bお知らせ
bプロフィール
b新刊案内
b出版一覧
bインタビュー
b対 談
b雪月花
bエッセイ
b書 評
bその他
bAudio&Visual
b講演会
b読者の声


購買部 ご利用案内 お問い合せ

2017年2016年2015年2014年2013年2012年以前

【更新日:2012年12月26日(水)】

エッセイ

エッセイ「うゐの奥山」第9回「風邪の効用」を転載しました。

【更新日:2012年12月25日(火)】

鼎談

2013年1月14日の『赤坂憲雄・玄侑宗久・和合亮一新春鼎談 言葉を信じて ふくしまからの提言』参加申し込み要項を掲載しました。

【更新日:2012年12月21日(金)】

おしらせ

中外日報社説「被災地からの発信 生き方見つめ直す」ご一読ください。

おしらせ

2011年2月に放送されました「大胆不敵な水墨画 第三回 白隠 気迫みなぎる禅画」が再編集され、NHK日曜美術館で放送されます。

日曜美術館 白隠 気迫みなぎる禅画
放送予定 2012年12月23日(日)9:00〜9:45(Eテレ)
再放送 2012年12月30日(日)22:00〜22:45(Eテレ)

展覧会

白隠展の紹介動画が公開されました。

題名:白隠展 HAKUIN 禅画に込めたメッセージ
日時:2012年12月22日(土)〜2013年2月24日(日) ※1/1(火)のみ休館
場所:Bunkamura ザ・ミュージアム
入場料:一般 1,400円 高校・大学生 1,000円 中学・小学生 700円
備考:花園大学国際禅学研究所の同展紹介ページはこちら

【更新日:2012年12月20日(木)】

おしらせ

この冬も、「ふくしまキッズ」のプログラムが各地の人々のご協力のもと、実施されます。子供たちの嬉しそうな様子をご覧ください。
ふくしまキッズ実行委員会

【更新日:2012年12月19日(水)】

おしらせ

2013年3月26日に予定していた講演会は、翌日(3月27日)に変更になりました。
既にお申し込みいただいた皆様にはご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます。
題名:日本的生活
日時:2013年3月27日(水)14:00〜15:30 (開場13:30)
場所:三井ガーデンホテル千葉3階「飛鳥の間」 千葉市中央区中央1-11-1
受講料:会員2,730円/一般3,255円
問合:朝日カルチャーセンター千葉 電話043-227-0131

インタビュー

12月11日発売の『〈3・11後〉忘却に抗して 識者53人の言葉 』にインタビューが掲載されました。
※仮題「日本よ!」から題名が変更になりました。

【更新日:2012年12月18日(火)】

インタビュー

先週の金曜日に放映されたスウェーデン国営放送の映像をご紹介します。

【この映像について】
先週の金曜日に放映されたスウェーデン国営放送の映像をご紹介します。
本当はもっと別なことも話したのですが、この部分だけ切り取られてしまいました。
なにせ突然の訪問で、しかもこちらが予定していた取材の直前でしたから、何の防護もできませんでした。ただ、現在の大熊町の様子がじつに包み隠しなく撮影されていますので、皆さんに見ていただきたいと思います。
なお、このとき話したのは、カウンセリングなどに通っている人々の話で、けっして大多数のことではありません。
しかしその数をごくごく少数と考えるのも誤りだと思います。今の福島県内で、心理療法家や精神科医などのところに通う人々は、通常の地域の比率を遙かに超えていることだけは認識してほしいと思います。(玄侑宗久)

【更新日:2012年12月17日(月)】

鼎談

題名:赤坂憲雄・玄侑宗久・和合亮一新春鼎談 言葉を信じて ふくしまからの提言
日時:2013年1月14日(月・祝) 15:00〜17:00
場所:ふくしまキッチンガーデンビル2階「ゆいの庭」 福島市栄町10−3 旧博向堂ビル
定員:80名(事前申し込み/抽選 申込方法はこちらをご覧下さい
入場:無料(当日会場で資料代として、500円をいただきます)
問合:ふくしまキッチンガーデン運営協議会・国立大学法人福島大学行政政策学類
FKG フォーラム実施委員会 Tel/Fax 024−548−8026
Mail:a027@ipc.fukushima-u.ac.jp

