bお知らせ
bプロフィール
b新刊案内
b出版一覧
bインタビュー
b対 談
b雪月花
bエッセイ
b書 評
bその他
bAudio&Visual
b講演会
b読者の声


購買部 ご利用案内 お問い合せ

2017年2016年2015年2014年2013年2012年以前

【更新日:2015年12月25日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:12月28日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:等
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年12月24日(木)】

おしらせ

奥野修司氏の「看取り先生の遺言」に、解説「〜『あの世』への旅路〜」を書きました
発売日:2016年1月4日
出版社:文藝春秋(文春文庫)
ISBN:978-4-16-790538-5
定価:本体710円+税
著者:奥野修司

【書籍紹介文より】
治らないガン患者の在宅ケアに、自らガンで亡くなるまで力を振り絞った岡部健医師。
その末期の思いを、奥野修司氏が丁寧にまとめた丹精の一冊である。
帯文は解説からの引用。「この本を熟読するだけで、がんや死への向き合い方が相当変わるはずである」。岡部氏は、医師でありながら末期の「お迎え現象」に注目し、それなら宗教者による死への伴奏が必要と、「臨床宗教師」養成に乗りだす。まさに奇特の一事である。
>>文藝春秋のサイトで試し読みできます

おしらせ

サンガジャパンvol.22に石井光太氏と玄侑の対談が掲載されています。

>>サンガ

【更新日:2015年12月21日(月)】

エッセイ

エッセイ「うゐの奥山」第45回「南都隣山会」を転載しました。

【更新日:2015年12 月18日(金)】

講演会

講演会一覧を見る

玄侑宗久講演会 意識の使い方
日時:2016年3月15日(火)14:00〜15:30
場所:朝日カルチャーセンター千葉(千葉県千葉市中央区中央1丁目11-1 )
参加費:会員2,808円 一般 3,348円
申込:受付中
内容:意識を上手に用いると、無意識をも動かすことができる。頭の使い方は、モノを考えるだけではなく、こういう使い方もあるのかと実感していただきたい。いわば脳の省エネモードである。幾つかの実践を交えながら、ご一緒に体験してみたい。
>>朝日カルチャーセンター千葉

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:12月21日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:指定廃棄物
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年12月14日(月)】

おしらせ

福岡伸一の知恵の学校
ただの本好きから、「プロ読者」へ。目指せ、ブックマイスター!
福岡伸一氏が校長を務める「知恵の学校」第一期生を募集しています。
玄侑も講師として参加します。
>>福岡伸一の知恵の学校

【更新日:2015年12月11日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:12月14日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:鶴と亀
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年12月9日(水)】

おしらせ

文藝春秋1月号(12月10日発売)の特集「日本を変えた平成51大事件」のなかで、「【平成23年】 福島原発事故 『分断』の壁は厚くなるばかり」 を書いています。
>>文藝春秋WEB

【更新日:2015年12月8日(火)】

おしらせ

村上隆の五百羅漢図展 トークイベント Japanese Dual Standard
お申し込み受付中です。詳細は展覧会公式サイト「イベント」のページをごらん下さい。
日時:平成28年2月20日(土)
現代美術作家・村上隆氏の大型個展「村上隆の五百羅漢図展」開催に伴い、日本文化と村上作品について語るトークイベント「Japanese Dual Standard」を開催します。
>>マイナビニュースの記事
>>村上隆の五百羅漢図展

トークイベント「Japanese Dual Standard」の詳細が公開されました
――「両行」による産霊(むすび)――
漆器を「japan」と命名したのは秀逸である。その制作過程には、「塗る」「磨く(削る)」という相反する行為の反復があり、それが「たまかぎる」仄かな光を産みだす。村上氏の最近の一円相にそのような味わいを感じるのは、おそらく私だけではないだろう。思えば氏の内面ではずっと大胆さと繊細さ、饒舌と寡黙、荒涼と肥沃など、相反するベクトルがぶつかりあい、制作のエネルギーを産みだしてきた。じつはこれこそ『古事記』以来の日本の伝統藝であることを、検証してみたいのである。――玄侑宗久
出演:玄侑宗久(作家、福聚寺住職、花園大学客員教授)
日時:2016年2月20日(土) 15:00-16:30(開場:14:30)
会場:森美術館オーディトリアム
定員:100名(要予約)
料金:無料(要展覧会チケット)

【更新日:2015年12月4日(金)】

新刊

ないがままで生きる
発売日:2016年1月5日
出版社:SBクリエイティブ
本体価格:864円(税込・本体800円)
ISBN:9784797384802

内容:
自由で活発な心が立ちあがる本!
現代人は、とかく「自己」「目標」「分別」「知識」「想定」「秩序」などにとらわれがち。
臨済宗の僧侶であり、作家でもある玄侑和尚が、これらにとらわれた現代人の心を6つの「無」の禅語からゆるゆるとほどきます。

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:12月7日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:誤爆
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

エッセイ

エッセイ「うゐの奥山」第44回「なしくずし」を転載しました。

【更新日:2015年11月27日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:11月30日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:先祖と倫理
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年11月24日(火)】

おしらせ

ブック・アサヒ・コムのコラム「再読 こんな時 こんな本」にて、玄侑の「四雁川流景」が紹介されています。
>>再読 こんな時 こんな本
>>四雁川流景の書籍情報

講演会

講演会一覧を見る

龍雲寺ダンマトーク(法話会) 申し込み受付中です
日時:2016年1月23日(土)14:30〜
場所:龍雲寺(東京禅センター向い)
参加費:無料(入り口に設置されるおかげさま募金箱にご協力いただけましたら幸いです)
申込:受付中
内容:もっと仏教、禅をわかりやすく話してくれる講座を作ってもらいたい、以前から寄せられていたこんなご要望にお応えします。龍雲寺ダンマトーク(法話会)は、一般の皆さま向けに龍雲寺さまと共催で開催する禅を身近に感じられる法話の集いです。今年度は臨済宗を代表するにふさわしい豪華講師陣により、思う存分禅に触れていただきたいと思います。また、各回講師の法話の前に次代を担う若手布教師の法話もお聞きいただけます。
>>申し込み・詳細

