bお知らせ
bプロフィール
b新刊案内
b出版一覧
bインタビュー
b対 談
b雪月花
bエッセイ
b書 評
bその他
bAudio&Visual
b講演会
b読者の声


購買部 ご利用案内 お問い合せ

2017年の講演会

5月

■鈴木敏夫さん×玄侑宗久和尚 生きてみたら? 力が抜ける、禅とジブリの人生問答
日時:5月24日(水) 19:00〜21:00
場所:代官山 蔦屋書店1号館2階 イベントスペース(東京都渋谷区猿楽町17-5)
入場:代官山 蔦屋書店にて、対象書籍『なごみ6月号』 (864円税込)+参加券セット 計2,500円(税込) お買い上げの方

内容(イベント案内ページより)
数々の名作アニメ映画に携わってきたスタジオジブリ・プロデューサーの鈴木敏夫さんと、禅僧であり芥川賞作家の玄侑宗久和尚の特別対談。
「未来の事は考えない!」(鈴木)、「流れに任せて生きる」(玄侑)と話すお二人のお話は、聞くと少し気が楽になるかも。

「茶のあるくらし」を提案する、月刊『なごみ』(淡交社刊)通巻450号を記念して、鈴木さんが毎月禅僧の方と対談する連載「半径2メートルの禅問答 喫茶去」のスピンオフ企画が実現しました。
鈴木さんは、白隠禅師や良寛和尚の書画を模写するなど、「禅」の世界に関心を持っていたといいます。
白隠禅師の絵に「生きろ」ならぬ「生きてみたら?」とキャッチコピーをつける鈴木さん、「流れに任せる観音力」を説く玄侑和尚 ----難しい禅のイメージを覆すお二人の対話をぜひ。司会は世田谷・龍雲寺住職の細川晋輔和尚です。
>>代官山T-SITE
■公開講座 玄侑宗久講演会 やがて死ぬ「けしき」
日時:2017(平成29)年5月18日(木)14:00〜15:30
会場:朝日会館15階 朝日ホール(愛知県名古屋市中区栄1-3-3)
受講料:会員3,348円 一般3,672円
申込:朝日カルチャーセンター名古屋 052-249-5553
※ご予約の上、前もって窓口をご利用頂くか、銀行振り込みでお振込願います。
※当日会場で手続き頂く場合、会員の方も一般料金となりますので、ご了承願います。

内容:芭蕉は、「やがて死ぬけしきは見えず蝉の声」と詠んだ。
一週間後に死ぬことなど知らぬが如く、死の直前までミンミン、ジージー鳴いている蝉は凄いと驚いているのである。人間はどうか? 過去を悔やみ、未来を憂え、死の恐怖をむしろ増大させてはいないか。どうせ考えないことなどできない未来なら、せめて徹底して死生観を学び、今後の人生を充実させてはいかがだろうか。

当日会場にて著書を購入された方を対象にサイン会が行われます。

>>朝日カルチャーセンター名古屋
>>朝日カルチャーセンター名古屋 講演会のページ

3月

■公開講座 玄侑宗久講演会 荘子との遭遇
日時:2017(平成29)年3月30日(木)14:00〜15:30(開場13:30)
会場:三井ガーデンホテル千葉3階「飛鳥の間」(千葉県千葉市中央区中央1-11-1)
受講料:会員3,132円 一般3,456円
申込:朝日カルチャーセンター千葉 043-227-0131
内容:正直なところ、「荘子」に出逢うかどうかで、人生は違ったものになるように思えます。「荘子」は常に自己の視野の狭さを打ち破る修練を読者に課します。また荘子の勧める創造力とは、結局私たちが「個」へのこだわりを捨て、より大きな宇宙に心を開いたときに現れる力のことです。死生観も含め、現実についての見方を変える荘子の教えを共に学んでみましょう。

>>朝日カルチャーセンター千葉
>>朝日カルチャーセンター千葉 講演会のページ

■シンポジウム『ご縁』
日時:2017(平成29)年3月4日(土)13:30〜16:20
会場:築地本願寺 本堂(東京都中央区築地3-15-1)
登壇者:

提言者
古賀茂明氏(古賀茂明政策ラボ代表・フォーラム4提言者・元経産省職員)
鈴木岩弓氏(東北大学教授)
玄侑宗久(作家・臨済宗妙心寺派 福聚寺住職)
釈徹宗氏(相愛大学教授・浄土真宗本願寺派 如来寺住職)
コーディネーター
丘山願海氏(浄土真宗本願寺派総合研究所 所長)

入場料:無料(定員500名)事前申込必要
申込方法:

郵送、電話、FAX、メールのいずれかの方法で、必要事項(代表者名・住所・電話番号・FAX番号・参加人数)を下記申し込み先までお知らせください。

申込み:

お問い合わせ先 〒600-8501 京都市下京区堀川通花屋町下ル 浄土真宗本願寺派 重点プロジェクト推進室 (シンポジウム『ご縁』係)
TEL 075-371-5181(代) FAX 075-351-1372
E-mail:sympo-goen@hongwanji.or.jp

>>本願寺 シンポジウム『ご縁』
>>本願寺 シンポジウム『ご縁』PDF

2月

■不安の医学 第24回都民講演会プログラム『マインドフルネス』
日:2017年2月26日(日) 開場13:00 開演13:30
会場:早稲田大学 国際会議場(東京都新宿区西早稲田1丁目20-14)
入場料:無料
演題:「達磨から白隠まで〜禅的マインドフルネスの流れ〜」
内容:15:00〜15:30頃から玄侑宗久講演会、16:30から貝谷久宣氏(医療法人和楽会 理事長)、熊野宏昭氏(早稲田大学人間科学学術院 教授) と玄侑による鼎談を予定しています。

1月

■「仏教法話」特別講座 「蛙飛び込む水の音」
日時:2017年1月27日(金) 10:00〜11:30
会場:NHKカルチャー郡山教室(福島県郡山市麓山1-5-21 NHK郡山放送会館内 )
受講料:会員 2,500円/一般(入会不要) 3,000円
内容:仏頂禅師に参禅し、『荘子』を愛読していた松尾芭蕉。その芭蕉の出世作は皆さんもご承知の「古池や〜」の句だが、いったいこの句の何が素晴らしいのだろう? 禅や『荘子』の思想に基づいて考えてみたい。
申込:NHKカルチャー郡山教室

2016年の講演会

11月

■開山寂室元光禅師650年遠諱記念講演
日時:平成28年11月7日(月) 14:00〜15:00
会場:臨済宗永源寺派 大本山 永源寺(滋賀県東近江市永源寺高野町41)
演題:未悟の禅〜世界をつなぐ幻住の思想
申込:不要
備考:法要後の講演になります。
問合:永源寺 0478-27-0016
■大井仏教会主催 第10回「仏教を聴く」
日時:平成28年11月14日(月) 13:30〜
会場:きゅりあん(東京都品川区東大井5-18-1)
演題:震災でみえてきた日本人の心のかたち
問合:大経寺 03-3762-7267
■京都花園大学 公開講演会
日時:平成28年11月21日(月) 14:40〜16:10
会場:京都花園大学 教堂(京都府京都市中京区西ノ京壺ノ内町8-1)
演題:蛙飛び込む水の音
入場:無料
申込:不要
定員:100名
問合:花園大学総務課 学外・地域連携担当 075-279-3630
>>花園大学 講演会案内
■臨済禅師1150年遠諱記念講演
日時:平成28年11月22日(火) 14:15〜15:45
会場:山陽新聞社 さん太ホール(岡山市北区柳町2-1-1)
演題:活発な平和〜禅と日本人のこころ
備考:13時30分から臨済禅師遠諱法要があり、その後講演会となります。

10月

■みはる小さな旅で大きな発見! 芥川賞作家 玄侑宗久氏の法話と暁天坐禅
日時:平成28年10月22日(土)・23(日) 2日間
会場:玄侑の法話と暁天坐禅会場=福聚寺本堂 

