bお知らせ
bプロフィール
b新刊案内
b出版一覧
bインタビュー
b対 談
b雪月花
bエッセイ
b書 評
bその他
bAudio&Visual
b講演会
b読者の声


購買部 ご利用案内 お問い合せ

2012年の講演会

12月

奈良トヨタグループ創立70周年記念フォーラム レクサス奈良八条スペシャル〜祈りと再生のための道標〜
日時:2012年12月23日(日) 13:00〜
演題:無常という力
対談:興福寺貫首 多川俊映師
場所:奈良県新公会堂 レセプションホール 奈良市春日野町101
入場:無料(要申込・抽選)
申込:詳しくはこちらをご覧下さい。
子育て中のお母さんお父さんのための連続講演 子どもと生きる
テーマ:子どものそばの あなたのまなざし
講師:玄侑宗久
日時:2012年12月9日(日) 14:00〜16:00
場所:高槻市生涯学習センター2F多目的ホール 大阪府高槻市桃園町2−1
入場:無料
申込:renzokukouen@imamura-gakuen.ed.jp宛に空メールを送信ください。
託児:あり(1週間前までに申し込みが必要です・定員50名)
問合:連続講演事務局(今村学園高槻幼稚園内) 電話072-685-0247

今後身につけるであろう社会性の観点からは、子どもは私たち大人の後継者である。
しかし命そのものの活発さや自在さにおいては、むしろ子どもたちのほうが先達ではないか。
人間の一生の変化を見据えながら、幼年期の意味を探ってみたい。

11月

特別企画展 宮沢賢治と玄侑宗久〜慈悲の心とその風景 講演会
日時:2012年11月13日(火) 13時30分〜15時
場所:ミューカルがくと館 郡山市開成一丁目1番1号
入場:無料
備考:入場は整理券が必要です。11月1日(木)から市政情報センター・市民文化センター・ミューカルがくと館・こおりやま文学の森資料館で配布します。
日本人の心のかたち
日時:2012年11月1日(木) 開場12時30分・開演13時00分〜
場所:エル・パーク仙台ギャラリーホール(仙台三越定禅寺通館6階・旧141ビル)
入場:会員・一般で受講料が変わります。
備考:要申込

10月

■鈴木大拙館開館1周年 金沢・現代会議−現代に生きる・現代を生きる−
日時:2012年10月18日(木) 開場12:00 開演12:30
場所:金沢歌劇座 石川県金沢市下本多町6番丁27番地 TEL076-220-2501
費用:無料
詳細:事前の申し込みが必要です。詳しくはこちらをご覧下さい。
■花園大学学長講座 禅とこころ
日時:2012年10月15日(月) 10:40〜12:10
詳細:詳しくは花園大学学長講座のページをご覧下さい。(PDF)
場所:花園大学教堂 京都市中京区西ノ京壺ノ内町8-1
費用:無料
問合:花園大学教務課 TEL075-823-0583
■新潟仏教会主催講演会 第8回 市民のための仏教講座 演題 「死して生まれよ」
日時:2012年10月9日(火)開場18:00 開演18:30
詳細:詳しくは新潟佛教会のページをご覧下さい。
場所: 新潟県民会館大ホール(全席自由)新潟市中央区一番堀通町3-13 TEL025-228-4481
費用:前売り1,000円(当日1,200円)
申込:新潟佛教会の各寺院・新潟県民会館チケットセンター・協賛各社の店頭(ポスターを掲示)

9月

■仙人講座 演題「不測に立ちて無有に遊ぶ」
日時:2012年9月27日(木)13:30〜15:00
詳細:詳しくは遊学館のページをご覧下さい。
場所:山形市遊学館 山形市緑町1丁目2番36号
■第20回 脳の世紀シンポジウム 特別講演「からだの言い分」
日時:2012年9月12日(水) 開場 9:45 特別講演11:00〜12:00
場所:有楽町朝日ホール 東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F
費用:入場無料
申込:要事前申込
■チャリティー講演会「いま、私たちにできること」〜被災地・福島の子どもたちに〜
日時:2012年9月11日(火) 18:30〜20:30
場所:高崎市文化会館(高崎市末広町23番地1)
費用:500円 高崎市と「たまきはる福島基金」に一部が寄付されます。
問合:高野山真言宗・高崎倶楽部 TEL080-3159-9005