【更新日:2015年11月20日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:11月23日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:臨床宗教師
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年11月18日(水)】

新刊

仏教の知恵 禅の世界
発売日:2015年11月19日
出版社:大法輪閣
本体価格:2,376円(税込・本体2,200円)
ISBN:9784804682075

内容:
河合隼雄、玄侑宗久、小松和彦、横山紘一など15人の碩学が、それぞれの立場から「仏教」「禅」を掘り下げ、語りつくす。
仏教学はもちろん心理学、美術、民俗学など様々な切り口で仏教や禅の真髄に迫る、珠玉の講演集!
河合隼雄・佐々木閑・吉津宜英・横山紘一・立川武蔵・蓑輪顕量・小松和彦・玄侑宗久・木村清孝・永井政之・尾崎正善・中尾良信・大谷哲夫・竹村牧男・中祖一誠

【更新日:2015年11月13日(金)】

おしらせ

映画「岸辺の旅」にコメントを寄せています。
第68回カンヌ映画祭「ある視点」部門監督賞受賞
原作 湯本香樹実
監督 黒沢清
出演 深津絵里 浅野忠信
>>「岸辺の旅」公式サイト
>>「岸辺の旅」コメントページ

おしらせ

第14回「母から子への手紙コンテスト」表彰式・玄侑宗久講演会
日時:2015年12月6日(日) 11:30〜(表彰式は10:00から)
場所:猪苗代町体験交流館 学びいな(福島県耶麻郡猪苗代町鶴田141-1)
演題:二つの人生観
入場:無料
※画像をクリックで大きく表示します(PDF)。

おしらせ

現代語訳 十牛図(仮)
発売日:2016年1月28日
出版社:PHP研究所
本体価格:1404円(税込・本体1300円)
ISBN:9784569827872

内容:
十牛図は失われた牛(自己)を探し求めて旅し、故郷に連れ帰る絵物語。悟りのプロセスがわかる禅の古典をわかりやすく現代語訳した。
訳 水野聡
解説・監修 玄侑宗久

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:11月16日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:しおかぜ荘
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年11月11日(水)】

おしらせ

奈良市の東大寺、興福寺、西大寺、唐招提寺、薬師寺、斑鳩町の法隆寺でつくる南都隣山会から東日本大震災への義援金としてたまきはる福島基金、JETOみやぎ、日本赤十字社県支部へ1200万円が贈呈されました。
>>毎日新聞の記事はこちら

【更新日:2015年11月9日(月)】

おしらせ

第14回「母から子への手紙コンテスト」の審査結果が発表されました。
表彰式:2015年12月6日(日) 10:00〜
場所:猪苗代町体験交流館 学びいな(福島県耶麻郡猪苗代町鶴田141-1)
表彰式に合わせて玄侑の講演会が開催されます。
>>福島民友の記事はこちら

講演会

講演会一覧を見る

九州文化塾 第19期 第9回
日時:2015年12月10日(木)13:00 〜 15:00
会場:福岡シンフォニーホール
テーマ:風流に生きる
対象:九州文化塾会員(入会についてはこちらをごらん下さい
備考:講演の前にミニ・コンサートがあります。
申込・問合:九州文化塾事務局 電話:092-711-7536 FAX:092-752-1722
>>九州文化塾のサイトはこちら

【更新日:2015年11月6日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:11月9日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:再稼動とネジレ
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年11月2日(月)】

講演会

講演会一覧を見る

みはる小さな旅で大きな発見!
芥川賞作家 玄侑宗久氏の法話と坐禅体験〜 仏法に触れ 心の自由をとりもどす一日 〜

日時:平成27年12月1日(火)9:45福聚寺集合 14:30すぎ終了予定
会場:福聚寺 本堂(福島県田村郡三春町字御免町194)
定員:30名
内容:玄侑の法話、坐禅体験、精進弁当、福聚寺所蔵の文化財拝観

三春町観光ボランティアガイドによる福聚寺境内や周辺の歴史散策
特典として、玄侑宗久サイン入り著書「『いのち』のままに 心の自由をとりもどす禅的瞑想法」を進呈いたします。

締切:平成27年11月25日(水)
参加費:5,000 円(昼食付)
交通:郡山駅より無料送迎バス運行。行きは9時15分に駅を出発します。

自家用車の方は公共駐車場が無料で使用できます。駐車場から福聚寺までは徒歩約300mです。

申込・問合:三春まちづくり公社/みはる観光協会 電話0247-62-3690

>>詳しくはここをクリックしてチラシをごらん下さい。(pdf)

エッセイ

エッセイ「日曜論壇」第65回「オノマトペ」を転載しました。

おしらせ

村上隆の五百羅漢図展 トークイベント Japanese Dual Standard
日時:平成28年2月20日(土)
現代美術作家・村上隆氏の大型個展「村上隆の五百羅漢図展」開催に伴い、日本文化と村上作品について語るトークイベント「Japanese Dual Standard」を開催します。
>>マイナビニュースの記事はこちら
>>村上隆の五百羅漢図展のサイトはこちら