【更新日:2012年12月12日(水)】

対談

12月28日発売の『家庭画報 2月号 特集「2013年の平和を祈る」』のなかでジュディ・オングさんと対談しています。題名は『「しあわせ」を語る』です。

【更新日:2012年12月10日(月)】

おしらせ

12月5日発売の『人間会議 特集「禅を日常に活かす」』のなかで「丸の内はんにゃ会」の質問に答えています。

執筆しました

12月18日発売の『新潮45 特集「日本政治への正しい絶望法」』 のなかで『福島の再生なくして、何が「日本再生」か』を執筆しました。

【更新日:2012年12月4日(火)】

文庫化

小説「阿修羅」が文庫化されます。
講談社から12月14日発売。定価660円。

【更新日:2012年12月3日(月)】

講演会

題名:子育て中のお母さんお父さんのための連続講演 子どもと生きる
テーマ:子どものそばの あなたのまなざし
講師:玄侑宗久
日時:2012年12月9日(日) 14:00〜16:00
場所:高槻市生涯学習センター2F多目的ホール 大阪府高槻市桃園町2−1
入場:無料
申込:renzokukouen@imamura-gakuen.ed.jp宛に空メールを送信ください。
託児:あり(1週間前までに申し込みが必要です・定員50名)
問合:連続講演事務局(今村学園高槻幼稚園内) 電話072-685-0247

今後身につけるであろう社会性の観点からは、子どもは私たち大人の後継者である。
しかし命そのものの活発さや自在さにおいては、むしろ子どもたちのほうが先達ではないか。
人間の一生の変化を見据えながら、幼年期の意味を探ってみたい。

講演会

題名:子育て中のお母さんお父さんのための連続講演 子どもと生きる
テーマ:やさしく生きたい 親の気持ち 子の願い
日時:2013年1月26日(土) 14:00〜16:00
講師:青木 悦(あおき えつ)
場所:高槻市生涯学習センター2F多目的ホール 大阪府高槻市桃園町2−1
入場:無料
申込:renzokukouen@imamura-gakuen.ed.jp宛に空メールを送信ください。
託児:あり(1週間前までに申し込みが必要です・定員50名)
問合:連続講演事務局(今村学園高槻幼稚園内) 電話072-685-0247

いじめ、自殺、虐待など、子どものしんどさを中心に取材して30余年。記者になったとき3歳だったわが子も35歳になりました。子どもの苦しみのうしろには母親の苦しみがあること、教育システムと政治の貧しさがあることを書き、語って来ました。
2012年4月末、私は夫の故郷・福島市に転居しました。3・11以後のフクシマの苦しみ、その中の母と子のつらさ。見て感じて、ここからまた語っていこうと思います。
希望を見つけるために。

【更新日:2012年11月29日(木)】

講演会

2013年3月26日に予定していた講演会は、翌日(3月27日)に変更になりました。
既にお申し込みいただいた皆様にはご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます。
題名:日本的生活
日:2013年3月26日(火) 3月27日(水)
時: 14:00〜15:30 (開場13:30)
場所:三井ガーデンホテル千葉3階「飛鳥の間」 千葉市中央区中央1-11-1
受講料:会員2,730円/一般3,255円
問合:朝日カルチャーセンター千葉 電話043-227-0131

この島国は、海に囲まれた湿気の多い環境にあって、独自の生活や文化を築いてきた。しかし今、その独自性が大切にされていないのではないか。グローバルスタンダードの嵐を乗り切り、何に生き残ってほしいのか、何が生き残るべきなのか、あらためて考えてみたい。

【更新日:2012年11月27日(火)】

講演会

題名:シリーズ 東北から考える 第1回「福島に生きる、日本に生きる」
日時:2013年1月24日(木) 15:30〜17:00
場所:NHK文化センター青山教室 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館4F
受講料:会員3,150円/一般3,780円

【更新日:2012年11月26日(月)】

おしらせ

11月10日に行われたシンポジウム「大規模自然災害と宗教法の課題 」の記事がARL: 宗教法学会のサイトに掲載されました。各発表者の発言概要もご覧頂けます。

エッセイ

エッセイ「うゐの奥山」第8回「忌み詞」を転載しました。

エッセイ

福島民報 日曜論壇 第49回「仮設のSさん」を転載しました。

【更新日:2012年11月21日(水)】

講座

題名:一から出直す不二の国
日時:2013年1月30日(水) 18:30〜20:00
場所:朝日カルチャーセンター新宿教室
東京都新宿区西新宿2−6−1新宿住友ビル4階(受付)
入場:会員 2,940円/一般 3,570円(要申込)
申込:詳しくはこちらをご覧下さい。

