bお知らせ
bプロフィール
b新刊案内
b出版一覧
bインタビュー
b対 談
b雪月花
bエッセイ
b書 評
bその他
bAudio&Visual
b講演会
b読者の声


購買部 ご利用案内 お問い合せ

2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年以前

【更新日:2018年12月28日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:1月4日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:己亥(つちのとい)
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年12月27日(木)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:12月28日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:頭のお休み
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年12月19日(水)】

おしらせ

暁斎連続講演会 Part 1
暁斎の仏画 -特に追悼絵に見る癒しについて

日時:2019年1月14日(月・祝)14時~
会場:東京国立近代美術館 講堂 東京メトロ東西線「竹橋駅」(1b出口)下車 徒歩3分
参加費:1,000円(申し込み方法は下記参照)
定員:150名
主催:公益財団法人河鍋暁斎記念美術館
内容(案内チラシより):
暁斎は、浮世絵師の歌川国芳に学んだ後、駿河台狩野家で修業し「洞郁陳之」の画号をいただいており、本格的な仏画も数多く描いています。今回は、暁斎が描いた仏画を取り上げ、特にその中でも追悼絵である「地獄極楽めぐり図」に込められた想いを芥川賞作家であり臨済宗の僧侶である玄侑宗久先生の眼で読み解いていただきます。

構成(敬称略):
第一部 暁斎の仏画紹介
解説:河鍋楠美(公益財団法人河鍋暁斎記念美術館 理事長・館長)
第二部 暁斎が描いた追悼絵
紹介:曽田めぐみ(東京国立博物館 アソシエイトフェロー) 
講師:玄侑宗久(作家・福聚寺住職)
第三部 鼎談

申込方法:
①河鍋暁斎記念美術館へ電話・メール(下記)へお申し込みいただく
電話:048-441-9780
メールアドレス:kkkb@kyosai-museum.jp
公益財団法人河鍋暁斎記念美術館(埼玉県蕨市南町4丁目36‐4)
②「チケットぴあ」のサイトでお求めいただく
>>暁斎連続講演会 Part 1 暁斎の仏画 -特に追悼絵に見る癒しについて(PDF)

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:12月21日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:八方美人
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年12月12日(水)】

エッセイ

「精神療法」掲載のエッセイ「『両行』とこころのレジリエンス」をPDFでもご覧いただけます。

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:12月14日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:無理難題
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年12月10日(月)】

おしらせ

明日はきっと、いい日になる。
発売日:2019年1月5日(予定)
出版社:PHP研究所
ページ数:160頁
定価:本体680円+税
ISBN:9784569842011

内容(出版社サイトより):
がんばっているのに、うまくいかない。
つらいことや嫌なことがあると、頭から離れない。
自分の選択はこれでよかったのかと迷う。
自分にとっての幸せが、よくわからない……。
人生いいことばかりではないから、心がふさいでしまうこと、ありますよね。
ただ、同じような境遇にあっても、心穏やかに暮らしている人はいます。そのヒントは、「物の考え方」や、「心の持ち方」にありそうです。
つらいことも、いやなことも、まったくなくなることはないけれど、それでも前を向いて歩いていく。そんな力を与えてくれるアドバイスを、さまざまな人生経験を積んだみなさんから教えていただきました。
まずは、自分の人生を受け入れる――坂東眞理子
悩むのも能力のうち。不安と同居しながら生きていく――養老孟司
弱い自分を受け入れると、心が整理されていくーー小池龍之介 ほか。
*月刊誌『PHP』および『PHP』増刊号の好評記事を再編集。

玄侑が「想定外のことは起こりうる。それが人生」というタイトルで登場しています。
この本はコンビニエンスストアでの発売となるほか、Amazonなどでもお買い上げいただけます。
>>明日はきっと、いい日になる。(Amazon)

【更新日:2018年12月6日(木)】

エッセイ

「精神療法」掲載のエッセイ「『両行』とこころのレジリエンス」を転載しました。

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:12月7日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:パレートの法則
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年12月4日(火)】

講演会

講演会一覧を見る

玄侑宗久講演会 やがて死ぬけしき
演題:やがて死ぬけしき
日時:2019年3月27日(水) 14:00開演
場所:三井ガーデンホテル千葉3階 飛鳥の間(千葉県千葉市中央区中央1丁目11-1)
入場料:会員 3,240円/一般 3,564円

内容:このタイトル、もともと芭蕉の詠んだ句の前半で、全体としては「やがて死ぬけしきは見えず蝉の声」と続く。死ぬ直前まで死ぬ気配さえ感じさせない蝉の生き方が立派だというのである。死後のことまであれこれ事前に決めようとする現代人には考えられないことだが、未来を想定しないマインドフルな豊かさと強さを考えてみたい。また死をめぐる現代の状況についても多角的に眺めてみよう。
>>玄侑宗久講演会 やがて死ぬけしき

【更新日:2018年11月30日(金)】

おしらせ

「精神療法」にエッセイを執筆しました
金剛出版の「精神療法 vol.44 No.6 特集 「現代のヒト~からだ~こころ」を考える―エキスパートの極上・人間論を満喫しよう!」にエッセイ「『両行』とこころのレジリエンス」が掲載されています。

「精神療法」は全国の書店,生協でお求めになれます。また、定期購読もできます。
●本誌隔月刊(偶数月5日発売)、増刊号年一回(5月刊行)
●年間購読料15,984円(税込) [本誌2,160円×6冊+増刊号3,024円]
>>精神療法 第44巻第6号

【更新日:2018年11月29日(木)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:11月30日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:卵の不思議
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年11月26日(月)】

おしらせ

11月25日の日本経済新聞日曜文化面「随想」掲載のエッセイ「ネットとキノコ」を転載しました。
>>ネットとキノコ

【更新日:2018年11月22日(木)】

おしらせ

11月27日の読売新聞朝刊「平成」についてのアンケート結果にまつわるインタビュー記事に登場します。
>>読売新聞

【更新日:2018年11月21日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:11月23日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:風のうわさ
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年11月20日(火)】

おしらせ

11月25日の日本経済新聞日曜文化面「随想」にエッセイ「ネットとキノコ」が掲載されます。
>>日本経済新聞

【更新日:2018年11月15日(木)】

おしらせ

堀江重郎 対談集 いのち――人はいかに生きるか
著者:堀江重郎
発売日:2018年11月30日(予定)
出版社:かまくら春秋社
版型:A5判上製
ページ数:284頁
定価:本体2,500円+税
ISBN:9784774007588

内容(出版社サイトより):
政治、哲学、文学、医療、芸能、スポーツ…
医療現場の最前線で診療に当たる泌尿器科の異才・堀江重郎が、さまざまな分野の賢人たちと「いのち」について語り合う!