トークイベント「Japanese Dual Standard」の詳細が公開されました
――「両行」による産霊(むすび)――
漆器を「japan」と命名したのは秀逸である。その制作過程には、「塗る」「磨く(削る)」という相反する行為の反復があり、それが「たまかぎる」仄かな光を産みだす。村上氏の最近の一円相にそのような味わいを感じるのは、おそらく私だけではないだろう。思えば氏の内面ではずっと大胆さと繊細さ、饒舌と寡黙、荒涼と肥沃など、相反するベクトルがぶつかりあい、制作のエネルギーを産みだしてきた。じつはこれこそ『古事記』以来の日本の伝統藝であることを、検証してみたいのである。――玄侑宗久
出演:玄侑宗久(作家、福聚寺住職、花園大学客員教授)
日時:2016年2月20日(土) 15:00-16:30(開場:14:30)
会場:森美術館オーディトリアム
定員:100名(要予約)
料金:無料(要展覧会チケット)
お申し込み:お申し込み開始日は、後日、展覧会ウェブサイトにてお知らせします。

【更新日:2015年10月30日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:11月2日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:雲龍図
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

おしらせ

10月30日(金)毎日新聞朝刊 Listening:<論点>加速する原発回帰 本文はこちら

【更新日:2015年10月26日(月)】

おしらせ

10月30日(金)の毎日新聞朝刊「論点」のコーナーに「原発の再稼働」というテーマでインタビュー記事が掲載されます。

【更新日:2015年10月23日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:10月26日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:律儀な私たち
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年10月20日(火)】

講演会

講演会一覧を見る

鴻巣市仏教会主催 第18回 わかる仏教講演会
演題:風流に生きる
日時:2015年11月4日(水)12:00開場 12:50開演
場所:クレアこうのす大ホール(埼玉県鴻巣市中央29−1)
入場:無料(入場整理券が必要です。当日、会場受付にて入場整理券の配布があります
清興:和太鼓演奏 上田秀一郎先生・豊山太鼓『千響(せんきょう)』(真言宗豊山派)
問い合わせ:鴻巣市仏教会長 宝持寺 電話番号048-596-0729

>>チラシPDFはこちら

おしらせ

水口咲さんの展覧会案内にエッセイ「葆光(ほうこう)」を寄せています。

水口咲 漆展
日時:2015年10月29日(木)〜11月3日(火)10:00〜19:00
場所:高木糀商店(石川県金沢市東山1-9-3)
定休日:なし
>>展覧会案内はこちら
リンク先の画像を2回クリックで拡大表示され、エッセイが読めます。

講演会

講演会一覧を見る

大本山妙心寺微笑会
演題:禅と自然
日時:10月22日 10:30〜12:00
場所:妙心寺法堂(京都府京都市右京区花園妙心寺町1)
主催:京都市文化財保護委員会 会長・稲盛和夫氏
※一般の方は入堂できません。

【更新日:2015年10月19日(月)】

エッセイ

エッセイ「うゐの奥山」第43回「線状降水帯」を転載しました。

【更新日:2015年10月16日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:10月19日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:軽減税率
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年10月9日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:10月12日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:アマチュアリズム
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年10月8日(木)】

インタビュー

月刊MOKU11月号の家族特集に玄侑のインタビューが掲載されます。
発売日:11月1日
出版社:MOKU出版株式会社
本体価格:1851円(税込)
>>月刊MOKUのサイトはこちら

【更新日:2015年10月5日(月)】

おしらせ

養老孟司氏『考えるヒト』文庫版に解説を書きました
養老孟司氏の『考えるヒト』文庫版に玄侑が解説「自然史派のplayfulness」を書いています。
発売日:2015年10月7日
出版社:筑摩書房
本体価格:660円+税
ISBN:9784480433008

内容(筑摩書房書籍ページより)
「唯脳論」をより平易に解き明かした入門書、待望の文庫化
意識の本質とは何か。私たちはそれを知ることができるのか。脳と心の関係を探り、無意識に目を向ける。自分の頭で考えるための入門書。
>>筑摩書房の『考えるヒト』文庫版ページはこちら

【更新日:2015年10月2日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:10月5日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:一と口(ひとくち)
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年9月28日(月)】

おしらせ

読売新聞のサイトに前田英樹氏(批評家・立教大教授)による『仙香iせんがい) 無法の禅』の書評が掲載されています。

【更新日:2015年9月25日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:9月28日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:頓悟漸修
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年9月24日(木)】

エッセイ

エッセイ「うゐの奥山」第42回「立秋とお盆」を転載しました。

【更新日:2015年9月18日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:9月21日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:老人力
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年9月16日(水)】

講演会

講演会一覧を見る

村上隆の五百羅漢図展 Japanese Dual Standard
日時:平成28年2月20日(土)
現代美術作家・村上隆氏の大型個展「村上隆の五百羅漢図展」開催に伴い、日本文化と村上氏の作品について語るトークイベント「Japanese Dual Standard」を開催します。
>>マイナビニュースの記事はこちら
>>村上隆の五百羅漢図展のサイトはこちら

トークイベント「Japanese Dual Standard」の詳細が公開されました
――「両行」による産霊(むすび)――
漆器を「japan」と命名したのは秀逸である。その制作過程には、「塗る」「磨く(削る)」という相反する行為の反復があり、それが「たまかぎる」仄かな光を産みだす。村上氏の最近の一円相にそのような味わいを感じるのは、おそらく私だけではないだろう。思えば氏の内面ではずっと大胆さと繊細さ、饒舌と寡黙、荒涼と肥沃など、相反するベクトルがぶつかりあい、制作のエネルギーを産みだしてきた。じつはこれこそ『古事記』以来の日本の伝統藝であることを、検証してみたいのである。――玄侑宗久
出演:玄侑宗久(作家、福聚寺住職、花園大学客員教授)
日時:2016年2月20日(土) 15:00-16:30(開場:14:30)
会場:森美術館オーディトリアム
定員:100名(要予約)
料金:無料(要展覧会チケット)
お申し込み:お申し込み開始日は、後日、展覧会ウェブサイトにてお知らせします。

【更新日:2015年9月11日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:9月14日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:コピペ
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年9月4日(月)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:9月7日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:44854人
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年9月3日(木)】

講演会

講演会一覧を見る

こころの好縁会
日時:平成27年9月27日(日) 12:00開場 13:00開演
場所:岐阜グランドホテル 岐阜県岐阜市長良648番地
講演:姜尚中氏「悪について」

