対 談インタビュー
06

もく
"Way of thinking" for Readers

月 刊 MOKU 10月号

MOKU出版

刊行日:10月1日(木)

定価:1,800円(税込)


【内 容】

精神科医の片田珠美さんと巻頭対談
タイトルは「こころ、この厄介なるもの」。
特集名「こころの構造」。表紙写真にも登場。
MOKU出版公式サイト→

06

moku
"Way of thinking" for Readers

月 刊 MOKU 11月号

MOKU出版

刊行日:11月1日(水)

分売価格(1冊):1,800円(送料・税込)
購読料金:1年<12冊>19,200円(送料・税込)

【内 容】

feature articles[特集]人間読解
インタビュー記事掲載。
玄侑宗久・「苦」の読解
「私」を解体させましょう
「苦」。これほど人間につきまとうものはない。
何とか避けては通れぬものなのか。軽減できる何かうまい方法はないものか。
お釈迦さまは、「私」を仕立てるから苦しむのだと考えた。
「私」の解体ができれば、「苦」は「苦」として受け容れることができる。
では、どうやって?
瞑想、そして呪文を唱えるという行為がそれを実現する。
考える「私」を解体することによって、考えない「私」を作り出すのだ。
「いのち」の下宿人にすぎない「私」に絡めとられないで生きる方法を、玄侑宗久氏が伝授する。
●呪文の暗記と再生は「私」を解体する
●下宿人に大きな顔をさせないために
●「自己以外はすべて汚い」と感じることが苦しみ
●苦しいストーリーには苦しい「時」が集まる

●「私」は物語にすぎないと思っておけばいい
●理性的判断や思考はいのちを消費する


月刊「MOKU」は会員制の定期購読誌です。

お問い合せ:free0120ー736610
MOKU出版公式サイト→

top前に戻る