対談者(登場順)
山折 哲雄(宗教哲学者・評論家)
金澤 泰子(書家)
三木  卓(作家・詩人・翻訳家)
やなせ たかし(漫画家・作家)
太田 治子(作家)
金田 正一(元プロ野球選手・監督)
林家 木久扇(落語家・漫画家)
谷垣 禎一(政治家)
柳澤 伯夫(元厚生労働大臣)
棚橋 善克(泌尿器科医)
武藤 真祐(医師)
森  和俊(京都大学大学院理学研究科教授)
前田 万葉(カトリック大司教・枢機卿)
玄侑 宗久(作家・福聚寺住職)
伊藤 玄二郎(担当編集者・星槎大学教授)

<著者紹介>
堀江 重郎(ほりえ・しげお)
1960(昭和 35)年、東京生まれ。泌尿器科医。日米の医師免許を取得し、分子生物学、腎臓学、腫瘍学、内分泌学について研鑽を積む。日本で初めてメンズヘルスクリニック、および大学病院の医師による在宅医療を開設。現在順天堂大学大学院医学研究科泌尿器外科学主任教授。日本抗加齢医学会理事長。著書に『男性の病気の手術と治療』(かまくら春秋社刊)。

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:11月16日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:金銭感覚
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年11月8日(木)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:11月9日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:地面師
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年11月1日(木)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:11月2日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:最後の砦
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年10月25日(木)】

エッセイ

うゐの奥山「第76回 壁と三和土の魅力」を掲載しました。

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:10月26日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:ほぼほぼやばいなう
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年10月22日(月)】

講演会

金沢・現代会議 -現代に生きる・現代を生きる-
鈴木大拙が生まれ 鈴木大拙館が建つ ここ金沢で
現代に生きる人の生き方を 多様な分野の識者が 大拙のまなざしのもとで語り合います。

日:2018年12月6日(木)
時:18:00開場 18:30開演 21:00閉会予定
会場:金沢市文化ホール(金沢市高岡町15番1号)
入場:無料(事前申込みが必要です)
内容:講演(講演順)

玄侑宗久「禅における不易と流行」
福岡伸一氏(生物学者・青山学院大学教授)「生命を捉えなおす-動的平衡の視点から-」
対談
福岡伸一氏、玄侑宗久

申込:10月30日より受付開始 定員に達し次第締切

FAX・メール・はがきのいずれかの方法で、1人1通まで申込みできます。重複申込み、期日前の申込みは無効となります。
参加希望の方の住所、氏名、電話番号、FAXの方はFAX番号をご記入の上、お申込みください。一度の申込みで2人まで記載できます。
FAX:076-220-2069
メール:gendai@city.kanazawa.ishikawa.jp
はがき:〒920-8577 金沢市広坂1-1-1 金沢市文化政策課「金沢・現代会議」係

問合:金沢市文化政策課 電話076-220-2442

【更新日:2018年10月18日(木)】

新刊

からだ、こころ、いのち 動作法と禅からの見方
著者:成瀬悟策、玄侑宗久、河野文光
発売日:2018年11月9日
版型:四六判並製
ページ数:208頁
定価:本体2,400円+税
ISBN:978-4-7724-1661-0
Cコード:C3011

内容:催眠療法、自律訓練法の探求を経て動作法を確立し、わが国の臨床心理学を主導し続けている斯界の第一人者と、芥川賞作家にして禅の修行者である僧侶が、「からだ」と「こころ」について語り、「いのち」の意味を探る。また、対談に加えて著者らによる論考も収め、対談をより深く味わうための手がかりとした。
「からだ」に働きかけることで「こころ」を解き放つ動作法と、「からだ」に「こころ」を取り戻すことによって「安心」を得んとする禅との邂逅が、読者に新たな視点と気づきをもたらしてくれるに違いない。

【更新日:2018年10月17日(水)】

エッセイ

日曜論壇第79回「まだ高い薬価と「偽増悪」」を掲載しました。

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:10月19日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:三和土(たたき)
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年10月10日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:10月12日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:強靭化の正体
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年10月9日(火)】

おしらせ

月刊PHP11月号の「心に残る、父のこと母のこと」にエッセイ「早いもの勝ち」が掲載されています。
>>月刊PHP

【更新日:2018年10月4日(水)】

講演会

浄土真宗本願寺派瑞光山淨土院稱讃寺 秋の永代経法要講演会
日:2018年10月9日(火)
時:11時より養老孟司氏講演「遺言」

14時より玄侑宗久講演「自然を生きる」

会場:稱讃寺(香川県高松市香川町大野1325-2)
入場:無料
問合:稱讃寺 TEL:087-885-2012

住職瑞田信弘師携帯:090-2822-5012
mail: s-tamada@shirt.ocn.ne.jp

>>秋の永代経法要講演会

第12回 心と命のフォーラム
弘法大師空海さんの生誕地とされる善通寺にて、第12回「心と命のフォーラム」が開催されます。
日:2018年10月10日(水)
時:13時~15時過ぎ
会場:総本山善通寺(香川県善通寺市善通寺町3-3-1・JR善通寺駅より徒歩20分)
テーマ:生きる作法 死ぬ作法~ないがままで生きる~
出演:養老孟司氏(解剖学者・作家・東大名誉教授)

菅 智潤師(総本山善通寺管長・法主)
瑞田信弘師(浄土真宗本願寺派稱讃寺住職)
玄侑宗久(福島県臨済宗福聚寺住職・作家)

定員:全500席(内、椅子席250席)
入場:無料
駐車料金:普通車200円
問合:稱讃寺 TEL:087-885-2012

住職瑞田信弘師携帯:090-2822-5012
mail: s-tamada@shirt.ocn.ne.jp

予約は不要です。整理券は発行しません。聴講希望者は直接会場にお越しください。
>>心と命のフォーラム

※9日と10日は会場が異なります。

全てについての問合せは稱讃寺または稱讃寺住職瑞田師までお願いいたします。
なお9日の稱讃寺仏教講演会では、簡単な昼食(おうどん、お抹茶等)の接待があるそうです。
「聴講無料」なだけでもありがたいのに、なんということでしょう?!