夕食「おばんざい」会場=三春の里田園生活館「里の茶屋」
京都・招猩庵 松本隆司氏の「おばんざい」です。
奥州三春数珠巡り」会場=三春町内各寺院10ヵ寺

定員:40名様(最少催行30名)
受付締切:平成28年10月15日(土)
参加費:7,000円(夕・朝食付)※参加費に数珠巡り代、宿泊代は含まれていません。
おすすめポイント
福聚寺「暁天坐禅」 夜が明けきらぬ早朝の時間から行われ、1日の始まりの坐禅と云われます。
「おばんざい」 京都・招猩庵さんのご厚意により、三春の食材で調理して頂きます。
「奥州三春数珠巡り」 に参加頂けます! 詳細は「数珠巡り」のページを参照ください。
スケジュール
1日目

13:40 「花かご」集合=受付(参加費集金)
13:50 「奥州三春数珠巡り」スタート 案内人により各寺院紹介
17:30 「真照寺」で巡業終了、三春の里田園生活館へ移動。「数珠ブレスレット」は10月23日坐禅会・朝食終了後お渡しします。
18:00 三春の里田園生活館「里の茶屋」へ移動
19:00 京都の「おばんざい」をご賞味いただきます。(京都・招猩庵、松本 隆司氏)
21:00 1日目終了

2日目

4:45 福聚寺本堂へ集合
5:00 玄侑宗久氏の法話と暁天坐禅開始
7:30 坐禅終了
8:00 「福聚寺大書院」へ移動
8:15 朝食「粥料理」 朝食終了後、数珠ブレスレット配布
10:00 講話終了後 解散
余裕をもってのご集合をお願いします。 

>>三春町のホームページに詳しく掲載されています
>>チラシPDFはこちら



クリックでチラシPDFを表示します
■ 本のまち 夢づくり講演会
日時:平成28年10月18日(火) 18:30〜
会場:本別町中央公民館大ホール (北海道中川郡本別町北1丁目)
演題:風流のはじまり
入場:無料
問合:本別町図書館 0156-22-5112
備考:講演会の後、サイン会を行ないます。
>>講演会チラシ(PDF)
■ こころの好縁会
日時:平成28年10月2日(日) 12:00開場 13:00〜16:00
会場:長良川温泉 岐阜グランドホテル(岐阜県岐阜市長良648)
料金:全席指定 3,800円
問合:大興寺(こころの好縁会事務局)090-7915-8204
内容:ロバート・キャンベル先生『終わりから書きはじめる物語について』
玄侑宗久『書き換えられる物語の行方』
中日新聞社 小出宣昭社長を交えた鼎談のテーマ『つくづくと我が影見るや』
>>こころの好縁会 詳細

9月

■中日文化センター創立50周年記念講演会「風流に生きる」
日時:平成28年9月13日(火) 13:00〜14:30
会場:栄中日文化センター(名古屋市中区栄4丁目1番1号 中日ビル4F)
受講料:一般3,240円/会員3,024円
問合せ:栄中日文化センター 0120-53-8164
内容:「風流」は本来禅語で、「ゆらぎ」を意味します。
ゆらいで重心を取り戻したとき、「風流」と呟くのです。日本人の奥深くに根付いた「風流」の思想を、ここでは「不二」や「直観」という言葉を手がかりに探ってみたいと思います。

8月

■未来の祀(まつ)りふくしま
日時:2016年8月27日 15:00〜16:30
場所:本法寺 福島県福島市新町8-12
入場:無料
鼎談:ふくしまにまなぶ ふくしまでまなぶ
あの日から5年 夏が過ぎて 玄侑宗久×柳美里×和合亮一
「いま、たどりつきたいこと、言葉と物語と沈黙のはざまに」

鼎談終了後、会場にて著書をお求めいただいた方を対象にサイン会が行なわれます。

未来の祀(まつ)りふくしまは、8月27日・28日の2日間行われ、ふくしま未来神楽の上演などがあります。
>>未来の祀(まつ)りふくしま公式サイト
>>未来の祀(まつ)りふくしまチラシ表面(pdf)
>>未来の祀(まつ)りふくしまチラシ裏面(pdf)

6月

■2016年姫路文学館夏季大学
日時:2016年6月27日(月) 13:30〜15:00
場所:姫路市市民会館大ホール 兵庫県姫路市総社本町112
演題:無常を生き抜く(第2講)
受講料:4,000円(全4回通し)
定員:800名(定員になり次第締め切り)
申込:2016年姫路文学館夏季大学案内ページをご覧下さい

全4回の講座です。玄侑は第2講に登壇します。
受講料は4回通しの金額です。

第1講は6月14日(火)藤原正彦氏「星の数とイモ虫の数」、第3講は7月2日(土)夏井いつきさん「俳句が日本を元気にする!」、第4講は7月19日(火)高橋順子さん「車谷長吉という人」です。
>>2016年姫路文学館夏季大学

■中日新聞東海本社編集発行35周年記念「こころの好縁会」in浜松
日時:2016年6月26日(日) 13:30開場 14:00〜17:00
場所:アクトシティ浜松コングレスセンター3階 31会議室 静岡県浜松市中区板屋町111-1
聴講料:3000円
聴講券発売所:静岡県内の中日新聞販売店(一部店舗除く)、浜松中日文化センター、チケットぴあ、サークルK・サンクス、セブン−イレブン
問い合わせ:浜松中日文化センター 0120-435-006[受付時間]月〜土曜日 午前10時〜午後7時30分、日曜日は午後3時まで
浜松中日文化センター内「こころの好縁会in浜松」係

内容:
第一部 玄侑宗久講演「鶴と亀の生き方」 姜尚中さん講演「漱石の言葉」
第二部 玄侑、姜さん、小出宣昭中日新聞社長による鼎談 「情報のなかで生きる」
■大白隠展特別講演
日時:2016年6月18日(土) 14:30〜16:50
場所:東北歴史博物館 宮城県多賀城市高崎1−22−1
演題:芳澤勝弘先生「白隠禅画をよむ」 玄侑宗久「無二無三の道」
聴講料:無料(大白隠展観覧には通常の入館料が必要です)
申込:不要です
講演とあわせて、芳澤先生と玄侑の対談があります。
開館時間の都合上、講演後の作品鑑賞が出来ません。あらかじめ展示をご覧頂きますようお願い致します。
>>大白隠展ブログ

5月

■こころの好縁会
日:2016年5月29日(日)
場所:岐阜グランドホテル 岐阜県岐阜市長良648番地
講演:松長有慶元高野山座主様「いのちつながる」/玄侑宗久「鶴と亀の生き方」
鼎談:松長有慶元高野山座主様、玄侑宗久 進行・小出宣昭中日新聞社社長
入場:3,500円(全席指定)
申込:大興寺(こころの好縁会事務局)
受付時間:月曜〜金曜(10:00〜17:00)
電話:090−3833−2569
共催:中日新聞社・大興寺
後援:岐阜県・岐阜県教育委員会・岐阜市・岐阜市教育委員会・福島県・三春町・高家寺
■玄侑宗久講演会 鶴と亀の生き方
日時:2016年5月11日(水)14:00〜15:30
場所:朝日ホール(愛知県名古屋市中区栄1の3の3 )
参加費:会員3,348円 一般 3,672円
申込:受付中

内容:鶴と亀は、道教が考えだした長寿と和合のシンボルである。しかしこの二種類の生き物は、殆んど別な世界に棲んでいると言ってもいいほど、生き方も価値観も違っている。いったいこれはどういうことなのか。そこに込められた思いを探り、現代社会における和合について考えてみたい。
※当日、会場にて玄侑の書籍をご購入頂いた方を対象にサイン会を実施します。
>>講演会案内(PDF)
>>朝日カルチャーセンター名古屋 玄侑宗久講演会のページ
>>朝日カルチャーセンター名古屋
■花園大学 公開講演会「無二無三の道」
日時:2016年5月10日(火)14:40〜16:10
場所:花園大学 教堂(京都府京都市中京区西ノ京壺ノ内町8-1)
参加費:無料
申込:不要です
備考:一般聴講歓迎
問合:花園大学総務課学外交流担当 TEL:075(811)5181(代)
>>花園大学講座案内

3月

■玄侑宗久講演会 意識の使い方
日時:2016年3月15日(火)14:00〜15:30
場所:朝日カルチャーセンター千葉(千葉県千葉市中央区中央1丁目11−1 )
参加費:会員2,808円 一般 3,348円
申込:受付中
内容:意識を上手に用いると、無意識をも動かすことができる。頭の使い方は、モノを考えるだけではなく、こういう使い方もあるのかと実感していただきたい。いわば脳の省エネモードである。幾つかの実践を交えながら、ご一緒に体験してみたい。
>>朝日カルチャーセンター千葉