多くの天災を経験したこの国の人々は、それゆえの自然観をもち、思考法を獲得し、行動原理や信仰も身につけてきたように思う。その根底にあるものは、「一から出直す」ことと、「不二」ではないか? 東日本大震災を振り返りながら考えてみたい。

インタビュー

11月26日号の「AERA」46ページに、インタビュー記事が掲載されています。

【更新日:2012年11月20日(火)】

講演会・対談

題名:奈良トヨタグループ創立70周年記念フォーラム レクサス奈良八条スペシャル〜祈りと再生のための道標〜
日時:2012年12月23日(日) 13:00〜
演題:無常という力
対談:興福寺貫首 多川俊映師
場所:奈良県新公会堂 レセプションホール 奈良市春日野町101
入場:無料(要申込・抽選)
申込:詳しくはこちらをご覧下さい。

【更新日:2012年11月16日(金)】

インタビュー

11月16日発売の「ゆほびか」2013年1月号に、インタビュー記事「玄侑宗久先生におたずねします「感謝の言葉『お陰様』のほんとうの意味はなんですか?」」が掲載されています。

【更新日:2012年11月15日(木)】

講演会

題名:日本的生活
日時:2013年1月12日(土) 14:00〜15:30
場所:池袋コミュニティ・カレッジ
受講料:会員2,625円/一般2,625円+525円
備考:申込番号順に入室となります。終了後、著書販売とサイン会があります。

【更新日:2012年11月12日(月)】

転載しました

中央公論新社『ほんとうの仏教入門』に執筆した「白隠 厳粛かつポップな禅僧」を転載しました。

【更新日:2012年11月9日(金)】

シンポジウム

題名:大規模自然災害と宗教法の課題
日時:2012年11月10日(土) 10:00〜17:00
場所:京都大学 吉田本部キャンパス 法経本館2階 法経第10番教室
入場料:無料

書評

世界日報のサイトに『中途半端もありがたい 玄侑宗久対談集』の書評が掲載されています。

展覧会

題名:白隠展 HAKUIN 禅画に込めたメッセージ
日時:2012年12月22日(土)〜2013年2月24日(日) ※1/1(火)のみ休館
場所:Bunkamura ザ・ミュージアム
入場料:一般 1,400円 高校・大学生 1,000円 中学・小学生 700円
備考:花園大学国際禅学研究所の同展紹介ページはこちら

【更新日:2012年11月8日(木)】

執筆しました

11月5日に中央公論新社から発売された『ほんとうの仏教入門』で白隠さんの項目に「白隠 厳粛かつポップな禅僧」を執筆しています。
A4版・定価1,470円(税込)
ISBN 978-4-12-800108-8

執筆しました

12月18日に平凡社から発売予定の『別冊太陽 日本のこころ203 白隠 衆生本来仏なり』で「禅師、かくの如く自愛せり」を執筆しています。
A4変形版・予価2,520円(税込)
ISBN 978-4-582-92203-5

【更新日:2012年11月5日(月)】

インタビュー

10月27日発売の「PHPビジネスレビュー 松下幸之助塾」2012年11/12月号に、インタビュー記事「『欲望』をいかにして削ぎ落とすか」が掲載されてい ます。

記事

10月28日に行われたボランティア団体「ビハーラ秋田」の結成20周年記念フォーラムの記事「ビハーラ秋田:結成20周年フォーラム 玄侑さん「東北の底力」を講演 」が毎日新聞のサイトに掲載されています。
ビハーラ秋田のサイト内「東北で生きていく」の記事はこちら

対談

11月1日発行の「致知」12月号に、鈴木秀子先生との対談「大震災が気づかせてくれたこと」〜無常の中の幸福を探る〜が掲載されています。
※「致知」は定期購読のみでの販売です。書店では販売しておりません。

エッセイ

11月2日東京新聞掲載のエッセイ「うゐの奥山」第8回は「忌み詞」です。

【更新日:2012年10月31日(水)】

エッセイ

エッセイ「うゐの奥山」第7回「偉くなった私たち」を転載しました。

講演会

題名:日本人の心のかたち
日時:2012年11月1日(木) 開場12時30分・開演13時00分〜
場所:エル・パーク仙台ギャラリーホール(仙台三越定禅寺通館6階・旧141ビル)
入場料:会員・一般で受講料が変わります。
備考:要申込