玄侑宗久

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:10月5日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:名前とまなざし
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年10月1日(月)】

おしらせ

YOMIURI ONLINEの「本よみうり堂」にて「禅とジブリ」が紹介されています。
>>『禅とジブリ』 鈴木敏夫著(本よみうり堂)

【更新日:2018年9月28日(金)】

おしらせ

「こころの好縁会」延期のお知らせ
台風24号の影響を懸念し、9月30日岐阜で予定されていた「こころの好縁会」が延期になりました。来年1月26日(土)。会場と時間は変更ありません。
申し込まれた方全員にお電話は差し上げておりますが、近くお便りも届くと思います。延期された「こころの好縁会」にご参加可能な方はチケットをお手元に留め置きください。キャンセルされる方にはご返金いたします。ご迷惑をおかけし、本当に申し訳ありません。台風24号共々お詫びしたいところですが、24号に謝る気はないようです。この、24号め!

玄侑宗久

おしらせ

「竹林精舎」電子書籍配信開始
「竹林精舎」の電子書籍配信が始まりました。
>>Amazon商品ページを見る

【更新日:2018年9月26日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:9月28日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:陰翳礼讃
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年9月25日(火)】

おしらせ

河北新報「東北の本棚」欄にて「アミターバ」紹介
>><東北の本棚>死を受け入れる姿描く~アミターバ無量光明

おしらせ

honto.jpで「アミターバ」が購入できるようになりました
サイトのネット通販または下記サイトで「在庫×取寄せ対応」と表示のある丸善、ジュンク堂のお店に「取り寄せ注文」できます。
>>【オンデマンドブック】アミターバ 無量光明の店舗お取扱い状況

おしらせ

書評でつながる読書コミュニティ 本が好き!に「アミターバ 無量光明」の書評ページができました
「アミターバ 無量光明」のほかにも玄侑の著書の書評が投稿されています。
>>アミターバ 無量光明

【更新日:2018年9月19日(水)】

エッセイ

うゐの奥山「第75回 『陰翳』の功徳」を掲載しました。

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:9月21日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:危うい三権分立
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年9月18日(火)】

おしらせ

「誇りある日本人のための志誌 Japanist」の「死ぬまでに読むべき300冊」にて『竹林精舎』が紹介されました。
>>揺れ動く純な若者の心と厄介な社会 竹林精舎

インタビュー

日刊ゲンダイDIGITAL 喜怒哀楽のサラリーマン時代
第5回(最終回)が掲載されました。
>> <5>「宗教か小説家どっちを取るかで悩み…」
>> <4>初任給17万円だったがピンハネされていた
>> <3>執筆時間が欲しくてゴミ焼却場に就職
>> <2>コピーライターとして商品の宣伝文句を
>> <1>学生の身分を隠してナイトクラブで働いた

【更新日:2018年9月12日(水)】

おしらせ

映画「ガンジスに還る」にコメントを寄せています
また会う日まで-
インドの聖地「バラナシ」を舞台に、死期を悟った父と、それを見守る家族の旅路。
>>「ガンジスに還る」公式サイト(ページを開くと予告編と音声が流れます)

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:9月14日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:ルイワン
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年9月5日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:9月7日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:恥ずかしい国
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年9月3日(月)】

書籍

憲法についていま私が考えること
発売年月:2018年9月21日
ISBN:9784044003975
出版社:KADOKAWA/日本ペンクラブ・編
判型:四六判
ページ数:320ページ
定価:1,836円(本体1,700円)
内容(出版社サイトより):
いまこそ、憲法と平和について話そう。
特定秘密保護法の強行採決以来、安保関連法、共謀罪の強行採決……加速する改憲問題の行く末は―? 44名の作家が考える、この国のこと、私たちの未来のこと。
>>憲法についていま私が考えること

インタビュー

日刊ゲンダイDIGITAL 喜怒哀楽のサラリーマン時代に登場します
9月10日から14日まで、日刊ゲンダイDIGITALの「喜怒哀楽のサラリーマン時代」に出家前のサラリーマン経験についてのインタビューが掲載されます。
>>喜怒哀楽のサラリーマン時代

【更新日:2018年8月30日(木)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:8月31日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:カジノの過ごし方
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年8月22日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:8月24日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:心の生産性
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年8月21日(火)】

講演会

講演会一覧を見る

こころの好縁会
日時:9月30日(日) 12:00開場 13:00開演 16:45終了予定
場所:岐阜グランドホテルロイヤルシアター

(岐阜市長良川648番地)
JR岐阜駅と岐阜グランドホテル間で専用シャトルバスを運行します。

入場料:3,500円
内容:姜尚中氏 演題「維新の影-選良たちの系譜-」

玄侑宗久 演題「陰翳礼讃」
講演会とあわせて中日新聞社・小出宣昭主筆を交えての鼎談を行ないます。
また、講座の前後で書籍販売とサイン会、三春町物産展(東日本大震災支援)を開催いたします。

申込:こころの好縁会事務局(大興寺 090-7915-8204 8:00~20:00)

【更新日:2018年8月20日(月)】

エッセイ

うゐの奥山「第74回 池さらい」を掲載しました。

書籍

学校に行きたくない君へ
発売年月:2018年8月
ISBN:9784591159668
出版社:ポプラ社/全国不登校新聞社・編
判型:四六判
ページ数:255ページ
定価:1,512円(本体1,400円)
内容(出版社サイトより):
世のため、人のためは考えず、ただ「私」が救われるために、話を聞きたい人に取材をする。
企画から取材まで、不登校の当事者・経験者が、人生の大先輩たちに体当たりでぶつかり引き出した本音のメッセージ。
社会に出たくない人も、いま人生に迷っている人も、中高生からシニア層まで幅広い世代に突き刺さる言葉がつまった一冊です。