2月

■第14回あだたら漫遊博 おかみと過ごすひな祭り 特別講演会
日時:2016年2月29日(月)13:30〜15:00


場所:陽日の郷 あづま館(福島県二本松市岳温泉1-5 )
参加費:無料
演題:鶴と亀の生き方

内容:「第14回あだたら漫遊博 おかみと過ごすひな祭り」は2月27日から29日の3日間、福島県二本松市岳温泉にて行われます。27日は作家の柳美里さん、28日は詩人・国語教師の和合亮一さんの講演会が開催されます。また、二本松の地酒利き酒会など、「水」をテーマにした多彩なイベントを予定しています。
※講演会、利き酒などの参加費は無料です。アロマ講座とネイル体験のみ有料となります。
>>第14回あだたら漫遊博 おかみと過ごすひな祭り(PDF)
■村上隆の五百羅漢図展 トークイベント Japanese Dual Standard
日時:平成28年2月20日(土)
現代美術作家・村上隆氏の大型個展「村上隆の五百羅漢図展」開催に伴い、日本文化と村上作品について語るトークイベント「Japanese Dual Standard」を開催します。
>>マイナビニュースの記事はこちら
>>村上隆の五百羅漢図展のサイトはこちら

トークイベント「Japanese Dual Standard」の詳細が公開されました
――「両行」による産霊(むすび)――
漆器を「japan」と命名したのは秀逸である。その制作過程には、「塗る」「磨く(削る)」という相反する行為の反復があり、それが「たまかぎる」仄かな光を産みだす。村上氏の最近の一円相にそのような味わいを感じるのは、おそらく私だけではないだろう。思えば氏の内面ではずっと大胆さと繊細さ、饒舌と寡黙、荒涼と肥沃など、相反するベクトルがぶつかりあい、制作のエネルギーを産みだしてきた。じつはこれこそ『古事記』以来の日本の伝統藝であることを、検証してみたいのである。――玄侑宗久
出演:玄侑宗久(作家、福聚寺住職、花園大学客員教授)
日時:2016年2月20日(土) 15:00-16:30(開場:14:30)
会場:森美術館オーディトリアム
定員:100名(要予約)
料金:無料(要展覧会チケット)
お申し込み:受付中です。展覧会公式サイトのイベントのページをごらん下さい。

1月

■龍雲寺ダンマトーク(法話会)
日時:2016年1月23日(土)14:30〜
場所:龍雲寺(東京禅センター向い)
参加費:無料(入り口に設置されるおかげさま募金箱にご協力いただけましたら幸いです)
申込:11月7日午前9時より
内容:もっと仏教、禅をわかりやすく話してくれる講座を作ってもらいたい、以前から寄せられていたこんなご要望にお応えします。龍雲寺ダンマトーク(法話会)は、一般の皆さま向けに龍雲寺さまと共催で開催する禅を身近に感じられる法話の集いです。今年度は臨済宗を代表するにふさわしい豪華講師陣により、思う存分禅に触れていただきたいと思います。また、各回講師の法話の前に次代を担う若手布教師の法話もお聞きいただけます。
>>申し込み・詳細はこちら

2015年の講演会

12月

■九州文化塾
日時:2015年12月10日(木)13:00 〜 15:00
会場:福岡シンフォニーホール
テーマ:風流に生きる
対象:九州文化塾会員(入会についてはこちらをごらん下さい
備考:講演の前にミニ・コンサートがあります。
申込・問合:九州文化塾事務局 電話:092-711-7536 FAX:092-752-1722
>>九州文化塾のサイトはこちら
■みはる小さな旅で大きな発見!
芥川賞作家 玄侑宗久氏の法話と坐禅体験〜 仏法に触れ 心の自由をとりもどす一日 〜
日時:平成27年12月1日(火)9:45福聚寺集合 14:30すぎ終了予定
会場:福聚寺 本堂(福島県田村郡三春町字御免町194)
定員:30名
内容:玄侑の法話、坐禅体験、精進弁当、福聚寺所蔵の文化財拝観

三春町観光ボランティアガイドによる福聚寺境内や周辺の歴史散策
特典として、玄侑宗久サイン入り著書「『いのち』のままに 心の自由をとりもどす禅的瞑想法」を進呈いたします。

締切:平成27年11月25日(水)
参加費:5,000 円(昼食付)
交通:郡山駅より無料送迎バス運行。行きは9時15分に駅を出発します。

自家用車の方は公共駐車場が無料で使用できます。駐車場から福聚寺までは徒歩約300mです。

申込・問合:三春まちづくり公社/みはる観光協会 電話0247-62-3690

>>詳しくはここをクリックしてチラシをごらん下さい。(pdf)

11月

■平成25年度全国社会福祉大会
日時:2015年11月20日(金)
場所:日比谷公会堂 東京都千代田区日比谷公園1-3
時間:開場12:00 式典13:00〜 講演14:00〜 終了予定15:00
演題:鶴と亀の生き方
備考:本大会は、多年にわたり社会福祉の発展に功労のあった方々に対して表彰を行っているものです。
一般の方の入場はできません。
■國學院大學渋谷キャンパスオープンカレッジ特別講座
豊かに生きる─納得できる死を迎えるために─
日時:2015年5月19日〜11月10日 全5回
場所:國學院大學渋谷キャンパス 東京都渋谷区東4-10-28
時間:14:30〜16:30
受講料:全回通し1万円(税込)
※玄侑宗久の講演は11月ですが、お申し込みは5月からの5回分通しとなります。

玄侑宗久講演(第5回)
日時:2015年11月10日(火) 
演題:現代社会の中で死と向き合う


>>詳しいパンフレットはこちら(PDF)
■鴻巣市仏教会主催 第18回 わかる仏教講演会
演題:風流に生きる
日時:2015年11月4日(水)12:00開場 12:50開演
場所:クレアこうのす大ホール(埼玉県鴻巣市中央29−1)
入場:無料(入場整理券が必要です)
清興:和太鼓演奏 上田秀一郎先生・豊山太鼓『千響(せんきょう)』(真言宗豊山派)
問い合わせ:鴻巣市仏教会長 宝持寺 電話番号048-596-0729
当日、会場受付にて入場整理券の配布があります。
>>チラシPDFはこちら

10月

■大本山妙心寺微笑会
演題:禅と自然
日時:10月22日 10:30〜12:00
場所:妙心寺法堂(京都府京都市右京区花園妙心寺町1)
主催:京都市文化財保護委員会 会長・稲盛和夫氏)
※一般の方は入堂できません。

9月

■こころの好縁会
日時:平成27年9月27日(日) 12:00開場 13:00開演
場所:岐阜グランドホテル 岐阜県岐阜市長良648番地
講演:姜尚中氏「悪について」

玄侑宗久「律義な私たち」

鼎談:「この国はどこに向かうのか?」

姜尚中氏、玄侑宗久 進行・小出宣昭中日新聞社社長

入場:3,800円(全席指定)
JR岐阜駅から岐阜グランドホテル会場まで専用シャトルバス運行
申込:中日ツアーズ 052-231-0800
>>中日新聞の記事はこちら
■不二のお山とヤンジさん
日時:2015年9月18日(金)18:00〜
場所:富士吉田市 ふじさんホール(富士五湖文化センター)
入場:無料

「李良枝文学碑実行委員会」では、富士吉田市で育った芥川賞作家、李良枝(イヤンジ・1955〜1992)さんの文学を広め、碑の建立を進めています。
活動の一環として玄侑の講演会を実施します。
>>毎日新聞の記事はこちら
>>「芥川賞作家、李良枝を知ってますか?」facebookページはこちら
■臨床心理学者と禅僧による 笑門来福!好縁会
日時:2015年9月12日(土)13:30〜受付
場所:磐梯熱海温泉 清稜山倶楽部
入場:2,500円
申込:好縁会事務局

代表者氏名・参加人数・住所・電話番号を明記の上、以下のいずれかにてお申し込みください。
メール kotokaze263@yahoo.co.jp
はがき 〒963-8046 福島県郡山市町東2丁目140 好縁会事務局
FAX 024-961-1920