【更新日:2012年10月22日(月)】

展覧会

題名:特別企画展 宮沢賢治と玄侑宗久〜慈悲の心とその風景
日時:2012年10月20日(土)〜2012年12月9日(日)
場所:こおりやま文学の森
入場料:一般 200円  高校・大学生等 100円 中学生以下無料
備考:展覧会開催に伴い、講演会を行います。

講演会

題名:特別企画展 宮沢賢治と玄侑宗久〜慈悲の心とその風景 講演会
日時:2012年11月13日(火) 13時30分〜15時
場所:ミューカルがくと館 郡山市開成一丁目1番1号
入場料:無料
備考:入場は整理券が必要です。11月1日(木)から市政情報センター・市民文化センター・ミューカルがくと館・こおりやま文学の森資料館で配布します。

インタビュー

インタビュー記事「玄侑宗久さん 3・11後の生き方語る」が北陸中日新聞のサイトに掲載されています。

記事

10月18日に行われた金沢・現代会議の記事「混迷社会に「無心」を 鈴木大拙館1周年で「現代会議」 」が北國新聞のサイトに掲載されています。
金沢・現代会議− 現代に生きる・現代を生きる

おしらせ

朝日新聞の「social A委員会」に参加しました。朝日新聞の記事についてtwitterでつぶやきます。10月31日まで閲覧できます。
朝日新聞 social Aサイト
玄侑宗久twitter

【更新日:2012年10月9日(火)】

インタビュー

三菱UFJリサーチ&コンサルティング発行「SQUET」8月号掲載のインタビュー「禅が教えてくれること」を転載しました。

文庫化

エッセイ集「無功徳」が文庫化されます。
PHP文芸文庫から11月発売予定。定価680円。Amazonにて予約受付中です

新作

現在発売中の「新潮」2012年11月号に短編小説「アメンボ」が掲載されています。

テレビ出演

題名:ETV特集『今よみがえる方丈記〜日本最古の災害ルポタージュを読む』
日時:2012年10月21日(日)22:00〜23:00放送/10月28日(日)0時50分(27日(土)深夜)再放送予定
放送局:NHK Eテレ
詳細:俳優の西岡徳馬さんが「方丈記」を災害の現場で朗読します。

【更新日:2012年10月2日(火)】

エッセイ



宮沢賢治学会イーハトーブセンター機関誌掲載のエッセイ「仕事をしたり笑ったり」を転載しました。

【更新日:2012年9月28日(金)】


新刊のおしらせ。「禅寺モノ語り モノから見える禅b3

テレビ出演のおしらせ。

題名:100分de名著
日時:2012年10月24日(水)23:00〜23:25放送 再放送予定はこちら
放送局:NHK Eテレ
詳細:10月の名著 鴨長明『方丈記』 第4回「不安の時代をどう生きるか?」に出演します。

【更新日:2012年9月27日(木)】


毎日新聞夕刊編集部編「日本よ!(仮)」は、12月発売に変更になりました。

【更新日:2012年9月25日(火)】


9月24日(月)毎日新聞夕刊掲載の自民党総裁選についてのコメントはこちらでご覧頂けます。

【更新日:2012年9月24日(月)】


福島民報 日曜論壇 第48回「全国の線量調査結果」を転載しました。
エッセイ「うゐの奥山」 第6回「人権、この厄介なるもの」を転載しました。

【更新日:2012年9月21日(金)】


9月24日(月)の毎日新聞夕刊に、自民党総裁選についてのコメントが載ります。

新番組のおしらせ。

題名:日本100巡礼  思いの道 願いの道
日時:2012年10月3日(水)スタート 毎週水曜日20:00〜20:54放送
放送局:BS日テレ
詳細:玄侑が番組のナビゲーターを務めます。各界の著名人が玄侑の提案する聖地を訪問。第1回は女優の仁科亜希子さんが長野の善光寺さんを訪れます。

10月19日(金)に集英社文庫から発売になる道尾秀介さんの『光媒の花』に解説を書きました。第23回山本周五郎賞受賞作。6つの章からなる群像劇です。

【更新日:2012年9月18日(火)】


家庭画報」10月号の ACTIVE REST「今月の本」の欄に、『養生事始〜自愛の手引書』についてのインタビュー記事が掲載されています。タイトルは「養生とは、からだと仲よくつきあうこと」です。

