、便利だと思いこむ私たち。やはり変だ。玄侑さんの言葉に呼応して来年以降、お正月は買い物に行かないと決めた。賛同してくださる方を増やしたい。例の経営者氏に「客の代わりはいくらでもいるんだ」と言われないために。(品)

「文藝家協会ニュース」日本文藝家協会会報に執筆した「壊れゆくお正月」
『玄侑和尚と禅を暮らす』海竜社 所収作品
執筆された記者の方から掲載許可を頂きました。ありがとうございました。
Copyright2005,The Chunichi Shimbun, All Rights Reserved.

yoritsuki profile oshrase yotei shinkan ichiran intervew taidan yukisetsu essey 前に戻る
syohyo sonota audio kobai voice kobai annai contact b2
copy