内容:13:30〜 好演「家庭内パラドックス」震災後の家族臨床から 長谷川啓三氏

好演後半 漫才の思想と実践 漫才実習
14:45〜 好演「風にまかせて生きる」玄侑宗久
15:45〜 著書サイン会

>>詳しくはこちら

■頓悟漸修という生き方
日時:2015年9月5日(土)13:00開場 13:30開演
場所:花園大学図書館ホール(京都市中京区)
入場:受講料は1講座千円(特別企画の参加費は別)
申込:中外日報社

内容
禅は六祖の後、「頓悟」「漸悟」という二つの潮流に分かれるのだが、これは禅の教学的な問題というより、人生上の問題である。現代における禅的な生き方を考えてみたい。

中外日報社主催の「宗教文化講座」第4回に登壇します。
講演前に料亭「阿じろ」にて精進料理を味わう企画は定員に達しました。講座は受付中です。
>>詳しくはこちら

8月

■福島県内の全原発の廃炉を求める会講演会
日時:2015年8月29日(土)開場13:00 開演13:30 終了16:00頃
場所:伊達ふるさと会館MDDホール(伊達市前川原63)
入場:無料
申込:不要
内容:高畑勲監督講演「さわらぬカクにたたりなし」

玄侑宗久講演「自然の復権」


『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』『かぐや姫の物語』などのアニメ映画監督・高畑勲氏と玄侑宗久の講演会が行われます。
>>講演会のチラシはこちら(PDF)
■「仏教法話」〜風流に生きる〜
日時:2015年8月3日(月) 13:00〜14:30
場所:NHKカルチャーいわき教室

いわき市平字小太郎町3-4 NHKいわき放送会館内

費用:会員2,500円 一般(入会不要)3,000円

講演会案内ページより
震災後、「風流」という言葉が私の中で蘇生してきた。平安時代から使われたこの言葉の原義は、「ゆらぎ」。日本人にとっては味のある人柄も意味した。マニフェストやマニュアルを用いず、揺れながら直観で判断する日本的な生き方を、あらためて考えてみたい。

>>申し込み・詳しい内容はこちら

7月

■第16回サンガクラブ『祈りの現場』刊行記念 石井光太×玄侑宗久対談講演
作家・石井光太氏初の対話集『祈りの現場――悲劇と向き合う宗教者との対話』の刊行記念イベントです。
日時:2015年7月20日(祝) 16:00〜18:00(15:30開場)
場所:昇龍館ビル2階 東京都千代田区神田小川町3-28-7

JR御茶ノ水駅 聖橋口より徒歩5分 会場地図

費用:一般:2,500円

サンガジャパン定期購読ご契約の方:1,800円
参加当日に定期購読ご契約の方:無料(別途、定期購読料5,250円)

申込:メール予約受付窓口:samghaclub@samgha.co.jp

電話:03-6273-2181/FAX:03-6273-2182 

>>詳しい内容はこちら
>>石井光太氏のサイトはこちら
■大本山健仁寺 平成27年度暁天坐禅会 緑陰講座
演題:観自在
日時:2015年7月10日(金)坐禅開始6:30〜、緑陰講座7:10〜 終了8:00前後
場所:京都市東山区大和大路通四条下る小松町
費用:無料
申込:不要

暁天坐禅会並びに緑陰講座は7月10日(金)〜12日(日)の3日間に亘り開催されます。
7月11日(土)
講師 追手門学院大学教授 佐藤 友美子氏
演題 『成熟社会を共に生きる』
7月12日(日)
建仁寺派管長 小堀泰巌老大師
提唱 碧巌録第五十八則 『趙州分疎不下(じょうしゅうぶんそふげ)』

>>詳細はこちら
>>健仁寺公式サイトはこちら
■第6回東日本大震災関連シンポジウム こころの再生に向けて 5年目を迎えた被災地の「復興」と現実
日時:2015年7月9日(木) 13:00〜17:30
場所:京都大学稲森財団記念館3階大会議室 京都市左京区吉田下阿達町46
入場:無料(申込不要。当日直接開場にお越し下さい。定員150名)
内容:
趣旨説明
鎌田東二氏(京都大学こころの未来研究センター・教授(宗教哲学・民俗学))
基調報告(1)
「福島、いとあはれなり」
玄侑宗久(作家/福聚寺(福島県三春町)・住職)
基調講演(2)
「被災地に誕生する"祈りの場"」
鈴木岩弓氏(東北大学・教授(宗教民俗学))
基調報告(3)
「被災地の記憶と震災伝承:気仙沼震災伝承マップの取り組み」
稲場圭信氏(大阪大学・准教授(宗教社会学))
基調報告(4)
「津波復興太鼓:マインドフルネスとレジリエンスの視点から」
井上ウィマラ氏(高野山大学・教授(スピリチュアルケア))
コメンテーター
金子昭氏(天理大学・教授(倫理学))
黒崎浩行氏(國學院大學・准教授(宗教学・神社地域論))
司会
鎌田東二氏
問合せ:京都大学こころの未来研究センター・リエゾン
kokoro-liaison*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp(お手数ですが、*を@に変えてください。)
>>詳細はこちら

■玄侑宗久講演会 風流に生きる
日時:2015年7月3日(金) 13:30開場 14:00〜15:30
場所:朝日会館15階・朝日ホール (愛知県名古屋市中区栄1−3−3)
入場:会員3,240円、一般3,564円

当日会場での受講料のお支払いは、お取り扱いできません。
ご予約のうえ、窓口ご利用、あるいは銀行口座へお振込み願います。

問合せ:朝日カルチャーセンター名古屋 052-249-5553

朝日カルチャーセンター 講演会紹介ページより
風流といえば花鳥風月などを思い浮かべる方が多いかもしれない。しかしこの言葉、もともと禅語である。「ゆらぎ」とも受け取れるし、「ゆらぎ」を楽しむ感覚とも思える。どんなことでも結局はゆらいで重心を取り直し、楽しんでしまうのが「風流ならざる処もまた風流」という在り方だ。日本人の人物についても「風流」を用い、また「風貌」「風格」などにも「風」が入っている。どうしてこんなに「風」が好きなのだろう?ご一緒に考えてみたい。

当日会場にて書籍を購入頂いた方を対象に、サイン会を予定しています。

5月

■第61回長野県仏教徒上小大会
日時:2015年5月28日
場所:サントミューゼ 長野県上田市天神三丁目15番15号
時間:13:00〜(第1部 声明・法要、第2部 式典、第3部 記念講演)
入場:無料
演題:自燈明 ともしびとすべき自己とは何か?
問合せ:前松寺様 TEL:0268-31-2822
■全日本鍼灸学会学術大会ふくしま大会市民公開講座
日時:2015年5月22日(金)〜24日(日) ※玄侑の講演は24日(日)14:30〜
場所:ビッグパレットふくしま 福島県郡山市南二丁目52番地
入場:無料
申込:不要
内容:公開講座1「フィッシュ! 哲学を医療復興の一助に」

東京慈恵医科大学付属病院 副院長・看護部長 高橋 則子先生
公開講座2「陰陽という生成原理」 玄侑宗久
日常の生活の中にもなじみが深い東洋思想の根幹となる『陰陽』を禅思想や脳科学からも解釈します。

>>大会のサイトはこちら
■いのちと食のフォーラム 福祉と農から地域を考える!
日時:2015年5月6日(水・祝) 第一部11:00〜
場所:豊橋市公会堂(愛知県豊橋市八町通二丁目22番地)
入場:無料(整理券が必要です・ひとり2枚まで)
申込:WACNET(0532-52-4315)

1部・記念式典&講演とランチタイム
講演「はじめのおわり!地域みんなのしあわせ」WACNET代表 加藤政実氏
ランチタイムで有機ごはんランチが提供されます(1000円)。
2部・映画&フォーラム
大分県臼杵市の有機の里づくりを描いたドキュメンタリー作品「100年ごはん」を上映。引き続きフォーラムにて、大分県臼杵市農林振興課有機農業推進室長の佐藤一彦氏らをゲストに迎えて公開討論が行われます。
3部・玄侑宗久特別講演
演題・喫茶去(きっさこ)〜現在地に戻る生き方
>>WACNETのサイトはこちら

3月

■玄侑宗久講演会 風流に生きる
日時:2015年3月26日(木) 14:00〜15:30
場所:朝日カルチャーセンター千葉(千葉市中央区中央1-11-1 三井ガーデンホテル千葉5階)
入場:会員 2,808円・ 一般 3,348円
問合せ:043-227-0131