玄侑が「私たちはもっと揺らいでいい」を寄稿しています。

>>学校に行きたくない君へ(ポプラ社)
>>学校がつらい君へ 「頑張って家を出るな」著名人の言葉(朝日新聞掲載の記事)

インタビュー

毎日新聞「論点」のコーナーにインタビュー「『効率化社会』のあり方」が掲載されています。
>>「効率化社会」のあり方

【更新日:2018年8月14日(火)】

エッセイ

日曜論壇第78回「無茶」を掲載しました。

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:8月17日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:お盆明け
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年8月9日(木)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:8月10日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:自然の非常識その②
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年8月3日(金)】

おしらせ

介護関係者を対象としたスキルアップマガジン「ケアマネジャー」新刊案内のページにて「アミターバ」が紹介されました。
難治のがんを患った女性が、家族や医療者に見守られながら「死」という出来事を体験するプロセスを一人称で描いた2003年刊行の小説。品切れになって久しいが、加筆修正とあとがきを加え、オンデマンド印刷で復刊。ネット書店で購入できる。著者 は現役僧侶の芥川賞作家。
>>ケアマネジャー 中央法規出版

【更新日:2018年8月1日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:8月3日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:自然の非常識その①
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年7月30日(月)】

講演会

講演会一覧を見る

自然を生きる
日時:9月10日(月) 14:00開演
場所:崎陽軒本店6階会議室(横浜市西区高島2-13-12 JR横浜駅東口徒歩1分 横浜中央郵便局向かい)
受講料:会員 3,240円/一般 3,888円
主催:朝日カルチャーセンター横浜

ご推察のとおり、ここで「自然」には二つの意味がある。一つは外部環境としての自然、もう一つは自己の内なる自然である。いずれにしてもそれは「絶え間ない流れ、あるいは循環変化」であろう。仏教や神道にとって、自然は大きなテーマだった。それは日本人にとって、と言い換えてもいいだろう。浄土教は「自然法爾」を掲げて帰依し、禅は龍に象徴させて味方につけようとした。禅が自然に挑んだ背景には、内部の自然としての「性(もちまえ)」が拡張できるという考え方がある。現代社会で「自然を生きる」とはどういうことなのか、何が自然なのか、不自然はいけないのか、ご一緒に考えてみたい。(講師・記)

会場まで:横浜駅東口より徒歩1分。横浜駅東口 郵便局側の出口よりお越しください。郵便局の向かいです。正面玄関右手にお進みいただき2つ目の入口より、テナント用エレベーターをご利用ください。6階まで直通でお越しいただけます。

>>朝日カルチャーセンター横浜 自然を生きる

【更新日:2018年7月26日(木)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:7月27日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:桃瓦
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年7月23日(月)】

おしらせ

毎日新聞のサイト「ゆっくりお茶を」のコーナーにコメントを寄せています。
>>毎日新聞 ゆっくりお茶を:夏休みがやってきた 道徳、どうだった?

【更新日:2018年7月18日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:7月20日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:ドリフトタクシー
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年7月17日(火)】

エッセイ

うゐの奥山「第73回 ホトトギスとウグイス」を掲載しました。

【更新日:2018年7月11日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:7月13日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:飴の請求書
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年7月6日(金)】

おしらせ

「生命尊重ニュース」7月号にコメントを寄せています。
 先日、温泉宿に日帰り風呂に入りに行って驚いた。本当はその日は休みの予定だったのだが、翌日来ると思っていた客が来てしまったので開けたのだという。「どっちが間違ったのか分かりませんしね」とご主人は仰った。「だからどうぞゆっくり入ってください」。
思えば結婚も妊娠も出産も、人生上の大事なことは全てこの客のように突然やって来たりするのではないだろうか。そんなとき、このご主人のように謙虚に受け止め、「成り行き」を受け容れることで人生は思いもしなかった展開を見せる。きっとそれを「仕合わせ」と呼ぶのである。
>>生命尊重ニュース

【更新日:2018年7月4日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:7月6日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:不機嫌罪
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年7月3日(火)】

おしらせ

100分de名著の「方丈記」をNHKオンデマンドで配信
2012年10月放送のNHK「100分de名著 方丈記」がNHKオンデマンドで配信されます。配信期間は1年間です。
「第4回 不安の時代をどう生きるか?」に玄侑が出演しています。
>>100分de名著 方丈記
>>NHKオンデマンド 100分de名著 方丈記
>>動画配信サービス一覧

【更新日:2018年6月29日(金)】

おしらせ

福島民報のサイトに「こころの好縁会」の記事掲載
福島民報のサイトに、28日に行なわれた「こころの好縁会」の記事「真の復興に意見 玄侑宗久さん×姜尚中さん講演会」が掲載されています。
>>真の復興に意見 玄侑宗久さん×姜尚中さん講演会

【更新日:2018年6月27日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:6月29日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:大都市と地震
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年6月25日(月)】

おしらせ

書籍「禅とジブリ」発売
著:鈴木敏夫(すずきとしお/スタジオジブリプロデューサー)
出版社:淡交社
判型:四六判/並製/ジャケット巻/モノクロ224頁
価格:本体1,600円(税込1,728円)
発売日:2018年7月5日
ISBN:9784473042590

スタジオジブリプロデューサー鈴木敏夫氏が禅僧と奔放対談。ジブリの名作を禅的に読みとき、映画制作の経験から禅を語る。
「過去、未来じゃなく、もっと今のことを考えなきゃ」──スタジオジブリプロデューサー鈴木敏夫氏が禅僧と奔放対談。対するは、玄侑宗久氏(作家・福聚寺住職)、横田南嶺氏(臨済宗円覚寺派管長)、細川晋輔氏(龍雲寺住職)の三人。『もののけ姫』『火垂るの墓』などジブリの名作から、死生観や人生哲学などを禅的に読みとき、宮崎駿・高畑勲両監督との映画制作の経験に照らして禅を語ります。
月刊『なごみ』連載に対談と鈴木氏のエッセイを追加収録。

【更新日:2018年6月20日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:6月22日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:修行と労働
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年6月19日(火)】

おしらせ

NEWSポストセブンのサイトにコメント掲載
NEWSポストセブンのサイトに「ウソをつかずごまかしもせずに生きていくのはもう無理ですか」の問いに答えた「ウソや改ざんがまかり通る社会は一次産業を軽視してきた結果」が掲載されています。
>>NEWSポストセブン

