bお知らせ
bプロフィール
b新刊案内
b出版一覧
bインタビュー
b対 談
b雪月花
bエッセイ
b書 評
bその他
bAudio&Visual
b講演会
b読者の声


購買部 ご利用案内 お問い合せ

2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年以前

【更新日:2019年2月7日(木)】

おしらせ

映画「盆唄」公開
震災により長引く避難で存続の危機にある、故郷・福島県双葉町の伝統「盆唄」。
しかし、生きる土地が変わっても、100年以上福島の盆唄を唄い継ぐ人々がハワイにいた―。

監督:中江裕司
出演:福島県双葉町の皆さん、マウイ太鼓ほか
声の出演(アニメーション):余貴美子、柄本明、村上淳、和田總宏、桜庭梨那、小柴亮太
公開:2019年2月15日(金)
劇場:テアトル新宿、フォーラム福島、まちポレいわきほか全国順次公開

内容(公式サイトより):
2015年。東日本大震災から4年経過した後も、福島県双葉町の人々は散り散りに避難先での生活を送り、先祖代々守り続けていた伝統「盆唄」存続の危機にひそかに胸を痛めていた。そんな中、100年以上前に福島からハワイに移住した人々が伝えた盆踊りがフクシマオンドとなって、今も日系人に愛され熱狂的に踊られていることを知る。町一番の唄い手、太鼓の名手ら双葉町のメンバーは、ハワイ・マウイ島へと向かう。自分たちの伝統を絶やすことなく後世に伝えられるのではという、新たな希望と共に奮闘が始まった――。 映画は福島、ハワイ、そして富山へと舞台を移し、やがて故郷と共にあった盆唄が、故郷を離れて生きる人々のルーツを明らかにしていく。盆踊りとは、移民とは。そして唄とは何かを見つめ、暗闇の向こうにともるやぐらの灯りが、未来を照らす200年を超える物語。
玄侑がコメントを寄せています。

>>「盆唄」公式ツイッター

>>「盆唄」公式サイト(開くと予告編が流れます)
>>「盆唄」上映劇場

ラジオ

番組:朝ゼミ・エフ 日日是好日
日時:2月8日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:毛が3本少ない
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2019年2月4日(月)】

講演会

花園学園東京サテライト講座 禅とこころ 社会に役立つ仏教(禅)
日時:2月16日(土) 13:40~15:00
場所:日経本社ビル6階 セミナールーム(東京地千代田区大手町1丁目3の7 地下鉄「大手町駅」下車C2b出口直結)
演題:禅と自然
受講料:5000円(1日)
定員:1講座80人
内容:
価値観が多様化している現代において、私たちが最も希求して止まないのは不変の真実に立脚した安心(あんじん)ではないでしょうか。昨年より開設したサテライト誰座は、宗派の垣根を越えた講師陣で《心のよりどころ》となる禅の教えを提供いたします。
当日は前半・後半の2部制で、玄侑は前半の部です。後半は花園大学学長(社会福祉学部教授)丹治光浩氏の「臨床心理学から見た禅仏教」です。
申込:メールでhoujin@hanazono.ac.jp またはFAX075-811-5327
件名に「サテライト講座申込み」とお書きの上、住所、氏名、連絡先をお知らせください。お申し込みいただいた方に受講料の振込先をご案内します。ご入金確認後、受講票をお届けします。なお、定員に達し次第、締め切らせていただきます。
※前半の部、後半の部、どちらかの講座のみ受講の方も、1日分の受講料を頂戴いたします。あらかじめご了承ください。
問合:075-275-5171(学校法人花園学園)
>>禅とこころ(PDF)

【更新日:2019年1月31日(木)】

ラジオ

番組:朝ゼミ・エフ 日日是好日
日時:2月1日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:ビバ大阪
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2019年1月30日(水)】