PHP Business Review 松下幸之助塾」2012年11/12月号に、インタビュー記事が掲載されます。タイトルは、「〜いかにして「欲望」を削ぎ落とすか〜」です。

講演会のおしらせ。

題名:仙人講座 演題「不測に立ちて無有に遊ぶ」
日時:2012年9月27日(木)13:30〜15:00
詳細:詳しくは遊学館のページをご覧下さい。
場所:山形市遊学館 山形市緑町1丁目2番36号

題名:新潟仏教会主催講演会 第8回 市民のための仏教講座 演題 「死して生まれよ」
日時:2012年10月9日(火)開場18:00 開演18:30
詳細:詳しくは新潟佛教会のページをご覧下さい。
場所: 新潟県民会館大ホール(全席自由)新潟市中央区一番堀通町3-13 TEL025-228-4481
費用:前売り1,000円(当日1,200円)
申込:新潟佛教会の各寺院・新潟県民会館チケットセンター・協賛各社の店頭(ポスターを掲示)

題名:花園大学学長講座 禅とこころ
日時:2012年10月15日(月) 10:40〜12:10
詳細:詳しくは花園大学学長講座のページをご覧下さい。(PDF)
場所:花園大学教堂 京都市中京区西ノ京壺ノ内町8-1
費用:無料
問合:花園大学教務課 TEL075-823-0583

題名:鈴木大拙館開館1周年 金沢・現代会議−現代に生きる・現代を生きる−
日時:2012年10月18日(木) 開場12:00 開演12:30
場所:金沢歌劇座 石川県金沢市下本多町6番丁27番地 TEL076-220-2501
費用:無料
詳細:事前の申し込みが必要です。詳しくはこちらをご覧下さい。

【更新日:2012年9月11日(火)】


新刊のおしらせ。「中途半端もありがたい 玄侑宗久対談集」東京書籍より。b3

【更新日:2012年9月10日(月)】


新刊のおしらせ。「日本よ!(仮)」毎日新聞夕刊編集部編。b3

【更新日:2012年8月28日(火)】


雪月花」を更新しました。http://yaplog.jp/genyu-sokyu/

【更新日:2012年8月27日(月)】


エッセイ「うゐの奥山」 第5回「ご先祖さまもお元気で!」を転載しました。
荘内日報リレーエッセイ第100回「私と読書」掲載の「守られた時間と、天恵」を転載しました。

【更新日:2012年8月20日(月)】


徳間書店「ブッダの言葉」掲載のエッセイ「死して生まれよ〜無常と「もののあはれ」〜」を転載しました。

新潮45 9月号
に「震災から五百日、何も進まず「心的被曝」に喘ぐ福島の現実」が掲載されました。

8月25日にTBSラジオ「土曜朝イチエンタ。堀尾正明+PLUS!」に出演します。

時間:5:30〜8:30
テーマ:「禅と夏目漱石に学ぶ、カラダと心をラクにする作法」


講演会のおしらせ。

題名:第43回日本看護学会 特別講演「震災から学ぶ看護の心」
日時:2012年8月23日(木)14:00〜15:00
場所:静岡県コンベンションセンターGRANSHIP 中ホール

題名:第11回 増長寺主催講演会 演題「東北の底力」
日時:2012年8月29日(水)開場18:00 開演18:30
場所: 岩手県奥州市文化会館Zホール(中ホール)奥州市水沢区佐倉河石橋41 TEL0197-22-6622
費用:500円 (高校生以下無料)入場料は恵まれない子供たちのために全額寄付させていただきます。
申込:増長寺 奥州市水沢区寺小路26 TEL0197-25-8815
定員:500名 定員になり次第締め切ります。

題名:チャリティー講演会「いま、私たちにできること」〜被災地・福島の子どもたちに〜
日時:2012年9月11日(火) 18:30〜20:30
場所:高崎市文化会館(高崎市末広町23番地1)
費用:500円 高崎市と「たまきはる福島基金」に一部が寄付されます。
問合:高野山真言宗・高崎倶楽部 TEL080-3159-9005