【更新日:2018年6月18日(月)】

おしらせ

女性セブン6月28日号にコメント掲載
女性セブン6月28日号「ウソをつかずごまかしもせずに生きていくのはもう無理ですか」の問いに玄侑と精神科医の片田珠美さんのコメントが掲載されています。
>>女性セブン6月28日号

【更新日:2018年6月13日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:6月15日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:子供たちの力
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年6月11日(月)】

講演会

講演会一覧を見る

玄侑宗久先生の「仏教法話」~やがて死ぬけしき~
演題:やがて死ぬけしき
日時:7月5日(木) 13:00開演
場所:NHKカルチャーいわき教室(いわき市平字小太郎町3-4)
入場料:会員 2,600円/一般(入会不要) 3,100円
内容:「やがて死ぬけしき」は見えず蝉の声、と続いて、これは松尾芭蕉の句です。死ぬ直前までミンミンジージー鳴いて飛び、あっという間に死んでしまう蝉の生き方を、芭蕉は讃えているのでしょう。これから晩年を迎える心構えを、宗教観や医療の面からも考えてみましょう。
>>【7/5】玄侑宗久先生の「仏教法話」~やがて死ぬけしき~

エッセイ

日曜論壇第77回「『たまきはる福島基金』の今」を掲載しました。

【更新日:2018年6月6日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:6月8日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:辻褄
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年6月1日(金)】

おしらせ

毎日新聞の「ぐるっと東北・母校をたずねる」県立安積高第1回に玄侑が登場しています。
>>ぐるっと東北・母校をたずねる 県立安積高/1 多感な時代に興味追求 作家・玄侑宗久さん /福島

【更新日:2018年5月30日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:6月1日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:スポーツと戦争
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年5月29日(火)】

テレビ

6月1日放送「チコちゃんに叱られる」の干支に関するテーマに出演します。
日時:6月1日(金) 19時57分~20時42分
放送局:NHK総合
再放送:6月2日(土) 8時15分~
>>チコちゃんに叱られる

エッセイ

うゐの奥山「第71回 忖度と談合」「第72回 しゃがむ土偶」を掲載しました。

【更新日:2018年5月28日(月)】

おしらせ

夕刊フジのサイトzakzakにインタビュー「【BOOK】仏教の難問「僧侶の性欲」に再度向き合う 玄侑宗久さん『竹林精舎』」が掲載されています。
>>【BOOK】仏教の難問「僧侶の性欲」に再度向き合う 玄侑宗久さん『竹林精舎』

【更新日:2018年5月24日(木)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:5月25日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:過分担
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年5月17日(木)】

おしらせ

「アミターバ 無量光明」が三省堂書店でもお求めいただけます。
ご注文ごとに製本するオンデマンド方式です。

三省堂書店神保町本店に専用の印刷機があり、あらかじめ電話注文すると数時間後にお店で本を受け取れます。
本店以外の店は、3日~1週間程度かかります。詳しくは下記を参照ください。
https://www.books-sanseido.co.jp/service/ondemand/

「復刻版のためのあとがき」を書き、本文も多数修正しております。
また、表紙も今回のために描きおろしていただきました。

オンデマンド: 162ページ
出版社: ケイオス出版
ISBN: 978-4909507006
発売日: 2018年5月3日
>>アミターバ 無量光明(三省堂書店)

amazonでも購入できます。リンク先のページで試し読みできます。
>>アミターバ 無量光明(amazon) 

講演会

講演会一覧を見る

こころの好縁会in三春
政治学者姜尚中(カン・サンジュン)さんと玄侑の講演会が三春町で開催されます。
日時:6月28日(木) 18:00開演
場所:三春交流館まほら(福島県田村郡三春町大町191)
入場料:無料
主催:三春実生プロジェクト、東京新聞、中日新聞社、岐阜県 大興寺
後援:三春町、福島民報社、かんのや
協力:ラジオ福島、三春まちづくり公社

第1部 講演
姜尚中氏 演題:7年の視座-震災・原発事故
玄侑宗久 演題:『光の山』のその後
第2部 鼎談
姜氏、玄侑、小出宣昭中日新聞社顧問・主筆
テーマ:この国のゆくえと、真の復興について
>>玄侑宗久さん×姜尚中さん講演 三春で6月28日、鼎談も(福島民報)

おしらせ

5月25日発売の夕刊フジに「竹林精舎」についてのインタビューが掲載されます。

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:5月18日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:馴化
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年5月15日(火)】

おしらせ

大空山磨塼寺の藤田一照師が福聚寺にお出でになり、対談しました。
>>動画を見る(1回目)
>>動画を見る(2回目・会員限定)
>>動画を見る(3回目・会員限定)
>>動画を見る(4回目)

【更新日:2018年5月9日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:5月11日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:記憶と記録
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年5月8日(火)】

おしらせ

「アミターバ 無量光明」が復刻出版されました。
ご注文ごとに製本するオンデマンド方式です。
「復刻版のためのあとがき」を書き、本文も多数修正しております。
また、表紙も今回のために描きおろしていただきました。

オンデマンド: 162ページ
出版社: ケイオス出版
ISBN: 978-4909507006
発売日: 2018年5月3日
>>アミターバ 無量光明(amazon) 
※リンク先のページで試し読みできます。

おしらせ

発売中の家庭画報6月号に、「竹林精舎」の書評が掲載されています。
>>家庭画報

おしらせ

電氣新聞デジタルにインタビュー「[ 深層を訊く]福島県民の生活と放射能問題」が掲載されています。
>>[ 深層を訊く]福島県民の生活と放射能問題

【更新日:2018年4月27日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:5月4日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:難儀
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年4月25日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:4月27日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:ホルモンとビオフェルミン
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年4月18日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:4月20日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:マインドフルネス
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年4月16日(月)】

おしらせ

3月26日発売のAERA「この人のこの本」のコーナー 千葉望さんによる竹林精舎の記事がAERA dot.に掲載されています。
>>芥川賞の住職が描く、道尾秀介『ソロモンの犬』の続編とは
>>竹林精舎

【更新日:2018年4月12日(木)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:4月13日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:当事者意識
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年4月11日(水)】