朝日カルチャーセンター千葉 講演会紹介ページより
2011年3月の原発事故以来、被災者の苦しみに寄り添いつづける玄侑さん。震災後、元々禅語である「風流」という言葉を強く意識するようになったといいます。心の揺らぎを受け入れつつ重心を取り直す生き方を、玄侑さんとともに考えます。

当日会場にて書籍を購入頂いた方を対象に、サイン会を予定しています。
■第13回あだたら万遊博 おかみと過ごすひな祭り
日時:平成27年3月1日(日)〜3日(火)
場所:福島県二本松市 あだたら高原 岳(だけ)温泉各会場
万遊博テーマ:風に吹かれて
特別講演会:1日(日) 大和田新氏(ラジオ福島アナウンサー)

2日(月) 玄侑宗久(芥川賞作家)
3日(火) 小泉武夫氏(東京農大名誉教授・農学博士)


玄侑の講演会「風流に生きる」は3月2日13:30〜15:00に櫟平ホテル(福島県二本松市岳温泉2-8・TEL:0243-24-2626)にて開催します。入場無料。
講演会のほか、利き酒会や民話昔語りなど多彩な催しを行います。
詳細はこちらをご覧下さい(PDF)

2月

■第1回白隠塾フォーラム 白隠を語る
日時:平成27年2月27日(金) 受付17:00から 開会18:00〜20:30
場所:プラサヴェルデ 3階 コンベンションホールB(JR沼津駅北口徒歩3分)
募集人員:400名(会員300名・一般100名)要事前予約
入場:一般2,000円(会員は無料)
内容:17:00〜 受付

18:00 開会
18:05〜19:05 玄侑宗久講演「二人の白隠さん」
19:05〜19:15 休憩
19:15〜20:15 芳澤勝弘氏講演「白隠禅師の絵説法」
20:15〜20:30 質疑応答
20:30 閉会

講師:芳澤勝弘氏(花園大学国際禅学研究所教授)

玄侑宗久

申込:電話または電子メールで(住所、氏名、電話番号明記)駿河白隠塾事務局へ

電話055-925-0512
電子メールアドレス hakuinjuku@hakuin.jp

締切:平成27年2月20日(定員になり次第終了)

11月19日に沼津市で開催された花園大学国際禅学研究所の白隠フォーラムに合せて誕生した駿河白隠塾が、第1回目のフォーラムを開催します。
駿河白隠塾は、白隠禅師の地元である沼津市民を中心とした有志の方々による塾で、今後、継続したフォーラムの開催等の活動を通し、白隠禅師の業績と禅師を育んだこの地の魅力を広く発信していくことを目的としています。

2014年の講演会

12月

■祈りと再生のための道標
日時:2014年12月23日(火)13:20開場 14:20開演
会場:奈良県新公会堂 能楽ホール 奈良市春日町101
内容:
14:20 開演、主催者開会挨拶
14:25〜15:45 基調講演 玄侑宗久「直観を信じる勇気」
15:45〜16:00 休憩 レクサスプロモーションビデオ上映
16:00〜17:30 シンポジウム「無意識の力」

パネラー/興福寺貫首 多川俊映師 福聚寺住職 玄侑宗久
コーディネーター 仏教大学教授 東山弘子氏

17:30 主催者閉会挨拶
なお、会場ロビーでは、福島県、十津川復興写真展を開催する予定です。

お問い合わせ・お申し込み:
参加するには入場整理券が必要です。
FAX、はがき、またはEメールで代表者の名前、住所、電話番号、参加人数を明記の上、
〒630-8686 奈良市法華寺町2−4 
奈良新聞社企画部「玄侑宗久師講演会」係

までお申し込みください。(応募者多数の場合は抽選になります)
TEL:0742-32-2112
FAX: 0742-32-2771
E-mail: planning@nara-np.co.jp
締切:12月1日(月)の消印有効。
主催:奈良トヨタグループ
共催:レクサス奈良八条 企画・運営 奈良新聞社
直観を活かす生き方
日時:2014年12月20日(土) 10時開場 10:30開演 12:00終了
会場:崎陽軒本店6階会議室

横浜駅東口より徒歩1分。横浜駅東口地下街ポルタ直結。エレベーター完備

入場:会員 3,024円/一般 3,672円
内容:震災以後、いざという時の行動指針は「直観」であったことを痛感する。行政では、もっとシミュレーションを正確にし、マニュアルを充実させようと考えているようだが、個人の行動を決するのは最終的に直観である。この国には直観を重視する文化が花開いた。その源を探り、歴史も眺めつつ、直観の磨き方、活かし方を考えてみたい。


主催:朝日カルチャーセンター
申込:お申し込みはこちら
■CHOREOGRAPH LIFE "Being There ただそこに在ることの深さ"
言葉の力。論理の力。そのすべてを突き抜けた先に開ける「いのち」の力。臨済宗福聚寺住職でもある作家・玄侑宗久と、独立研究者・森田真生による身心を挙げた真剣問答3時間。

日時:2014年12月19日(金)13:30 開場 17:00終了
会場:建長寺・得月楼 神奈川県鎌倉市山ノ内8
参加費:5,000円 + 建長寺拝観料 300円
定員:思索の場のシェアのため、30名限定とさせていただきます。
申込:申込フォーム より12月14日までにご応募ください。12月15日月曜日、当選・落選の別を通知いたします。申し込みはこちらから
◎進行
まず森田講師から問題提起として1時間弱のトークをします。このトークを受けて、両講師が互いに問いを投げ合います。
次に、両講師は坐禅(瞑想)等、自身の内面と向き合いながら思索します。
なお、参加者の皆さまも一緒に思索していただくために、玄侑講師から未経験者でも坐禅(瞑想)を体感できるワークショップがございます。
まるで全員が参禅するかのようなスタイルで思索を重ねてゆきます。
最後に、冒頭の発問を受けて両講師が対話をします。
◎注意事項
本イベントは鎌倉五山第一位の名刹・建長寺の静寂な禅の場の中で、両講師の生で思索する姿を垣間見ることができる貴重な機会ですが、ホールにおける整った講演とは異なる予定調和なき実験でもあります。
お互いの「問い」に関する事前打ち合わせ・台本等は一切ございません。
そのため答えが出ず、思索し続けたまま終演時間を迎えることも予想されます。
恐れ入りますが、本イベントの特殊性をよくご理解の上、お申込みいただきますようお願いいたします。
北九州市民文化大学 第26期 第9回講演会
日時:2014年12月14日(土) 13時開場 13時30分開演 15時終了
会場:北九州ソレイユホール(旧九州厚生年金会館・北九州市小倉北区大手町12-3)
年間受講料:新規受講生18,000円ほか
お問い合わせ:北九州市民文化大学事務局 TEL・FAX093-522-5008(受付時間は月曜〜金曜、10時〜16時)
平成26年 成道会の集い
「成道会(じょうどうえ)」とは仏教のはじまりであり、お釈迦様がお悟りを開かれた聖日です。東京都仏教連合会では仏教文化宣揚を目指し、毎年「成道会の集い」を企画しています。

日時:2014年12月2日(火)
会場:有楽町朝日ホール( 東京都千代田区有楽町2丁目5-1)
入場:無料(全席自由・定員になり次第入場制限があります)
内容:第一部 法要 13時〜

第二部 玄侑宗久講演「不二の法門−直観に従う勇気をもつ−」 13時45分〜14時45分
第三部 清興

主催:東京都仏教連合会

11月

ASIAN AGING SUMMIT 2014
世界のフロントランナーとして「超高齢社会」を迎える日本。超高齢社会における“この国のあり方”を考え、産業振興の実現を目的として展開してきたこの催しも、4回目を迎えます。今回の「ASIAN AGING SUMMIT 2014」は、各分野における超高齢社会の課題を提示し、その解決を図る3日間の討議を経て、「2030年の日本のグランドデザイン」を、広く世界に向けて発信します。

日時:2014年11月11日(火)、12日(水)、13日(木)
会場:イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4F〜6F)
受講料:無料(事前のお申し込みが必要となります)
主催:国立長寿医療研究センター