玄侑宗久「律義な私たち」

鼎談:「この国はどこに向かうのか?」

姜尚中氏、玄侑宗久 進行・小出宣昭中日新聞社社長

入場:3,800円(全席指定)
JR岐阜駅から岐阜グランドホテル会場まで専用シャトルバス運行
申込:中日ツアーズ 052-231-0800
>>中日新聞の記事はこちら

【更新日:2015年8月31日(月)】

書評

大城立裕氏の短編集『レールの向こう』の書評を書きました。
新潮社PR誌「」9月号に掲載されています。

エッセイ

エッセイ「日曜論壇」第64回「「洗い」と「石場建て」」を転載しました。

【更新日:2015年8月28日(金)】

エッセイ

エッセイ「うゐの奥山」第41回「加持の力」を転載しました。

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:8月31日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:構想なき復興
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年8月27日(木)】

インタビュー

大分合同新聞の国内・海外ニュース【原発再稼働を語る】第4回にインタビューが掲載されています。

講演会

講演会一覧を見る

頓悟漸修という生き方
日時:2015年9月5日(土)13:00開場 13:30開演
場所:花園大学図書館ホール(京都市中京区)
入場:1,000円(特別企画の参加費は別)
申込:中外日報社
内容:禅は六祖の後、「頓悟」「漸悟」という二つの潮流に分かれるのだが、これは禅の教学的な問題というより、人生上の問題である。現代における禅的な生き方を考えてみたい。

中外日報社主催の「宗教文化講座」第4回に登壇します。
講演前に料亭「阿じろ」にて精進料理を味わう企画は定員に達しました。
講演会は受付中です。
>>詳しくはこちら

講演会

講演会一覧を見る

臨床心理学者と禅僧による 笑門来福!好縁会
日時:2015年9月12日(土)13:30〜受付
場所:磐梯熱海温泉 清稜山倶楽部(京都市中京区)
入場:2,500円
申込:好縁会事務局

代表者氏名・参加人数・住所・電話番号を明記の上、以下のいずれかにてお申し込みください。
メール kotokaze263@yahoo.co.jp
はがき 〒963-8046 福島県郡山市町東2丁目140 好縁会事務局
FAX 024-961-1920

内容:13:30〜 好演「家庭内パラドックス」震災後の家族臨床から 長谷川啓三氏

好演後半 漫才の思想と実践 漫才実習
14:45〜 好演「風にまかせて生きる」玄侑宗久
15:45〜 著書サイン会

>>詳しくはこちら

講演会

講演会一覧を見る

龍雲寺ダンマトーク(法話会)
日時:2016年1月23日(土)14:30〜
場所:龍雲寺(東京禅センター向い)
参加費:無料(入り口に設置されるおかげさま募金箱にご協力いただけましたら幸いです)
申込:11月7日午前9時より
内容:もっと仏教、禅をわかりやすく話してくれる講座を作ってもらいたい、以前から寄せられていたこんなご要望にお応えします。龍雲寺ダンマトーク(法話会)は、一般の皆さま向けに龍雲寺さまと共催で開催する禅を身近に感じられる法話の集いです。今年度は臨済宗を代表するにふさわしい豪華講師陣により、思う存分禅に触れていただきたいと思います。また、各回講師の法話の前に次代を担う若手布教師の法話もお聞きいただけます。
>>申し込み・詳細はこちら

【更新日:2015年8月24日(月)】

講演会

講演会一覧を見る

福島県内の全原発の廃炉を求める会講演会
日時:2015年8月29日(土)開場13:00 開演13:30 終了16:00頃
場所:伊達ふるさと会館MDDホール(福島県伊達市前川原63)
入場:無料
申込:不要
内容:高畑勲監督講演「さわらぬカクにたたりなし」

玄侑宗久講演「自然の復権」


『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』『かぐや姫の物語』などのアニメ映画監督・高畑勲氏と玄侑宗久の講演会が行われます。
>>講演会のチラシはこちら(PDF)

【更新日:2015年8月21日(月)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:8月24日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:民意と選挙制度
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年8月17日(月)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:8月17日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:あはれとあっぱれ
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年8月7日(金)】

テレビ

番組:宮崎美子のすずらん本屋堂
日時:8月14日(金) 22:00〜22:54
放送局:BS11
テーマ:仙香@無法の禅

番組紹介より
いま売れている本、これから話題になりそうな本、さらに時代を超えて心に響く本・・・、 読みたかった本に出会える知的エンターテインメント番組です。

>>番組サイトはこちら

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:8月10日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:有縁無縁
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年7月31日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:8月3日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:集団的自衛権
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年7月27日(月)】

講演会

講演会一覧を見る

不二のお山とヤンジさん
日時:2015年9月18日(金)18:00〜
場所:富士吉田市 ふじさんホール(富士五湖文化センター)
入場:無料

「李良枝文学碑実行委員会」では、富士吉田市で育った芥川賞作家、李良枝(イヤンジ・1955〜1992)さんの文学を広め、碑の建立を進めています。
活動の一環として玄侑の講演会を実施します。

【毎日新聞の記事より】

富士吉田市で育った芥川賞作家、李良枝(イヤンジ)(1955〜1992)の文学を広め、碑の建立を進めている「李良枝文学碑実行委員会」(山下淳子会長)は25日、第65回市制祭「市民夏まつり」の会場で文学碑建立のための賛助金と署名活動をした。

西桂町生まれの李は4歳で同市に移った。小学生の時、韓国出身の両親が日本国籍を取得。日本国籍となり、田中淑枝と名乗った。

27歳で韓国・ソウル大に留学したころから小説を書き始め89年、「由熙(ユヒ)」で芥川賞を受賞。故国韓国と、生まれ育った日本で日本人として生きることに抵抗を覚えながらも生き抜く作品を書き、92年に37歳で病気で亡くなった。

