07

12月22日(月)●演題「日本人のしあわせ」

講座名

年末恒例の増長寺主催講演会
場 所 奥州市文化会館 Zホール
時 間 15:30〜17:00

11月13日(木)●演題「観自在という方便力」

講座名

講演の夕べ PART22
内 容 清林寺さんがの会主催 328Kpdf
{第一部}珍しい楽器も含めた雅楽の演奏4曲
{第二部}玄侑宗久 講演「観自在という方便力」
場 所 有楽町よみうりホール
時 間 開場:午後5時 開演:午後6時

11月12日(水)●演題「日本人のしあわせ観」

講座名

社会保険労務士制度発足40周年記念事業 記念講演会
内 容 福島社会保険労務士会主催の講演会。
場 所 福島テルサ FTホール
時 間 午後3時30分から5時

9月26日(金)●演題「平常心(びょうじょうしん)〜この世も、あの世も」

講座名

人間のこころ、人生観をテーマにした「こころの講演会」
テーマ「長良川・鵜飼・こころ・・・」
内 容 岐阜県、岐阜新聞社主催。関連エッセイ「禅と直観、そして鵜飼い」本文→
古田肇岐阜県知事との対談、その後に講演。
場 所 岐阜県岐阜市湊町「十八楼」
時 間 12:30〜

8月24日(日)●演題「仕合わせ咲きわう日本仏教」

講座名

今年の通しテーマは「宗教と日本人の心」
内 容 財団法人山形市文化振興事業団主催による講演会
場 所 山形市の山寺芭蕉記念館
時 間 14:00〜16:00

8月4日(月)●演題「念彼観音力(ねんぴーかんのんりき)

講座名

京都清水寺の暁天講座
内 容 早朝のさわやかなお堂で、お坊さんの法話や著名人のお話が聞ける夏の恒例行事。
場 所 清水寺大講堂圓通殿
時 間 6:00〜7:00

7月12日(土)●演題「胡蝶の夢」

講座名

(社)出版梓会創立六十周年記念講演会
内 容 第15回 東京国際ブックフェア(TIBF2008)に伴うイヴェントです。1.9Mbpdf
場 所 東京ビッグサイト会議棟
時 間 13:00〜14:30

7月9日(水)●演題「観音力」

講座名

第20回「国際美術工芸協会展」講演会
内 容 海外からの留学生の為の「チャリティ」講演会
場 所 ホテル・オークラ神戸
時 間 13:00〜15:15

7月4日(金)●演題「神と仏のやほよろづ」

講座名

第499回研究会
内 容 花園神社の神道時事問題研究会による講演会
場 所 明治記念館
時 間 18:30〜

6月27日(金)●演題「信じるカラダ」

講座名

財団法人太田綜合病院主催 公開医学講演会
内 容 316Kpdf
場 所 郡山市ホテル・ハマツ 3Fコンベンションホール
時 間 18:30〜20:00

6月13日(金)●演題「出来心を生きる」

講座名

朝日カルチャーセンター名古屋「公開特別講座」
内 容 92Kpdf
場 所 朝日ホール
時 間 14:00〜15:30

6月1日(日)

講座名

「こころの時代」講演会
内 容 NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便のつどい」での講演会。
福島放送局にて、公開録音を実施。
場 所 二本松市民会館
時 間 13:00〜16:30
放送予定 6月27日(金)【NHKラジオ第1放送】午後11時20分〜翌日午前5時
6月28日(土)【NHK−FM】午前1時〜5時

5月20日(火)●演題「いのちの響き−般若心経のこころ−」

講座名

NPO法人ザ・シチズンズ・カレッジ 第99期講座「玄侑宗久氏講演会」
内 容 政治、経済、科学、哲学、芸術、健康など、様々な分野の「達人」たちが、 聴衆の前に立ち、それぞれの思想や生きざまを語ります。
場 所 大手町KDDIホール
時 間 18:45〜

5月9日(金)●演題「無相の相、無念の念」

講座名

朝日カルチャーセンター 新宿教室 「公開講座」
内 容 36Kpdf
場 所 新宿住友ビル7階 朝日カルチャーセンター 案内図 108Kpdf
時 間 13:00〜14:30

3月24日(月)●演題「日本仏教とやほよろず」

講座名

郡山仏教会創立40周年記念講演会
内 容 郡山市仏教会主催
場 所 郡山市民文化センター 大ホール
時 間 14:30〜16:00

5月1日(木)●演題「白隠さんの観音力」

講座名

フォーラム白隠in松島
内 容 講演パネル・ディスカッション
場 所 瑞巖寺大書院
時 間 14:00〜17:00

1月19日(土)●演題「自然を生きる」

講座名

2008年 冬季「池袋コミュニティカレッジ」玄侑宗久講演会
内 容 不自然な自然と、どう付き合うか。それは、生きることそのものの探求でもある。
講座終了後、希望者の方に限り、午後4時30分より、著書販売とサイン会を実施
場 所 池袋コミュニティカレッジ
時 間 15:00〜16:30

yoritsuki oshrase profile yotei shinkan ichiran intervew taidan yukisetsu essey 前に戻る
syohyo sonota audio kobai voice kobai annai contact b2
copy