題名:第20回 脳の世紀シンポジウム 特別講演「からだの言い分」
日時:2012年9月12日(水) 開場 9:45 特別講演11:00〜12:00
場所:有楽町朝日ホール 東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F
費用:入場無料
申込:要事前申込

【更新日:2012年8月6日(月)】


玄侑が支援委員を務めるふくしまキッズの夏季林間学校が8月23日まで行われています。

【更新日:2012年7月30日(月)】


エッセイ「うゐの奥山」 第4回「五重塔の意地と祈り」を転載しました。

【更新日:2012年7月23日(月)】


福島民報 日曜論壇 第47回「教育委員会という「飾り」」を転載しました。

【更新日:2012年7月17日(火)】


学研「CARTA」2012年盛夏号 〜いちばん新しい「仏像学」〜に、エッセイ『「やむにやまれぬ」仏像と人間』を書きました。

講演会のおしらせ。

題名:ふくしまマスターズ大学
日時:2012年7月22日(日)14時〜15時半
場所:福島市公会堂
入場:参加無料ですが、会員以外の方は入場整理券が必要です。
問合:福島中央学習センター(TEL: 024-534-6631)まで。

新刊のおしらせ。「祈りの作法」新潮社より。

【更新日:2012年7月9日(月)】


会津でエネルギッシュな催しがあります。 ご興味のある方は是非ご参加ください。

題名:第3回全会津シンポジウム
日時:2012年7月22日(日)13時〜
場所:大和川酒造 北方風土館(福島県喜多方市寺町4761)
内容:映画「シェーナウの想い」特別上映・池内了氏講演会・フリーディスカッション
入場:参加自由(資料代500円・高校生以下無料)
主催:福島の未来を考える会・会津地区連絡協議会 
詳しくはこちらをご覧下さい。(PDFファイル)


【更新日:2012年7月4日(水)】


日本弘道会機関誌『弘道』掲載のエッセイ「暮らしの中の宗教」を転載しました。
月刊武道7月号掲載のエッセイ「「無心」の教育」を転載しました。

【更新日:2012年6月26日(火)】


エッセイ「うゐの奥山」 第3回「花御供」を転載しました。

【更新日:2012年6月22日(金)】


新刊のおしらせ。「養生事始〜自愛の手引書」清流出版より。

【更新日:2012年6月1日(金)】


こころの寄り道 辻説法が開催されます。
〜疲れたときはひと休み。なんだか面白くてためになる、 お坊さんの話でココロもほんわか。〜

日時:2012年7月4日(水)16時〜18時
場所:札幌グランドホテル(札幌市中央区北1条西4丁目)地下1階 クリスタルホール
出演:秋田光彦、玄侑宗久、小池龍之介、釈徹宗(五十音順)
入場:無料(来場者多数の場合は整理券を配布)
主催:AIR-G'FM北海道
虚空山彼岸寺のサイトに当日の記事と動画があります。


【更新日:2012年5月30日(水)】


第3回「震災関連プロジェクト〜こころの再生に向けて」シンポジウム・研究会が開催されます。
玄侑が基調報告「福島の現在と宗教の役割と課題」を行います。詳細はこちら(PDFファイル)

日時:2012年7月11日(水)13時〜17時
場所:京都大学稲盛財団記念館3階大会議室
定員:150名 (先着順)
参加資格:特になし
参加費:無料


【更新日:2012年5月28日(月)】


エッセイ「うゐの奥山」 第2回「不自由ゆえの飛翔」を転載しました。
5月30日 南山大学で講演会があります。(開催場所が変更になっています)
雪月花」を更新しました。http://yaplog.jp/genyu-sokyu/

【更新日:2012年5月21日(月)】


福島民報 日曜論壇 第46回「子どもの日の祈り」を転載しました。

【更新日:2012年5月16日(水)】


テレビ出演のおしらせ。
ワールドビジネスサテライト スミスの本棚 5月23日(水)23:00〜テレビ東京系。
中日新聞愛知版にインタビュー記事が載ります。 5月24日(木)掲載。

【更新日:2012年5月15日(火)】


3月発行の「いまこそ私は原発に反対します。」掲載のエッセイ 「もう、理屈ではなく」を転載しました。
雪月花」を更新しました。http://yaplog.jp/genyu-sokyu/