生誕60年の今年に入り、県立吉田高の同級生らが文学碑建立に向けた実行委員会を設立。現在、小中学校、高校の同級生や妹の同級生ら実行委約30人が集めた署名は4000人、賛助金は約90万円にのぼる。

実行委は、200万円を目標に賛助金を集め、李の誕生日である来年3月15日をめどに文学碑を富士山が見える場所に建て、同市立図書館に「李良枝コーナー」を設置したいとしている。県立吉田高時代の同級生で実行委の渡辺洋子事務局長は「淑枝ちゃんの文学を広めていきたい」と話している。

賛助金(1口1000円)の振込先は都留信用組合本店普通1129212同実行委か、「ゆうちょ銀行」00250−0−136990同実行委。問い合わせは同実行委の渡辺事務局長(電話090・3222・7230)。

>>毎日新聞の記事はこちら
>>「芥川賞作家、李良枝を知ってますか?」facebookページはこちら

おしらせ

絵画&陶 -静寂の声に託して- 伊藤彰規・矢萩典行 作品展
日時:2015年8月6日(木) 〜2015年8月12日(水)11:00〜18:00
場所:北見市北1条西2丁目 勉強屋バークレー2階
入場:無料

玄侑の友人、伊藤彰規氏と矢萩典行氏が北海道北見市で展覧会を行います。
伊藤氏は玄侑の『水の舳先』『御開帳綺譚』(単行本)『中陰の花』(文庫本)にてカバー画を描いてくださいました。

おしらせ

みちのくアート巡礼キャンプ
東北で今後なんらかの活動を志す11名のアーティスト、企画者たちを対象としたワークショップが開かれ、玄侑は合宿ワークショップに講師として参加します。
>>みちのくアート巡礼キャンプのサイトはこちら

【更新日:2015年7月24日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:7月27日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:シロヤシオ
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年7月22日(水)】

エッセイ

エッセイ「うゐの奥山」第40回「川内村とシロヤシオ」を転載しました。

【更新日:2015年7月17日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:7月20日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:へびとかえる
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年7月16日(木)】

催し

講演会一覧を見る

第16回サンガクラブ『祈りの現場』刊行記念 石井光太×玄侑宗久対談講演
作家・石井光太氏初の対話集『祈りの現場――悲劇と向き合う宗教者との対話』の刊行記念イベントです。
残席がございます。下記窓口へお問い合わせください。
日時:2015年7月20日(祝)

16:00〜18:00(15:30開場)

場所:昇龍館ビル2階

東京都千代田区神田小川町3-28-7
JR御茶ノ水駅 聖橋口より徒歩5分 会場地図

費用:一般:2,500円

サンガジャパン定期購読ご契約の方:1,800円
参加当日に定期購読ご契約の方:無料(別途、定期購読料5,250円)

申込:メール予約受付窓口:samghaclub@samgha.co.jp

電話:03-6273-2181/FAX:03-6273-2182 

>>詳しい内容はこちら
>>石井光太氏のサイトはこちら

【更新日:2015年7月13日(月)】

おしらせ

7月10日発売の文藝春秋8月号「巨弾特集・戦後70年 崩壊する神話」に、エッセイ「忘れられたお寺とお墓」が掲載されています。

【更新日:2015年7月10日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:7月13日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:談合
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年7月9日(木)】

おしらせ

大法輪8月号(7月8日発売・特集:誰にもわかる〈禅〉入門 )に、玄侑の巻頭エッセイ「禅における『不易』と『流行』」が掲載されています。
>>大法輪のサイトはこちら

【更新日:2015年7月7日(火)】

おしらせ

仏教界の専門誌「月刊住職」にて新連載「日日是薩婆訶(にちにちこれそわか)」が始まりました。
7月1日発売の7月号より掲載されています。特定の何日間かの日記的な記録です。
>>月刊住職のサイトはこちら

エッセイ

エッセイ「日曜論壇」第63回「牛五郎の恋と平和」を転載しました。

【更新日:2015年7月6日(月)】

インタビュー

日経おとなのOFF 2015年8月号にインタビュー「“やむを得ず”することが最も尊いのです」が掲載されています。

【更新日:2015年7月3日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:7月6日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:袋小路
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年7月2日(木)】

講演会

講演会一覧を見る

玄侑宗久講演会 風流に生きる
日時:2015年7月3日(金) 13:30開場 14:00〜15:30
場所:朝日会館15階・朝日ホール (愛知県名古屋市中区栄1−3−3)
入場:会員3,240円、一般3,564円

当日会場での受講料のお支払いは、お取り扱いできません。
ご予約のうえ、窓口ご利用、あるいは銀行口座へお振込み願います。

問合せ:朝日カルチャーセンター名古屋 052-249-5553

朝日カルチャーセンター 講演会紹介ページより
風流といえば花鳥風月などを思い浮かべる方が多いかもしれない。しかしこの言葉、もともと禅語である。「ゆらぎ」とも受け取れるし、「ゆらぎ」を楽しむ感覚とも思える。どんなことでも結局はゆらいで重心を取り直し、楽しんでしまうのが「風流ならざる処もまた風流」という在り方だ。日本人の人物についても「風流」を用い、また「風貌」「風格」などにも「風」が入っている。どうしてこんなに「風」が好きなのだろう?ご一緒に考えてみたい。

当日会場にて書籍を購入頂いた方を対象に、サイン会を予定しています。

【更新日:2015年7月1日(水)】

講演会

講演会一覧を見る

大本山健仁寺 平成27年度暁天坐禅会 緑陰講座
日時:2015年7月10日(金)坐禅開始6:30〜、緑陰講座7:10〜 終了8:00前後
場所:京都市東山区大和大路通四条下る小松町
費用:無料
申込:不要
演題:観自在