おしらせ

柳美里さんの書店「フルハウス」が開店しました。「私の20冊」コーナーには玄侑が選んだ「私の骨格を作ってくれた20冊」も並びます。
>>福島の避難解除区域に書店をオープンする芥川賞作家・柳美里「営業的には厳しいが続けないと」(日刊SPA!)
>>柳美里さん書店「フルハウス」オープン(毎日新聞)

【更新日:2018年4月10日(火)】

おしらせ

AERA Mook「人生100年『もしも』に備えるお金と知恵」に「現代人は先のことを決めすぎる」が掲載されています。
>>人生100年「もしも」に備えるお金と知恵

【更新日:2018年4月9日(月)】

講演会

講演会一覧を見る

玄侑宗久の「鶴と亀の生き方」
日時:2018年5月9日(水) 10:00~11:30
場所:青森県青森市本町2-1-26(青森ワシントンホテル3F)
入場:会員2,808円 一般(入会不要)3,369円
問合せ:NHKカルチャー青森教室 017-735-2111

講演会案内より
「鶴と亀」というと、長壽のシンボルのように思われているが、じつは道教では全く違った意味合いで考えていた。いったい何を意味し、またなにゆえめでたいとされるのか、歴史を踏まえつつ考えてみたい。「分断」が進む現代社会において、この思想は一層重要さを増している。

>>NHKカルチャー青森教室のページから受講申込みができます。

講演会

講演会一覧を見る

玄侑宗久の「鶴と亀の生き方」
日時:2018年5月8日(火) 14:30開場 15:00~16:30
場所:青森県弘前市下白銀町21-6(NHK弘前放送会館内)
入場:会員2,808円 一般(入会不要)3,369円
問合せ:NHKカルチャー弘前教室 0172-35-1800

講演会案内より
「鶴と亀」というと、長壽のシンボルのように思われているが、じつは道教では全く違った意味合いで考えていた。いったい何を意味し、またなにゆえめでたいとされるのか、歴史を踏まえつつ考えてみたい。「分断」が進む現代社会において、この思想は一層重要さを増している。

>>NHKカルチャー弘前教室のページから受講申込みができます。

エッセイ

日曜論壇「愛姫生誕四百五十年」を転載しました。

【更新日:2018年4月6日(金)】

おしらせ

4月8日の福島民報にエッセイ日曜論壇「愛姫生誕四百五十年」が掲載されます。

【更新日:2018年4月4日(水)】

エッセイ

上野のれん会発行の雑誌「うえの」4月号掲載のエッセイ「めでたい花まつり」を転載しました。

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:4月6日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:忖度とルール
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年4月3日(火)】

おしらせ

かまくら春秋社発行の雑誌「かまくら春秋」4月号 短期特別連載「堀江重郎のいのちの周辺」にて堀江重郎氏(順天堂大学医学部教授)との対談が掲載されています。
>>かまくら春秋4月号

【更新日:2018年4月2日(月)】

おしらせ

上野のれん会発行の雑誌「うえの」4月号にエッセイ「めでたい花まつり」が掲載されます。
>>上野のれん会

【更新日:2018年3月29日(木)】

エッセイ

エッセイ「うゐの奥山」第70回「国土について」を転載しました。

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:3月30日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:成熟とピストル
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年3月22日(木)】

新刊

マインドフルネス・レクチャー 禅と臨床科学を通して考える

刊行日:2018年3月27日
販売価格:2,376円(税込・本体2,200円)
出版社:金剛出版
ISBN:9784772416122
判型:A5判
ページ数:200ページ

出版社紹介文より
一九九〇年,東洋の禅を中心とした仏教思想と西洋の現代医療を結びつけたジョン・カバットジン博士が,マインドフルネスについての最初の著作を上梓してから年月が流れ,現在では医療領域だけでなく,心理学,教育,産業,福祉,スポーツといったさまざまな分野での適応が広まりつつある。
わが国でも,二〇一二年のカバットジン博士の来日を契機に,マインドフルネスの普及が大きく推し進められることとなった。
本書は,わが国へのマインドフルネスの普及を主導してきた二人の医師,貝谷久宣,熊野宏昭が,それぞれマインドフルネスの導入・普及から医療現場での臨床応用の実際と,その脳科学的な理解について述べ,僧侶であり芥川賞作家でもある玄侑宗久が,マインドフルネスと仏教との関係を語った注目すべき講演録である。鼎談では,現代的な「不安」への対処から瞑想のコツ,またマインドフルネスの考え方とその理解までが語られ,最後に貝谷による,マインドフルネスと瞑想において重要な要素である「呼吸」についての随想を付した。
マインドフルネスについての理解と実践のヒントが詰まった楽しく学べる一冊である。

おしらせ

3月26日発売のAERA「この人のこの本」のコーナーにて「竹林精舎」が紹介されます。執筆は千葉望さんです。
>>AERA 2018年4月2日号
>>竹林精舎

おしらせ

3月19日にラジオ福島で「玄侑宗久・丹羽太貫 放射線を語る」が放送されました。radiko.jpにて配信しています。
>>玄侑宗久・丹羽太貫 放射線を語る

おしらせ

小説TRIPPER 2018春号に、三田文学編集長の関根謙氏による「竹林精舎」の書評「セシウムと竹林の風」が掲載されます。
>>小説TRIPPER
>>竹林精舎

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:3月23日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:特殊清掃人
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年3月19日(月)】

おしらせ

YOMIURI ONLINE書評欄に出版社「荒蝦夷」代表土方正志氏による「竹林精舎」の書評が掲載されています。
>>『竹林精舎』 玄侑宗久著 共鳴する福島のリアル
>>竹林精舎

【更新日:2018年3月14日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:3月16日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:大深度地下法
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年3月9日(金)】

おしらせ

3月9日の毎日新聞朝刊「青春小説の系譜」欄に「竹林精舎」が紹介されています。
>>毎日新聞 青春小説の系譜「福島在住の僧侶作家が描く原発事故と男女の結びつき」
>>竹林精舎

おしらせ

産経ニュース「変化を見つめて 東日本大震災7年」にインタビューが掲載されています。
>>(下)僧侶で作家・玄侑宗久さん 不安と共存、「今」を言祝ぐ
(上)は漫画家 いがらしみきお氏、(中)はザ・タイムズ東京支局長 リチャード・ロイド・パリー氏のインタビューです。