玄侑宗久講演「宗教家から見る死生観、終末期 『いろは歌』と臨終行儀」
日:11月13日
時:16時30分から行われる「シンポジウム IX 死生観、終末期医療、国民教育」の中で、3番目に登壇します。また、その後パネルディスカッションに参加します。
■玄侑宗久講演会 「風流に生きる」
日時:2014年11月27日(木)14:30〜(約90分)
場所:浦和コルソ7階 コルソホール
会費:コルソクラブ会員様 1,000円 / 一般 1,500円

※チケット販売:コルソ2階サービスカウンター
※チケットのご予約は承っておりません。
※定員になり次第、チケットの販売は終了させて頂きますので、お早めにコルソ2階サービスカウンターへお立ち寄りくださいませ。
■金沢・現代会議 −現代に生きる・現代を生きる−
鈴木大拙が生まれ 鈴木大拙館が建ち
大拙を育んだ文化が今なお息づくここ金沢で
多様な分野の識者が 現代に生きる人の生き方について語り合う
講演
玄侑宗久
姜尚中氏 聖学院大学学長
松岡正剛氏 編集工学研究所所長・イシス編集学校校長
パネルディスカッション テーマ 「金沢(ふるさと)に生きる」
上田閑照氏 京都大学名誉教授
岡村美穂子氏 鈴木大拙元秘書・鈴木大拙館名誉館長
玄侑宗久
姜尚中氏
松岡正剛氏
コーディネーター 木村宣彰氏 大谷大学前学長・名誉教授・鈴木大拙館館長
日時:11月1日(土) 12:30開演(12:00開場)〈16:00閉会予定〉
場所:金沢歌劇座ホール 石川県金沢市下本多町6番丁27番地 
入場:無料(要申込)
申込:往復ハガキ又は電子メールで1人1通まで(重複申込無効)

●往復ハガキの場合は、住所、氏名、年齢、電話番号、人数(2名まで)及び返信用の住所、氏名をご記入のうえ下記へ

〒920-8577
(住所記載不要)金沢市企画調整課
「金沢・現代会議」係

●電子メールの場合は住所、氏名、年齢、電話番号、人数(2名まで)を記入し、下記アドレスに申込み下さい。

gendai@city.kanazawa.ishikawa.jp
締切:10月10日(金)当日必着
問合:金沢市企画調整課 TEL 076-220-2031(平日9:00〜17:45)
詳細:金沢市ホームページ
(注1)応募多数の場合は抽選とし、結果は10月15日頃にお知らせします。
(注2)転売等、営利目的の申込は固くお断りいたします。
(注3)応募者の個人情報は、この催しの運営目的のみに使用し、主催者が安全に管理し保護を徹底します。

10月

■こころの好縁会
日時:平成26年10月5日(日) 12:00開場 13:00開演
場所:岐阜グランドホテル 岐阜県岐阜市長良648番地
講演:姜尚中氏 「近代の光と影−喜劇と悲劇のあいだ−」

玄侑宗久 「禅と翁」

鼎談:「文明の病と個人主義のゆくえ」

姜尚中氏、玄侑宗久 進行・小出宣昭中日新聞社社長

入場:3,500円(全席指定)
JR岐阜駅から岐阜グランドホテル会場まで専用シャトルバス運行

9月

■第18回静岡県仏教徒大会
日時:2014年9月29日(月)13:00 (開場 12:30〜、終演 16:00)
場所:アクトシティ浜松 中ホール 静岡県浜松市中区板屋町111-1
内容:第1部 法要

第2部 式典
玄侑による記念講演「日本人の心のかたち〜震災から見えてきたもの〜」、
女流講談師田辺一邑師の口演を予定しています。

入場:無料
問合:静岡県仏教会事務局 正光寺 電話:053-434-0800
詳細:静岡県仏教会
■第1回帯津良一「場」の養生塾inふくしま
日時:2014年9月6日(土)13:00〜7日(日)12:00
場所:レイクサイド磐光 福島県耶麻郡猪苗代町壷場浜130-3 TEL:0242-66-2711
内容:講話(玄侑宗久・帯津良一)・対談・懇親会・気功・ヨガ教室・呼吸教室・Q&A
入場:@ご宿泊(1泊2日・研修費)\18,000

A日帰り(両日参加)\6,000
B日帰り(どちらか1日)\3,500
C当日日帰り(予約なし)\4,000
※講話・対談は6日に実施予定

問合:場の養生塾〈ふくしま〉TEL/FAX: 024-961-1920
E-mail:kotokaze263@yahoo.co.jp
担当:亀山
詳細:帯津三敬病院

8月

■健康リスクコミュニケーション講演会・いいたて村と生きるまでいなリレートーク
日時:2014年8月31日(日)15:00〜
場所:飯野学習センター 2階ホール 福島県福島市飯野町境川19-2
演題:風流に生きる
入場:無料。入場整理券が必要です。下記までお問い合わせください。(各先着200名)
問合:飯舘村役場健康福祉課 電話024-562-4224
詳細:いいたて村までい企業組合
■第24回 山寺芭蕉記念館 文化セミナー 東北再発見  − 歴史に学ぶ「みちのく」の文化とその歴史と可能性 −
8月2日
「あまちゃん・おしん・北の宿から… ―日本人にとって東北って何だろう?― 」
山形大学基盤教育院教授 山本陽史氏 
8月9日
「東北文化の姿かたち ―祭りと芸能、信仰と鎮魂に映し出される自画像― 」
東北文教大学短期大学部教授 菊地和博氏
8月16日
「平安時代の兵乱にみる東北 ―征夷から奥州合戦まで―」
東北芸術工科大学准教授 佐藤健治氏
8月24日
「東北のこころ、翁の力」
芥川賞作家、福聚寺住職 玄侑宗久
会場:山寺芭蕉記念館 研修室1
受講料:各日1回につき600円
受講定員:各日100名(先着順)
申込方法:山寺芭蕉記念館まで 電話(023−695−2221)またはFAX(023-695-2552)で「お名前、ご住所、お電話番号、聴講希望日」をお知らせの上、お申込み下さい。
※必ず事前にご予約ください。
詳しくはこちらをご覧下さい。

7月

■第221回ホスピスケア市民講座 玄侑宗久講演会「いのちと私」
日時:7月23日(水) 13:00〜(12:00開場)
場所:かでるホール(北海道札幌市中央区北2条西7丁目)
受講料:一般1,500円
チケット:教育文化会館・大丸・道新の各札幌市内プレイガイドほかにて発売
問合:NPO法人 市民と共に創るホスピスケアの会 011-615-6060
■旭川青年大学 第32期
日時:7月22日(火) 18:30〜20:30
場所:旭川市民文化会館大ホール (北海道旭川市7条通9丁目)
受講料:12,000円(平成26年4月〜27年3月・年間12回・途中入会も同額)
申込・問合:旭川青年大学事務局 TEL0166-23-0262
第32期 4回目の講師を務めます。毎月の講師陣などの詳細は旭川・道北エリア情報LINERWEBの記事をご覧ください。
■鎌倉円覚寺 夏期講座
日程:平成26年7月19日〜22日

7月19日
第1時限(8時半〜9時30分)横田南嶺老師 『無門関』提唱
第2時限(9時45分〜10時55分)「人間塾」代表理事仲野好重先生 「自己を深める、世界が広がる」
第3時限(11時10分〜12時20分)玄侑宗久「風流ならざる処もまた風流」

受付:午前7時30分より円覚寺総門にて
会場:臨済宗 円覚寺派本山円覚寺大方丈
最寄り駅:JR横須賀線 北鎌倉駅下車
聴講料:1日の場合は1500円、4日間通券は5000円

期間中、宿泊坐禅研修会も行われます。希望者される方は82円切手貼付の返信用封筒を同封して円覚寺宛て(〒247-0062 鎌倉市山ノ内409)資料請求をしてください。
■文化の力
日時:7月15日(火) 10:00〜11:30(9:30開場予定・全席自由)
場所:ホテルサンルートプラザ福島(福島県福島市大町7-11)
受講料:会員2,300円/一般(入会不要)2,800円
内容:人は生まれてから死ぬまで、文化的な意味づけのなかで生きていく。
経済や政治との関わりも確かに大きいが、それだけでは生きていけないはずである。震災や放射能の問題は、我々にどんな生き方を求めているのか、あらためて文化の問題として考えてみたいと思います。
申込:NHKカルチャーセンター福島教室のサイトをご覧ください。
問合:NHKカルチャーセンター福島教室 TEL024-525-8848
■青森中央学院大学看護学部開設記念講演
日時:7月4日(金) 15:00〜
場所:青森中央学院大学 学術交流会館2階(青森市横内字神田12)
入場料:無料(要申込)
申込・問合:以下の宛先へ、電話・FAX・電子メール・郵送のいずれかでお申し込みください。
青森中央学院大学事務局
〒030-0132 青森市横内字神田12
TEL:017-728-0131
FAX:017-738-8333
メールアドレス:csk@aomoricgu.ac.jp