暁天坐禅会並びに緑陰講座は7月10日(金)〜12日(日)の3日間に亘り開催されます。
7月11日(土)
講師 追手門学院大学教授 佐藤 友美子氏
演題 『成熟社会を共に生きる』
7月12日(日)
建仁寺派管長 小堀泰巌老大師
提唱 碧巌録第五十八則 『趙州分疎不下(じょうしゅうぶんそふげ)』

>>詳細はこちら
>>健仁寺公式サイトはこちら

催し

講演会一覧を見る

第6回東日本大震災関連シンポジウム こころの再生に向けて
5年目を迎えた被災地の「復興」と現実

日時:2015年7月9日(木) 13:00〜17:30
場所:京都大学稲森財団記念館3階大会議室 京都市左京区吉田下阿達町46
入場:無料(申込不要。当日直接会場にお越し下さい。定員150名)
内容:

趣旨説明
鎌田東二氏(京都大学こころの未来研究センター・教授(宗教哲学・民俗学))
基調報告(1)
「福島、いとあはれなり」
玄侑宗久(作家/福聚寺(福島県三春町)・住職)
基調講演(2)
「被災地に誕生する"祈りの場"」
鈴木岩弓氏(東北大学・教授(宗教民俗学))
基調報告(3)
「被災地の記憶と震災伝承:気仙沼震災伝承マップの取り組み」
稲場圭信氏(大阪大学・准教授(宗教社会学))
基調報告(4)
「津波復興太鼓:マインドフルネスとレジリエンスの視点から」
井上ウィマラ氏(高野山大学・教授(スピリチュアルケア))
コメンテーター
金子昭氏(天理大学・教授(倫理学))
黒崎浩行氏(國學院大學・准教授(宗教学・神社地域論))
司会
鎌田東二氏
問合せ:京都大学こころの未来研究センター・リエゾン
kokoro-liaison*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp(お手数ですが、*を@に変えてください。)
>>詳細はこちら

【更新日:2015年6月29日(月)】

おしらせ

7月10日発売の文藝春秋8月号に、随想「忘れられたお寺とお墓」が掲載されます。

【更新日:2015年6月26日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:6月29日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:たまきはる
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年6月22日(月)】

エッセイ

エッセイ「うゐの奥山」第39回「大工さんと大工蜂たち」を転載しました。

【更新日:2015年6月19日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:6月22日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:カーペンタービー
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年6月12日(金)】

おしらせ

ありをりある.comに、仙香@無法の禅の編集・校正をお手伝いくださったむとうさんによる紹介文が掲載されています。

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:6月15日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:蛙
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年6月8日(月)】

講演会

講演会一覧を見る

「仏教法話」〜風流に生きる〜
日時:2015年8月3日(月) 13:00〜14:30
場所:NHKカルチャーいわき教室

いわき市平字小太郎町3-4 NHKいわき放送会館内

費用:会員2,500円 一般(入会不要)3,000円

講演会案内ページより
震災後、「風流」という言葉が私の中で蘇生してきた。平安時代から使われたこの言葉の原義は、「ゆらぎ」。日本人にとっては味のある人柄も意味した。マニフェストやマニュアルを用いず、揺れながら直観で判断する日本的な生き方を、あらためて考えてみたい。

>>申し込み・詳しい内容はこちら

【更新日:2015年6月5日(金)】

おしらせ

大法輪8月号(7月8日発売)に、玄侑の巻頭エッセイ「禅における『不易』と『流行』」が掲載されます。
>>大法輪のサイトはこちら

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:6月8日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:仙獄ウ法の禅
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年6月3日(水)】

おしらせ

河北新報のサイトにエッセイ「<挽歌の宛先 祈りと震災>不安や怨みと決別を」が掲載されています。

>>河北新報のサイトはこちら
>><挽歌の宛先 祈りと震災>のトップはこちら

【更新日:2015年6月2日(火)】

テレビ

番組:新日本風土記
日時:6月5日(金) 8:00〜
放送局:NHK BSプレミアム
テーマ:福島 三春

番組サイトより
樹齢千年以上の大桜「三春滝桜」を中心に、桜の木が地域に1万本はあるとも言われる桜の国、福島県の“三春”。福島県を南北に貫く阿武隈高地の山間にあり、人々は小さな山に抱かれた土地で狭い田畑を耕し、「それぞれの桜」を育てながら暮らしてきた。
江戸時代の領主が桜を愛し、守ることを奨励してから数百年、三春の人々にとって春は、桜の木の下に、触れあいと華やぎが生まれる時。
番組では、昔から今日まで連綿と続く、桜を中心とした人と人とのつながりが生きる土地、“三春”の春を描いてゆく。

玄侑も出演します。

>>番組サイトはこちら

おしらせ

6日の東京新聞に「うゐの奥山」第39回が掲載されます。

【更新日:2015年5月29日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:6月1日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:仇討ち
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年5月27日(水)】

催し

講演会一覧を見る

第16回サンガクラブ『祈りの現場』刊行記念 石井光太×玄侑宗久対談講演
作家・石井光太氏初の対話集『祈りの現場――悲劇と向き合う宗教者との対話』の刊行記念イベントです。
日時:2015年7月20日(祝) 16:00〜18:00(15:30開場)
場所:昇龍館ビル2階 東京都千代田区神田小川町3-28-7

JR御茶ノ水駅 聖橋口より徒歩5分 会場地図

費用:一般:2,500円

サンガジャパン定期購読ご契約の方:1,800円
参加当日に定期購読ご契約の方:無料(別途、定期購読料5,250円)