【更新日:2012年5月14日(月)】


講演会のおしらせ。
仙人講座

日時:2012年9月27日(木)13:30〜15:00または16:10
場所:山形市 遊学館ホールにて。
その他:事前の申し込みが必要です。


【更新日:2012年5月13日(日)】


雪月花」を更新しました。http://yaplog.jp/genyu-sokyu/

【更新日:2012年5月10日(木)】


講演会のおしらせ。
2012年度 大谷学会 春季公開講演会 「タテとヨコの文化論 −震災からの復興を巡って−」
5月24日(木)13:00〜16:10 大谷大学講堂にて。

【更新日:2012年5月8日(火)】


連載エッセイ「うゐの奥山」第2回「不自由ゆえの飛翔」が東京新聞に掲載されました。
この連載は毎月最終週に当サイトに転載します。

ラジオ福島 朝から全開! 全開朝ゼミ!月曜日「日日是好日」今後の予定

5月14日「机上の空論」
5月21日「三春駒さまへ」
5月28日「自然消滅」

【更新日:2012年4月26日(木)】


新刊のお知らせ。「学問ノススメ。学校では教えてくれない達人の知恵」JFNより。b3

【更新日:2012年4月23日(月)】


新連載エッセイ「うゐの奥山」が始まりました。
中日新聞、東京新聞、北海道新聞、北陸中日新聞に掲載されます。
第1回「みんな同い年」を転載しました。

【更新日:2012年4月16日(水)】


三春の滝桜と一緒にNHKに出演しました。
NHKスペシャル 東日本大震災「生中継 樹齢千年 滝桜」
4月21日19:30〜20:43
再放送:4月29日(28日深夜) 1:45〜2:58b3

【更新日:2012年4月11日(水)】


講演会のお知らせ。「東日本大震災追悼の集い−被災地に届け、私たちの思い」
上智大学四谷キャンパスにて 4月11日16:30〜18:30。 b3

【更新日:2012年4月9日(月)】


新刊のお知らせ。「【ソリストの思考術】第四巻 玄侑宗久の生きる力」六耀社より。b3

【更新日:2012年2月9日(木)】


映画「アブラクサスの祭」WOWOWシネマ他で放送されます。

http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/100078/



「文學界」3月号、文藝春秋、元外務官僚佐藤優氏との対談掲載中。
タイトルは『沖縄と福島から「日本」を読む』。

http://www.bunshun.co.jp/mag/bungakukai/



3日(金)の「毎日新聞」東京版の夕刊に掲載されたインタビューは、下記サイトでご覧になれます。

特集ワイド:日本よ!悲しみを越えて 作家・玄侑宗久さん
<この国はどこへ行こうとしているのか>「閉じる」こと考えよう−−玄侑宗久さん(55)

http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20120203dde012040010000c.html



「ふくしまからありがとうキャンペーン」実施中です。

http://www.f-thanks.jp/



<2月10日(金)発売!>

雑誌「いきいき」3月号、いきいき株式会社発行
インタビュー記事掲載!「玄侑宗久さんに学ぶ『方丈記』と心のもちよう フクシマ初”ゆらぐ力”で無常を生きる」 http://www.e-ikiiki.net/

【更新日:2012年1月29日(日)】


2月7日(火)仙台で開催される「東北サミット」で講演します。演題は「東北の底力」。参加には申し込みが必要です。下記サイトで確認して下さい。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyagi/feature/tohoku1327330274999_02/index.htm



みずほ総合研究所の会報誌「Fole(フォーレ)」2月号で、分子生物学者の福岡伸一さんと対談しています。

https://www.forum-m.jp/htdocs/info/info_keiei/k01_fole.html



「新潮45」 短期集中連載「放射能と暮らす」第三回「蜘蛛のなかの銀」を転載しました。eb



「中央公論」2012年1月号「さすらいの佛教語」「愛 嬌」と2月号「方 丈」を転載しました。eb

尚、次号(2月10日発売)で、同連載は最終回です。最終回のタイトルは「菩提(ぼだい)」です。長い間御愛読ありがとうございました。

【更新日:2012年1月26日(木)】


1月27日(金)「報道STATION」(月〜金夜9:54〜)にゲスト出演します。

【更新日:2012年1月22日(日)】


新刊のお知らせ。「地蔵のこころ 日本人のちから」佼成出版社より。b3



「新潮45」2月号発売中です。
http://www.shinchosha.co.jp/shincho45/newest/
短期集中連載「放射能と暮らす」第四回「面子と慈愛のはざまで」