【更新日:2018年3月8日(木)】

おしらせ

3月9日の毎日新聞朝刊「青春小説の系譜」欄にて「竹林精舎」が紹介されます。
>>毎日新聞 青春小説の系譜
>>竹林精舎

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:3月9日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:風聞
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年3月7日(水)】

ラジオ

番組:鈴木敏夫のジブリ汗まみれ
日時:2018年3月18日(日)、25日(日) いずれも23:00~23:30
放送局:JFN38局ネット
テーマ:18日は月刊誌「なごみ」に3回にわたり掲載された対談「半径2メートルの禅問答 喫茶去」の2、3回目の様子を、なごみ未掲載分も含めて放送予定です。
25日は代官山蔦屋でのトークイベントの模様を放送予定です。
※放送内容は変更になる場合があります。
>>鈴木敏夫のジブリ汗まみれ

おしらせ

「半径2メートルの禅問答 喫茶去」書籍化
予価:1600円
刊行予定:2018年7月

内容:月刊誌「なごみ」連載「半径2メートルの禅問答 喫茶去」が書籍化されます。
スタジオジブリプロデューサー・鈴木敏夫氏が禅僧(細川晋輔和尚 、横田南嶺老師、玄侑宗久)と対談。ジブリを禅的に読みとき、禅を鈴木氏の経験に照らして語る。『なごみ』連載に追加対談・鈴木氏の加筆を収録。
>>鈴木敏夫のジブリ汗まみれ
>>月刊なごみ

【更新日:2018年3月6日(火)】

おしらせ

3月5日の毎日新聞特集「それぞれの3.11」にインタビューが掲載されています。
>>それぞれの3.11 東日本大震災7年/1 玄侑宗久さん/高村薫さん

おしらせ

3月3日の毎日新聞に伊藤智永さんのコラム「時の在りか 愛とは被曝し合うこと」が掲載されています。
>>時の在りか 愛とは被曝し合うこと=伊藤智永

おしらせ

3月4日に第1回 福島県環境創造シンポジウムにパネリストとして参加しました。
>>第1回 福島県環境創造シンポジウム
>>「確認できず」と結論 浪江の山林火災放射性物質影響(3月5日福島民報)

【更新日:2018年3月5日(月)】

おしらせ

3月3日の日本経済新聞朝刊に竹林精舎の書評が掲載されています。
※WEB版は会員限定記事です。
>> 竹林精舎 玄侑宗久著 恋と放射能汚染が迫る選択

【更新日:2018年3月2日(金)】

講演会

講演会一覧を見る

玄侑宗久講演会 自愛の作法
日時:2018年3月29日(木) 13:30開場 14:00~15:30
場所:三井ガーデンホテル千葉3階 飛鳥の間 (千葉市中央区中央1-11-1)
入場:会員3,132円、一般3,456円
問合せ:朝日カルチャーセンター千葉 043-227-0131

朝日カルチャーセンター 講演会紹介より
よく手紙の末尾などに、「ご自愛ください」などと書く。相手への立派な気遣いだと思うが、はたして自愛の仕方はどうするのか、知っている人はどれほどいるのだろう。ここでは、禅や老荘思想、あるいは貝原益軒の考え方なども参考にしながら、本当の自愛の仕方について考えてみたい。


クリックでPDFを表示します。

おしらせ

玄侑が審査員を務めた「生命(いのち)を見つめるフォト&エッセー」コンテストの審査結果が発表されました。
>>生命(いのち)を見つめるフォト&エッセー(日本医師会のサイト)

おしらせ

作業療法ジャーナル3月号(Vol. 52 三輪書店)に巻頭エッセイが掲載されています。
リレーエッセイ「私の大切な作業」第一回「杉苔の庭づくり」です。
>>作業療法ジャーナル 52巻 3号

おしらせ

三春まちづくり公社 観光部から三春町のポスターとクリアファイルが発行されました。いずれも実費にて頒布いたします。
>>三春観光ポスター完成! 写真:水越武氏 題字:玄侑宗久氏

【更新日:2018年3月1日(木)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:3月2日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:450年
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年2月26日(月)】

講演会

講演会一覧を見る

玄侑宗久講演会 壽の思想
日時:2018年5月31日(木) 13:30開場 14:00~15:30
場所:朝日会館15階・朝日ホール (愛知県名古屋市中区栄1-3-3)
入場:会員3,510円、一般3,834円

ご予約の上、前もって窓口をご利用頂くか、銀行振り込みでお振込願います。
※当日会場で手続き頂く場合、会員の方も一般料金(3.834円)となりますので、ご了承願います。
※講演中の写真撮影ならびに録音はご遠慮ください。

問合せ:朝日カルチャーセンター名古屋 052-249-5553

朝日カルチャーセンター 講演会紹介より
中国では単に「いのちながし」という意味だった「壽」が、日本に来ると「ことぶき」と訓まれるようになった。「ことぶき」とは「言祝ぎ」が訛ったのである。
現状を言葉に出して肯定する、という「言祝ぎ」が、なにゆえ長寿を意味する言葉の訓みになったのか。そこには日本人の思想が関わっている気がする。「壽」の入った熟語も学びつつ、「意味のある偶然」や「祈り」についても考えてみたい。

当日会場にて玄侑の書籍を購入頂いた方を対象に、サイン会を予定しています。


クリックでPDFを表示します。

【更新日:2018年2月21日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:2月23日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:命を見つめる
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

おしらせ

2月20日と21日の福島民報に日本記者クラブ福島取材団福島訪問の記事が掲載されています。
>>被災地の現状に理解 日本記者クラブが飯舘村長と面会
>>玄侑住職らを取材 日本記者クラブ福島視察最終日

【更新日:2018年2月19日(月)】

おしらせ

2月14日の東京新聞夕刊「大波小波」欄に、竹林精舎の書評「恋と放射能」が掲載されています。
>>東京新聞夕刊「大波小波」欄「恋と放射能」(PDF)

【更新日:2018年2月15日(木)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:2月16日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:情報格差
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年2月13日(火)】

おしらせ

AERA dotに1月15日に行なわれた道尾秀介さんとの公開対談の記事が掲載されています。
>>芥川賞作家・玄侑宗久と直木賞作家・道尾秀介、ジャンルを超えた異例の“タッグ”!