申込:メール予約受付窓口:samghaclub@samgha.co.jp

電話:03-6273-2181/FAX:03-6273-2182 

>>詳しい内容はこちら
>>石井光太氏のサイトはこちら

【更新日:2015年5月26日(火)】

テレビ

番組:100分de名著『荘子』 第4回 万物はみなひとしい
日時:5月27日(水) 午後10:00〜10:25
放送局:NHK Eテレ

番組サイトより 第4回内容
万物を生み出しその働きを支配する「道」を根本原理ととらえた「荘子」。「道」からみれば万物は一体であり、人間世界の価値は全て相対的で優劣などない。「万物斉同」と呼ばれるこの思想は、世俗的な価値にとらわれ、つまらないことで争いを続ける人間の愚かさを笑い飛ばす。「胡蝶の夢」「道は屎尿にあり」といった卓抜なエピソードは「万物斉同」の思想をわかりやすく伝えるともに、あるがままを受け容れ真に自由に生きる極意を私達に教えてくれる。
第4回では、これまで展開してきた全ての思想を支える「荘子」の要、「万物斉同」の思想を明らかにする。

>>「100分de名著」番組サイト「荘子」のページへ

【更新日:2015年5月25日(月)】

おしらせ

文藝春秋7月号(6月10日発売・税込880円)の「小さな大物」のコーナーに、子供の頃からの写真が載ります。
本邦初公開の有髪の頃の写真も掲載されます。
>>文藝春秋のサイトはこちら

おしらせ

ケアマネジャー6月号(中央法規出版・5月27日発売)に、 インタビュー記事「日本人の人生観から考える、日本ならではの介護・支援」が掲載されます。
>>ケアマネジャーのサイトはこちら

エッセイ

エッセイ「うゐの奥山」第38回「一文銭の祈り」を転載しました。

【更新日:2015年5月22日(金)】

おしらせ

鵜飼秀徳氏の著書「寺院消滅 失われる「地方」と「宗教」」(2015年5月25日発売・本体1,600円+税)に玄侑のインタビュー「宗教は『時代遅れ』でもいい」が掲載されています。

エッセイ

エッセイ「日曜論壇」第62回「さまざまの事」を転載しました。

エッセイ

エッセイ「日曜論壇」第61回「臆病になる勇気」を転載しました。

【更新日:2015年5月21日(木)】

講演会

講演会一覧を見る

全日本鍼灸学会学術大会ふくしま大会市民公開講座
日時:2015年5月22日(金)〜24日(日) ※玄侑の講座は24日(日)14:30〜
場所:ビッグパレットふくしま 福島県郡山市南二丁目52番地
入場:無料
申込:不要
内容:公開講座1「フィッシュ! 哲学を医療復興の一助に」

東京慈恵医科大学付属病院 副院長・看護部長 高橋 則子先生
公開講座2「陰陽という生成原理」 玄侑宗久
日常の生活の中にもなじみが深い東洋思想の根幹となる『陰陽』を禅思想や脳科学からも解釈します。

>>大会のサイトはこちら

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:5月25日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:手入れ
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年5月19日(火)】

催し

講演会一覧を見る

第6回東日本大震災関連シンポジウム こころの再生に向けて
5年目を迎えた被災地の「復興」と現実

日時:2015年7月9日(木) 13:00〜17:30
場所:京都大学稲森財団記念館3階大会議室 京都市左京区吉田下阿達町46
入場:無料(申込不要。当日直接会場にお越し下さい。定員150名)
内容:

趣旨説明
鎌田東二氏(京都大学こころの未来研究センター・教授(宗教哲学・民俗学))
基調報告(1)
「福島、いとあはれなり」
玄侑宗久(作家/福聚寺(福島県三春町)・住職)
基調講演(2)
「被災地に誕生する"祈りの場"」
鈴木岩弓氏(東北大学・教授(宗教民俗学))
基調報告(3)
「被災地の記憶と震災伝承:気仙沼震災伝承マップの取り組み」
稲場圭信氏(大阪大学・准教授(宗教社会学))
基調報告(4)
「津波復興太鼓:マインドフルネスとレジリエンスの視点から」
井上ウィマラ氏(高野山大学・教授(スピリチュアルケア))
コメンテーター
金子昭氏(天理大学・教授(倫理学))
黒崎浩行氏(國學院大學・准教授(宗教学・神社地域論))
司会
鎌田東二氏
問合せ:京都大学こころの未来研究センター・リエゾン
kokoro-liaison*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp(お手数ですが、*を@に変えてください。)
>>詳細はこちら

【更新日:2015年5月18日(月)】

おしらせ

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)の平成27(2015)年度 翻訳出版助成事業において、光の山が韓国語に翻訳されることが決定いたしました。

>>光の山の書籍情報はこちら

【更新日:2015年5月15日(金)】

おしらせ

100分de名著『荘子』の「名著、げすとこらむ。」に「心はいかにして自由になれるのか」が掲載されています。

テレビ

番組:100分de名著『荘子』 第3回 自在の境地「遊」
日時:5月20日(水) 午後10:00〜10:25
放送局:NHK Eテレ

番組サイトより 第3回内容
「荘子」では、自在に躍動する生き方の極意を説かれている。天理に従う無意識の境地の素晴らしさを伝える「牛肉解体の達人の逸話」。常識では全く無用の存在に豊かな意味を与える「無用の用」のエピソード。それらは、世間的な価値でははかれない「遊」の境地を教える。一見役立たずの大木も、舟遊びや昼寝といった「遊」の立場に立てば、一気に「大用」に転換する。それは「人の役に立つことで却って自分の身を苦しめる」状況からの解放だ。
第3回は、「用」から「遊」への価値転換を説く「荘子」から、何物にもとらわれない自在の境地の素晴らしさ、伸びやかに生を謳歌する極意を読み解く。

「100分de名著」番組サイト「荘子」のページへ

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:5月18日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:薫風
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年5月11日(月)】

講演会

講演会一覧を見る

玄侑宗久講演会 風流に生きる
日時:2015年7月3日(金) 13:30開場 14:00〜15:30
場所:朝日会館15階・朝日ホール (愛知県名古屋市中区栄1−3−3)
入場:会員3,240円、一般3,564円