おしらせ

禅入門 禅僧から学ぶ こころ・修行・歴史
好評のロングセラー『禅入門』(淡交社)の改訂版が発売になります。

監修:細川晋輔師(龍雲寺住職)
発売日:2019年1月29日
価格:1944円(税込)
判型:A4判
ページ数:128頁
ISBN:9784473021304

出版社書籍紹介より:
「禅」──昨今のZENブームにより話題となっているテーマですが、本書はより「仏教としての禅」を深く知りたい人向けの内容に特化しています。雲水修行や禅僧の作法、坐禅の方法に始まり、禅の歴史まで紐解きます。見どころの「ある僧堂の一日」では、修行僧の知られざる暮らしぶりを紹介。監修者に細川晋輔〈龍雲寺住職〉を迎え、ほかに小倉宗俊〈妙心寺派管長〉、横田南嶺〈円覚寺派管長〉、平井正修〈全生庵住職〉、玄侑宗久〈作家・福聚寺住職〉、永江朗〈作家・ライター〉など豪華執筆陣のエッセイも掲載します。本書は淡交ムックシリーズの『禅入門』改訂版。
>>淡交社「禅入門 禅僧から学ぶ こころ・修行・歴史」のページ

【更新日:2019年1月23日(水)】

講演会

講演会一覧を見る

こころの好縁会
日時:1月26日(土) 12:00開場 13:00開演 16:45終了予定
場所:岐阜グランドホテルロイヤルシアター

(岐阜市長良川648番地)
JR岐阜駅と岐阜グランドホテル間で専用シャトルバスを運行します。

入場料:3,500円
内容:姜尚中氏 演題「維新の影-災害という宿命-」

玄侑宗久 演題「陰翳礼讃」
講演会とあわせて中日新聞社・小出宣昭主筆を交えての鼎談を行ないます。テーマは「自由と民主の行く末」です。

また、講座の前後で書籍販売とサイン会、三春町物産展(東日本大震災支援)を開催いたします。

申込:こころの好縁会事務局(大興寺 090-7915-8204 8:00~20:00)

テレビ

みうらじゅんさんの「最後の講義」
放送日:2019年2月2日(土) 22:00~22:49
放送局:NHK BS1
番組の中で、玄侑が講義内容についてコメントします。どうぞご視聴ください。

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:1月25日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:希望の一字
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2019年1月21日(月)】

エッセイ

うゐの奥山「第77回 さようなら」を転載しました。

おしらせ

【三春だるま市】 今年の「希望の一文字」は《遇》です!
「遇」とは思いがけずめぐり会うことだが、相手は好ましいものや名君など、幸運な出逢いである。反対の場合は「遭」を使い、合わせて「遭遇」という。夢から醒めた誰かは、きっと素晴らしい相手に出逢ったのだろう。
人の出逢いは探しているものに左右される。人の欠点を探せば必ず見つかるし、美点を探せば美点が見つかる。どちらを探すつもりかで、人生の出逢いは大きく変化するのではないだろうか。
「希望の一文字」も今年は十年目、しかも「亥年」。全ての可能性を含んだ「核(種)」に戻る時節だ。人生を左右する大きな出逢いがきっとあるはずである。(玄侑宗久)
平成31年・希望の一文字
画像は三春まちづくり公社 観光部様のツイッターより

>>三春だるま市(Find!三春)

おしらせ

河北新報の梅原猛さん逝去の記事にコメントを寄せています。
>><哲学者の梅原猛さん死去>「震災は文明災」と持論 東北への思い深く(河北新報)

【更新日:2019年1月17日(木)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:1月18日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:エスカレーターの作法
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2019年1月9日(水)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:1月11日(金) 8:20~8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:神様は飽きっぽい
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2019年1月7日(月)】

講演会

講演会一覧を見る

やがて死ぬけしき
日時:1月12日(土) 14:00~15:30
会場:NHK文化センター仙台教室(仙台市青葉区立町27-21)
受講料:会員3,369円/一般(入会不要)3,931円
テーマ:仏教法話「やがて死ぬけしき」
内容:「やがて死ぬけしきは見えず蝉の声」。芭蕉は死ぬ直前まで全力で鳴き続ける蝉の生き方に、共感したとも言われています。人として晩年を迎えるための心構えについて考えます。
>>詳細・申込みはNHKカルチャー仙台教室のサイトをご覧ください。

おしらせ

平成31年の「希望の一文字」を揮毫しました。
三春まちづくり公社では「希望の一文字を当てよう!クイズ」を実施しています。詳しくはリンク先をご覧ください。
>>希望の一文字揮毫 福聚寺、三春だるま市で披露(福島民報)
>>平成31年(2019年)“希望の一文字”を当てよう! (Find!三春)

おしらせ

不定期コラム「雪月花」を更新しました。
2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年以前

前に戻るup