【更新日:2018年2月9日(金)】

エッセイ

エッセイ「うゐの奥山」第69回「猪目(いのめ)」を転載しました。

【更新日:2018年2月7日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:2月9日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:十六善神
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年2月5日(月)】

エッセイ

日曜論壇 第75回「聖『冬のポンプ屋さん』」を転載しました。

【更新日:2018年1月31日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:2月2日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:グレー
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年1月30日(火)】

おしらせ

1月28日の西日本新聞に、作家の原口真智子さんによる「竹林精舎」の書評が掲載されています。
>>竹林精舎 書評

【更新日:2018年1月29日(月)】

おしらせ

九州、山口エリアの展覧会情報&アートカルチャーWEBマガジン ARTNE(アルトネ)のサイトに、「白隠さんと仙厓さん」展にて行なわれた講演会のレポートが掲載されています。
>>白隠と仙厓に見る、大和の禅【レポート】
>>九州国立博物館 文化交流展特別展示 白隠さんと仙厓さん

おしらせ

東京新聞のサイトに、道尾秀介さんによる「竹林精舎」の書評が掲載されています。
>>悲しみ越え、見出す居場所 [評者]道尾秀介=作家
>>「竹林精舎」書籍情報

講演会

講演会一覧を見る

第16回あだたら万遊博「おかみと過ごすひな祭り」
日時:2018年3月4日・5日 4日10:00~21:00ごろ、5日10:00~21:30ごろ
場所:福島県二本松市 あだたら高原岳(だけ)温泉各会場
テーマ:出逢い
2日間にわたり、多彩なイベントを開催。
3月5日13:00~14:30に玄侑宗久特別講演会「壽(ことぶき)の思想」が行なわれます(入場無料・予約制)。
>>岳(だけ)温泉観光協会
>>第16回あだたら万遊博「おかみと過ごすひな祭り」チラシ(PDF)
>>3月4、5日岳温泉万遊博 樋口さんトークショー(福島民報)

【更新日:2018年1月26日(金)】

ラジオ

番組:鈴木敏夫のジブリ汗まみれ
日時:2018年1月28日(日) 23:00~23:30
放送局:JFN38局ネット
テーマ:月刊誌「なごみ」に掲載された対談「半径2メートルの禅問答 喫茶去」の様子を、なごみ未掲載分も含めて放送予定です。
※放送内容は変更になる場合があります。
>>鈴木敏夫のジブリ汗まみれ

【更新日:2018年1月25日(木)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:1月26日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:希望の一字
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年1月22日(月)】

おしらせ

1月21日(日)に行なわれた、「三春だるま市」のオープニングセレモニーにて、玄侑が「今年の一文字」を揮毫した三春だるまが公開されました。
>>Find!三春 今年の希望の一文字は『醒』
>>福島民報 「醒」の字に希望込め 三春だるま市にぎわう

エッセイ

エッセイ「うゐの奥山」第68回「運慶展と六田(むだ)さん」を転載しました。

講演会

講演会一覧を見る

花園大学サテライト講座 禅とこころ
日時:2017年10月27日(金)~2018年3月23日 全5回

玄侑は2月23日に登壇します。

玄侑の演題:不安と安心~『竹林精舎』をめぐって
場所:日経本社ビル2階 SPACE NIO(東京都千代田区大手町1-3-7)
内容:気鋭の講師陣が語る全5講座。

2017年10月27日 横田南嶺老師(円覚寺派管長)
2017年11月24日 平井正修師(全生庵住職 東京・台東区)
2018年1月26日 佐々木閑氏(花園大学文学部教授)
2018年2月23日 玄侑宗久(花園大学客員教授)
2018年3月23日 丹治光浩氏(花園大学学長・社会福祉学部教授)

時間:いずれの日も17:00~19:00
受講料:15,000円(全5講座受講)
定員:1講座75人
申込:メールまたはFAXにて。

詳しくは花園大学サテライト講座 禅とこころ(PDF)をご覧ください。

概要:京都市内にあります花園大学は、世界唯一の臨済禅の大学です。

このたび開催するサテライト講座では、大学がこれまで蓄積してきた人材・知識・ネットワークを駆使し、現代社会の中で人々が求める《心のよりどころ》となる禅の教えを提供いたします。

主催:花園大学・日本経済新聞社
>>花園大学サテライト講座 禅とこころ(PDF)

【更新日:2018年1月19日(木)】

おしらせ

ブログ雪月花を更新しました。

【更新日:2018年1月18日(木)】

おしらせ

三田文学 No.132(2018年冬季号)にインタビュー「破局が生んだゆらぎ-玄侑宗久『竹林精舎』」掲載
聞き手:関根謙氏(三田文学編集長)
定価:980円(本体907円)
内容:慶応での学生生活/放射能という心の生産性/原発事故は自然の災厄か ほか
>>三田文学最新号
>>三田文学

【更新日:2018年1月17日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:1月19日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:むっちゃ草生える
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年1月12日(金)】

おしらせ

老人ホーム検索サイト みんなの介護の「賢人論。」に3回連続インタビューの後編掲載
>>賢人論。第56回 前編「日本人は古来、年をとることを肯定的にとらえてきた」
>>賢人論。第56回 中編「老いて衰えたからこそできることもある」
>>賢人論。第56回 後編「介護の仕事に大事なのは『向き合う』姿勢よりも『寄り添う』姿勢」
>>みんなの介護

【更新日:2018年1月11日(木)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:1月12日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:前のめり
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2018年1月9日(火)】

おしらせ

老人ホーム検索サイト みんなの介護の「賢人論。」に3回連続でインタビュー掲載
>>賢人論。第56回 前編「日本人は古来、年をとることを肯定的にとらえてきた」
>>賢人論。第56回 中編「老いて衰えたからこそできることもある」
>>みんなの介護

エッセイ

「一冊の本」2018年1月号巻頭随筆「『竹林』……この厄介で魅力的な場所」を転載しました。

エッセイ

不定期コラム「雪月花」を更新しました。

2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年以前
前に戻るup