【更新日:2012年1月15日(日)】


「新潮45」 短期集中連載「放射能と暮らす」第二回「この秋の、切なる願い」を転載しました。eb



元旦号の「読売新聞」福島版に載ったコメントです。復興へメッセージ「『中道』の立場で冷静に」 eb
【更新日:2012年1月29日(日)


2月7日(火)仙台で開催される「東北サミット」で講演します。演題は「東北の底力」。参加には申し込みが必要です。下記サイトで確認して下さい。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyagi/feature/tohoku1327330274999_02/index.htm



みずほ総合研究所の会報誌「Fole(フォーレ)」2月号で、分子生物学者の福岡伸一さんと対談しています。

https://www.forum-m.jp/htdocs/info/info_keiei/k01_fole.html



「新潮45」 短期集中連載「放射能と暮らす」第三回「蜘蛛のなかの銀」を転載しました。eb



「中央公論」2012年1月号「さすらいの佛教語」「愛 嬌」と2月号「方 丈」を転載しました。eb

尚、次号(2月10日発売)で、同連載は最終回です。最終回のタイトルは「菩提(ぼだい)」です。長い間御愛読ありがとうございました。

【更新日:2012年1月26日(木)


1月27日(金)「報道STATION」(月〜金夜9:54〜)にゲスト出演します。

【更新日:2012年1月22日(日)


新刊のお知らせ。「地蔵のこころ 日本人のちから」佼成出版社より。b3



「新潮45」2月号発売中です。
http://www.shinchosha.co.jp/shincho45/newest/
短期集中連載「放射能と暮らす」第四回「面子と慈愛のはざまで」

【更新日:2012年1月15日(日)


「新潮45」 短期集中連載「放射能と暮らす」第二回「この秋の、切なる願い」を転載しました。eb



元旦号の「読売新聞」福島版に載ったコメントです。復興へメッセージ「『中道』の立場で冷静に」 eb

【更新日:2012年1月1日(日)


新年あけましておめでとうございます。

「雪月花」を更新しました。http://yaplog.jp/genyu-sokyu/



月刊「清流」清流出版社、2012年2月号発売!
連載「いのちの養生法」第41回「鍼をさす事はいかん?」掲載。
http://www.seiryupub.co.jp/m_seiryu/index.html



<15日(日)号に掲載>

「福島民報」連載中「日曜論壇」に「ダルマの一文字」が載ります。「日曜論壇」は「福島民報」http://www.minpo.jp/のサイトに(論説・あぶくま抄)掲載されることになりました。



<10日(火)発売!>

「中央公論」2月号発売、連載中「さすらいの佛教語」第八十一回のタイトルは「方 丈」です。
http://www.chuokoron.jp/



元旦号の「読売新聞」福島版にコメントが載ります。タイトルは、復興へメッセージ「『中道』の立場で冷静に」



「新潮45」短期集中連載「放射能を生きる」、発売中の2012年1月号は第3回「蜘蛛のなかの銀」です。ご一読ください。
http://www.shinchosha.co.jp/shincho45/



<3日(火)号に掲載>

「中外日報」に島薗進先生との対談「被災地の祈りと復興への道(上)」掲載。この対談は、2度にわたって掲載されます。(下)は7日(土)掲載予定。

http://www.chugainippoh.co.jp/

【更新日:2011年12月11日(日)】


「中央公論」12月号、連載中「さすらいの佛教語」「露 地」を転載しました。eb



「雪月花」を更新しました。http://yaplog.jp/genyu-sokyu/

【更新日:2011年12月8日(木)


<10日(土)発売!>

「中央公論」2012年1月号、連載中「さすらいの佛教語」タイトルは「愛 嬌」です。



「ラジオ版学問ノススメ」ゲスト出演します。b3



「たまきはる福島基金」皆さん、よろしくお願いいたします。

http://www.osyf.or.jp/ 



----青空発WEB新聞----「福島みんなのNEWS」に、エッセイ「復興への思い」「わからないことと向き合う」が掲載されました。

http://www.fukushima-net.com/



12月11日(日)に「ふくしま未来ミーティング」という大きなワークショップを福島大学で開催する「Link with ふくしま」のご紹介です。興味のある方はご覧下さい。

http://link-with-fukushima.blogspot.com/2011/11/1211.html

2017年2016年2015年2014年2013年2012年以前
前に戻るup