講演概要
患者という存在は、医療看護的な対象であることは勿論だが、社会的、精神的な存在としても扱われなくてはならない。いわゆるホリスティック医療である。
しかし人間の知性はけっして全体性をそのまま扱えるようにはできていない。
全体性への糸口としての相補性について、ご一緒に考えてみたい。

6月

■玄侑宗久講演会 さすらいの仏教語
日時:6月3日(火) 14:00〜15:30
場所:朝日会館15階・朝日ホール (名古屋市中区栄1-3-3)
受講料:3,240円(会員) 3,564円(一般)
内容:言葉の意味は、時代と共に変わっていく。それは逆に言えば、意味がさすらうことでかろうじて生き延びた、と言えるのかもしれない。
「魔羅」「娑婆」「退屈」「ガタピシ」「ゴタゴタ」「ふしだら」など具体的な言葉を例に、その発生と変遷を辿ってみたい。
申込:朝日カルチャーセンター名古屋教室のサイトをご覧ください。
問合:朝日カルチャーセンター名古屋教室 TEL052-249-5553

4月

■大衆報恩坐禅会 記念講演
日時:4月19日(土)
場所:建仁寺 京都府京都市東山区大和大路通四条下る小松町


内容(建仁寺のサイトより)
来たる本年4月19日並びに20日の2日間、開山栄西禅師八百年大遠諱の記念行事と致しまして、大衆報恩坐禅会を開催いたします。

両日とも午前八時より坐禅を行った後、開山栄西禅師降誕会のお勤めをさせて頂き、最後に講師の方をお招きして記念講演を賜る予定となっております。 初日の講師は臨済宗妙心寺派福聚寺住職であり、また作家としても多方面でご活躍の玄侑宗久師、また2日目の講師は昨年の緑陰講座でもご講演をいただきました駒澤大学・花園大学兼任講師、舘隆志師に講演をして頂く予定となっております。

■両行という生き方
日時:4月11日(金)13:30〜15:00
場所:恵向公園内 浪江町仮設住宅集会場 (福島県本宮市荒井恵向)
詳細はこちらをご覧ください。

3月

■日本人の心のかたち
日時:2014年3月27日(木)14:00〜15:30
場所:朝日カルチャーセンター千葉
会費:会員2,730円 一般3,255円
災害列島日本に住む我々の「心のかたち」が、東日本大震災によってはっきり見えてきたように思える。「両行」と「不二」という言葉を手がかりに、日本人独特の直観的な生き方、考え方を見つめてみたい。
■企画公演 復興と文化
日時:3月13日(木) 18:00開演
場所:国立能楽堂(東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1)
内容:狂言と能に先立ち、「『文化の力』〜たとえば東天紅をめぐって〜」と題して講演を行います。
購入:電話・インターネット予約開始 2014年2月9日(日)

窓口販売開始 2014年2月10日(月)

詳細はこちら
■第12回 あだたら万遊博特別講演会「秘すれば花」
日時:3月3日(月) 13:30〜15:00
場所:ながめの館 光雲閣(福島県二本松市岳温泉1-85)
入場:無料

2月

■第699回浅草寺仏教文化講座
日時:2月24日(月) 13:00開場
場所:新宿明治安田生命ホール(新宿駅西口)
内容:第1講座(午後2時)

経済学の視点からみたお寺の将来像
慶應義塾大学商学部教授 中島隆信氏
第2講座(午後3時)
日本人の心のかたち
作家・福聚寺第三十五世住職 玄侑宗久

入場:無料
申込:不要
■JTフォーラム 〜ひとのときを、想う。〜
日時:2月20日(木) 13:00開場・13:30開演
場所:城山観光ホテル(鹿児島市新照院町41の1)
内容:講演(1)「明日を素敵に生きるには」安藤和津氏(エッセイスト)、

講演(2)「日本人の心のかたち」玄侑宗久(作家・僧侶/日本ペンクラブ会員)
講師サイン入り著書プレゼント

定員:350人(応募者多数の場合は抽選。招待券の発送をもって発表に代える)
応募:はがき、またはファクスに郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、職業、

電話番号を明記し、
〒890-8603(住所不要)南日本新聞社事業部「JTフォーラム」係
電話=099(813)5052 ファクス=099(813)5087 
Eメール jtforum@373news.comでの応募も可。2月6日必着。

■全国看護セミナー主催講演会「相補性から全体性へ」
日時:2月1日(土) 10:00〜12:30
場所:沖縄県看護研修センター(沖縄県島尻郡南風原町字新川272番地17)
受講料:8,000円(税込)
申込:全国看護セミナーコールセンター TEL:0436-55-1915
内容:医療者、看護職の方を対象としたセミナーでの講演会です。

1月

■玄侑宗久文化講演会 日本人の心のかたち
日時:2014年1月26日(日) 14:00〜15:30
場所:篠ノ井市民会館(長野市篠ノ井御幣川280)
定員:500名(申込先着順)
参加費:無料(聴講券が必要です。下記問い合わせ先をご覧ください)
申込:お申し込みはこちらをご覧ください。
■新春特別講演 玄侑宗久講演会 不二の法門〜「善は急げ」と「急がば廻れ」、どっちが正しい?〜
日時:2014年1月21日(火)14:30〜(約90分)
場所:浦和コルソ7階 コルソホール
会費:コルソクラブ会員様 1,000円 / 一般 1,500円

※チケット販売:コルソ2階サービスカウンター
※チケットのご予約は承っておりません。
※定員になり次第、チケットの販売は終了させて頂きますので、お早めにコルソ2階サービスカウンターへお立ち寄りくださいませ。
■玄侑宗久先生に学ぶビジネスマンの「瞑想」入門 〜 自身のボーダーを超える玄侑式瞑想法
日時:2014年1月14日(火) 19:00〜21:00
場所:東京都千代田区六番町1-7Ohmae@workビル ビジネス・ブレークスルー六番町オフィス B1 セミナールーム
定員:30名
参加費:6,000円
主催:株式会社ビジネス・ブレークスルー 健康ライフプロジェクト(KLP) 『ビジネスマン健康カレッジ』事務局
申込:お申し込みはこちらをご覧ください。

2013〜2014年の講演会

2013年10月〜2014年2月

■東北学院大学地域共生推進機構〈連続講座〉震災と文学
熊谷達也氏 2013年10月25日(金)「小説に何ができるか〜仙河海市の物語を通して〜」
和合亮一氏 2013年11月8日(金)「『詩の礫』から『廃炉詩篇』へ」(仮)
鎌田慧氏 2013年11月22日(金)「東北と原発の40年」
若松丈太郎氏 2013年12月6日(金)「3.11以前、福島の反原発詩歌」
玄侑宗久 2014年2月17日(月)「無常を生き抜く」

時間:いずれの日程も18:00〜19:30
場所:東北学院大学土樋キャンパス 5号館521教室
入場:無料
主催:東北学院大学地域共生推進機構
企画・コーディネート:有限会社荒蝦夷

*席に限りがございますので事前のお申し込みをお勧めいたします。申込者の氏名・住所・電話番号(お持ちの方はEメールアドレスも)・年齢をご明記の上、ハガキ、FAX、Eメールのいずれかにてお申込みください。5回連続でも1回ごとでもお申込みいただけます。
*ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。


【申込先】
東北学院大学地域共生推進機構
〒980-8511 仙台市青葉区土樋1-3-1
FAX022-264-6364
e-mail:kikou@staff.tohoku-gakuin.ac.jp

より詳しい内容はこちらをご覧ください。

2013年の講演会

12月

■第17回日本統合医療学会市民公開講座
演題:生への希望と統合医療〜福島に必要なこと
日時:12月21日(金)17:30〜18:30
場所:日本赤十字看護大学 東京都渋谷区広尾4-1-3
入場:無料
■地蔵のこころ、日本人のちから
演題:地蔵のこころ、日本人のちから
日時:12月11日(水) 18:30〜
場所:霊山中央公民館 福島県伊達市霊山町掛田字西裏17
問合:霊山中央公民館 電話024-586-1314