8月

■第11回 増長寺主催講演会 演題「東北の底力」
日時:2012年8月29日(水)開場18:00 開演18:30
場所: 岩手県奥州市文化会館Zホール(中ホール)奥州市水沢区佐倉河石橋41 TEL0197-22-6622
費用:500円 (高校生以下無料)入場料は恵まれない子供たちのために全額寄付させていただきます。
申込:増長寺 奥州市水沢区寺小路26 TEL0197-25-8815
定員:500名 定員になり次第締め切ります。
■第43回日本看護学会 特別講演「震災から学ぶ看護の心」
日時:2012年8月23日(木)14:00〜15:00
場所:静岡県コンベンションセンターGRANSHIP 中ホール

7月

■ふくしまマスターズ大学
日時:2012年7月22日(日)14時〜15時半
場所:福島市公会堂
入場:参加無料ですが、会員以外の方は入場整理券が必要です。
問合:福島中央学習センター(TEL: 024-534-6631)まで。

5月

■南山大学講演会
日時:2012年5月30日
2012年度 大谷学会 春季公開講演会 「タテとヨコの文化論 −震災からの復興を巡って−」
日時:2012年5月24日(木)13:00〜16:10
場所:大谷大学講堂

4月

■東日本大震災追悼の集い−被災地に届け、私たちの思い
日時:2012年4月11日16:30〜18:30
場所:上智大学四谷キャンパス
第16回「菜の花忌」記念シンポジウム
宛 先 〒577-0803 東大阪市下小阪3丁目11ー18
司馬遼太郎記念財団「菜の花忌」係
※申し込みハガキは、1月20日当日の消印有効です。
問い合わせ 司馬遼太郎記念財団事務局(TEL:06-6726-3857)まで。
《日 時》 2012年2月18日(土) 13:30〜16:30
《会 場》 東京・日比谷公会堂(東京都千代田区)
《プログラム》 (第一部) 司馬遼太郎賞贈賞式  フェローシップ贈賞式
(第二部) シンポジウム 「3.11後の『この国のかたち』」
パネリスト 
佐野眞一氏(ノンフィクション作家)
高橋克彦氏(作家)
赤坂憲雄氏(学習院大学教授)
玄侑宗久氏(作家)
司 会  古屋和雄 NHKアナウンサー

司馬遼太郎氏のご命日を期した集いが「菜の花忌」に出席いたします。
参加希望者は、2012年1月20日(金)までに、以下の宛先に往復はがきにて申し込んでください。
往復はがき(1名で1枚)に、住所、氏名、電話番号をお書きのうえ、上記の住所宛、送っていただく必要があります。応募者が多数の場合は抽選です。


1月30日(月

講座名

公開講座 玄侑宗久講演会「無常という力」
時 間 14:00〜15:30(開場1:30)
受講料 会員2,730円 一般3,255円
会 場 三井ガーデンホテル千葉3階「平安南の間」
お申し込み 朝日カルチャーセンター千葉 TEL:043-227-013
http://www.acc-c.com/
詳 細 諸行無常は仏教の三法印の筆頭。つまりインドにも中国にも存在した考え方である。しかしこの世界観は日本において生き方や美学にまでなっていく。「あはれ」「なつかし」「面影」なども、日本独自の感受性である。こうした感受性を生んだ火山国としてのこの国の環境にも触れながら、日本人ならではの生き方考え方を探ってみたい
フライヤー フライヤー80K

1月14日(土

講座名

NHK文化センター神戸教室 特別講座
玄侑宗久講演会 「無常を生きる」
時 間 11:00〜12:30
受講料 (会員) 3,150円   (一般)3,465円
*会員以外の方も一般料金で受講いただけます。
お申し込み TEL(078)360−6198
〒650-0044神戸市中央区東川崎町1−2−2 HDCビル6階
(JR神戸駅前)
http://www.nhk-cul.co.jp/school/kobe/
詳 細 福聚寺第35世住職。芥川賞作家で、福島県三春町在住の講師は3月11日の未曾有の大震災に遭遇されました。現在東日本大震災の復興構想会議委員でもある玄侑宗久氏の特別講演会です。

【講師からのメッセージ】
諸行無常は自然の摂理。誰もが理屈としては諒解しているはずである。
ところが我々の脳は、常に現実を変わらないもの、あるいは想定内のものと認識しようとする。
ここでは、そうした脳の傾向を打破する古典的な手法について考えてみたい。
フライヤー フライヤー196K

前に戻るup