11月

■第62回 日本農村医学会学術総会公開講座
演題:地蔵のこころ、日本人のちから
日時:11月8日(金)15:10〜16:10
場所:ホテル福島グリーンパレス 瑞光の間
参加費:無料
申込:不要です。当日、会場にお越しください。
問合:白河厚生病院 総務課 nouson62@shirakawa-kosei.jp

10月

■現場主義の動物たちに学ぶ
日時:2013年10月10日(木)14:30 〜
場所:郡山ビューホテルアネックス
入場:無料
申込:はがきで申し込みください。詳細はこちら

9月

■広島市民文化大学2013年(第24期)9月講座 無常を生き抜く
日時:2013年9月28日(土)13:10 〜
場所:広島国際会議場 フェニックスホール 広島市中区中島町1-5 平和記念公園内
入場:会員制(入会制)
問合:広島市民文化大学 電話082-294-3103

7月

■日本人の心のかたち
日時:2013年7月21日(日)13:30開演
場所:正眼寺 岐阜県美濃加茂市伊深町872-2
後援:中日新聞本社
問合:正眼短期大学 電話0574-29-1372
■シンポジウム 明日へ紡ぎ繋ぐメッセージ
日時:2013年7月15日(月・祝)13:30開演
場所:徳島市文化センター 徳島市徳島町城内一番地
入場:無料(聴講券が必要です。申し込み方法はこちら。6月28日必着)
問合:徳島新聞社地域振興部 電話088-655-7331
■伝統と革新
講演後に細江茂光岐阜市長と小出宣昭・中日新聞社社長との鼎談があります。
日時:2013年7月6日(土)13:00開演
場所:岐阜グランドホテル 岐阜市長良648番地
主催:大興寺・中日新聞社共催
入場料:全席指定2,000円
前売券:中日ツアーズ岐阜支店 電話058-212-0388
同時開催:三春町物産展(予定していた石田智子作品展は都合により中止となりました。お詫びして訂正いたします

6月

■盛岡市医師会 看取りに関する講演会 有為の奥山けふ越えて
日時:2013年6月28日(金)18:00開場 19:00開演
場所:岩手県民会館 中ホール 岩手県盛岡市内丸13番1号
入場:無料(要整理券・申し込み方法はこちら(PDF)
問合:盛岡市医師会 電話019-625-5311
■同期する命
日時:2013年6月23日(日)14:00開演
場所:大興寺 岐阜県揖斐郡揖斐川町大光寺
後援:中日新聞本社
問合:大興寺 電話0585-22-2289
祈りの作法
日時:2013年6月20日(月)14:00〜15:30
場所:朝日会館15階・朝日ホール 名古屋市中区栄1−3−3
受講料:3,150円(会員) 3,465円(一般)
申込・問合:朝日カルチャーセンター名古屋教室 電話052-249-5553
日常に、なにげなく「祈る」という言葉を使っている。
しかし「祈り」とは、いったい何なのか? まじめに考えてみたい。
復興をめざす福島での祈りも含め、本来、祈りとはどのような作法によって行われるどのような行為なのか、皆さんと一緒に考えます。
■無生死の道(むしょうじのみち)〜みえ生と死を考える市民の会発足15周年記念講演会
日時:2013年6月19日(水)14:30開場 15:00開演
場所:三重総合文化センター 中ホール 三重県津市一身田上津部田1234
主催:みえ生と死を考える市民の会
入場料:前売り800円 当日1000円(会員・学生は前売り400円 当日500円)
前売券:ワニコ書店(三重大病院前)・すずかのぶどう(鈴鹿市白子サンズ)・縁(えにし)の家(伊勢市宮町駅前)にて販売中。また、みえ生と死を考える市民の会から申込書をダウンロードしてFAXでも申し込みできます。
問い合わせ:みえ生と死を考える市民の会 電話 0596-63-5226 FAX 0596-63-5236 メール homecare@amigo2.ne.jp
詳細:みえ生と死を考える市民の会HPにチラシPDFが掲載されています。

5月

■生きていく物語の力〜おはなしサークルおひさま10周年記念イベント
日時:2013年5月13日(月)17:30開場 18:00開演
場所:つがる市生涯学習交流センター「松の館」交流ホール 青森県つがる市木造若緑52
入場料:無料

4月

■うつくしま ふくしま 飯豊山さくら乃里 玄侑宗久講演会およびクラシックギターミニコンサート
日時:2013年4月23日(火) 12:30開場 13:00開演
場所:喜多方プラザ文化センター 小ホール
入場料:無料 要申込
申込方法:聴講をご希望の方は、市町村名・人数を下記「飯心クラブ」へお知らせ下さい。
電話:024-971-3312
Fax:024-971-3215
■仕合わせる力〜変化に応じていいとこ取る智慧〜
日時:2013年4月15日(月)19:00〜21:00
場所:イイノホール&カンファレンスセンター 東京都千代田区内幸町2丁目1−1
入場:3,000円
申込:こちらのフォームからお申し込みください。
主催:仕合わせるプロジェクト
問合:shiawaseru@gmail.com
チラシはこちら(PDFファイル)
■第2回福島復興講座 さぁ、今、つながる時「共に生きよう!フクシマ」
演題:揺らぐことのススメ
日時:2013年4月6日(土)
場所:桜の聖母短期大学 福島市花園町3-6
入場:無料(定員300人・整理券は桜の聖母生涯学習センター・電話024-535-2531へお問い合わせください)

3月

日本的生活
日時:2013年3月27日(水) 14:00〜15:30 (開場13:30)
場所:三井ガーデンホテル千葉3階「飛鳥の間」 千葉市中央区中央1-11-1
受講:会員2,730円/一般3,255円
問合:朝日カルチャーセンター千葉 電話043-227-0131

この島国は、海に囲まれた湿気の多い環境にあって、独自の生活や文化を築いてきた。しかし今、その独自性が大切にされていないのではないか。グローバルスタンダードの嵐を乗り切り、何に生き残ってほしいのか、何が生き残るべきなのか、あらためて考えてみたい。
■日本的生活
日時:2013年3月7日(木)14:00〜16:00 (開場13:30)
場所:ホテルニューオータニ大阪「鳳凰の間」 大阪市中央区城見1-4-1
入場:3,000円(この催しの収益金は全て社会奉仕活動に寄付します)
問合:大阪Tゾンタクラブ 電話06-6671-3294
チラシはこちら(PDFファイル)

2月

■スイト学びフォーラム 玄侑宗久文化講演会「日本人の力」
日時:2013年2月17日(日)18:30〜 (開場18:00)
場所:スイトピアセンター 文化ホール 岐阜県大垣市室本町5丁目51番地
入場:2,000円
※スイトピア友の会会員は2割引、未就学児は入場できません
※大垣市文化事業団(文化会館2階)、スイトピアセンター事務室(文化会館1階)、市民会館、市役所売店、チケットぴあ(Pコード622-962)で販売
問合:大垣市文化事業団 TEL 0584-82-2310
■第25回 文化フォーラム「人生後半の生き方を考える」
演題:人生の昼下がり
日時:2013年2月16日(土)13:00〜16:00 (開場12:00予定)
場所:日比谷公会堂 東京都千代田区日比谷公園1-3
申込:1月31日までに往復はがきにてお申し込みください。詳細はこちら。

1月

シリーズ 東北から考える 第1回「福島に生きる、日本に生きる」
日時:2013年1月24日(木) 15:30〜17:00
場所:NHK文化センター青山教室 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館4F
受講:会員3,150円/一般3,780円
日本的生活
日時:2013年1月12日(土) 14:00〜15:30
場所:池袋コミュニティ・カレッジ
受講:会員2,625円/一般2,625円+525円
備考:申込番号順に入室となります。終了後、著書販売とサイン会があります。

kako

2012年開催講演会リストb
2010-11年開催講演会リストb
2009年開催講演会リストb
2008年開催講演会リストb
2007年開催講演会リストb
2006年開催講演会リストb
2005年開催講演会リストb
2005年開催講演会報告b
2004年開催講演会報告b
2003年開催講演会報告b
2001年-2002年開催講演会報告b

主催者の意向により公開できる講演会のみ掲載しています。
前に戻るup