当日会場での受講料のお支払いは、お取り扱いできません。
ご予約のうえ、窓口ご利用、あるいは銀行口座へお振込み願います。

問合せ:朝日カルチャーセンター名古屋 052-249-5553

朝日カルチャーセンター 講演会紹介ページより
風流といえば花鳥風月などを思い浮かべる方が多いかもしれない。しかしこの言葉、もともと禅語である。「ゆらぎ」とも受け取れるし、「ゆらぎ」を楽しむ感覚とも思える。どんなことでも結局はゆらいで重心を取り直し、楽しんでしまうのが「風流ならざる処もまた風流」という在り方だ。日本人の人物についても「風流」を用い、また「風貌」「風格」などにも「風」が入っている。どうしてこんなに「風」が好きなのだろう?ご一緒に考えてみたい。

当日会場にて書籍を購入頂いた方を対象に、サイン会を予定しています。

【更新日:2015年5月8日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:5月11日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:夢
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年5月7日(木)】

講演会

講演会一覧を見る

第61回長野県仏教徒上小大会
日時:2015年5月28日
場所:サントミューゼ 長野県上田市天神三丁目15番15号
時間:13:00〜(第1部 声明・法要、第2部 式典、第3部 記念講演)
入場:無料
演題:自燈明 ともしびとすべき自己とは何か?
問合せ:前松寺様 TEL:0268-31-2822

講演会

講演会一覧を見る

國學院大學渋谷キャンパスオープンカレッジ特別講座
豊かに生きる─納得できる死を迎えるために─

日時:2015年5月19日〜11月10日 全5回
場所:國學院大學渋谷キャンパス 東京都渋谷区東4-10-28
時間:14:30〜16:30
受講料:全回通し1万円(税込)
※お申し込みは5回分通しとなります。

玄侑宗久講演(第5回)
日時:2015年11月10日(火) 
演題:現代社会の中で死と向き合う


>>詳しいパンフレットはこちら(PDF)

【更新日:2015年5月1日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:5月4日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:崇高な理想
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年4月27日(月)】

テレビ

番組:100分de名著『荘子』
日時:5月6日・13日・20日・27日(いずれも水曜日) 22:00〜22:25

すべての回にゲスト講師として出演します。

放送局:NHK Eテレ
テーマ:荘子
玄侑の『荘子と遊ぶ』(筑摩選書)を元にしています。『荘子と遊ぶ』もあわせてご覧下さい。

Amazonにてテキスト予約受付中です。
「100分de名著」番組サイト「荘子」のページへ

【更新日:2015年4月24日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:4月27日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:変わる労働観
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年4月20日(月)】

講演会

講演会一覧を見る

いのちと食のフォーラム 福祉と農から地域を考える!

日時:2015年5月6日(水・祝) 第一部11:00〜
場所:豊橋市公会堂(愛知県豊橋市八町通二丁目22番地)
入場:無料(整理券が必要です・ひとり2枚まで)
申込:WACNET(0532-52-4315)

1部・記念式典&講演とランチタイム
講演「はじめのおわり!地域みんなのしあわせ」WACNET代表 加藤政実氏
ランチタイムで有機ごはんランチが提供されます(1000円)。
2部・映画&フォーラム
大分県臼杵市の有機の里づくりを描いたドキュメンタリー作品「100年ごはん」を上映。引き続きフォーラムにて、大分県臼杵市農林振興課有機農業推進室長の佐藤一彦氏らをゲストに迎えて公開討論が行われます。
3部・玄侑宗久特別講演
演題・喫茶去(きっさこ)〜現在地に戻る生き方
>>WACNETのサイトはこちら

おしらせ

三田文学」(No.121春季号)に、千葉望さんによる『風流ここに至れり』の書評「ゆらぎとともに生きる」が掲載されています。
価格:980円(税込)

『風流ここに至れり』の書籍情報はこちら

エッセイ

エッセイ「うゐの奥山」第37回「石は軟らかい?」を転載しました。

【更新日:2015年4月17日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:4月20日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:已むを得ず
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年4月16日(木)】

新刊

題名:仙香@無法の禅
発売日:2015年6月12日(予定)
出版社:PHP研究所
予価:1,620円(税込・本体1500円)
ISBN:9784569825168

【更新日:2015年4月10日(金)】

テレビ

番組:100分de名著『荘子』
日時:5月6日・13日・20日・27日(いずれも水曜日) 22:00〜22:25
放送局:NHK Eテレ
テーマ:荘子
玄侑の『荘子と遊ぶ』(筑摩選書)を元にしています。『荘子と遊ぶ』もあわせてご覧下さい。
Amazonにてテキスト予約受付中です。
「100分de名著」番組サイトへ

おしらせ

「中央公論」5月号(4月10日発行)の特集「さまよう宗教心〜現代日本人は何を求めているのか〜」に、中沢新一さんとの対談「福島で語る、土地の霊性と宗教の領域」が掲載されています。

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:4月13日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:師子身中の虫
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年4月3日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:4月6日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:いろはうた
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年3月30日(月)】

エッセイ

なごみ」4月号掲載のエッセイ「香りと清浄心」を転載しました。

【更新日:2015年3月27日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:3月30日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:SAK
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年3月23日(月)】

おしらせ

ラジオ福島放射線関連番組取材班が、第3回東日本大震災復興支援坂田記念ジャーナリズム賞受賞

このたび、坂田記念ジャーナリズム振興財団より、「玄侑宗久・丹羽太貫 放射線を語る」などを放送したラジオ福島放射線関連番組取材班が、第3回東日本大震災復興支援坂田記念ジャーナリズム賞を受賞いたしました。取材班の代表は、いつも「日々是好日」でお相手役の深野健司さん。報道制作センターの副部長です。
坂田記念ジャーナリズム賞は、1994年から毎年優れた報道に与えられている賞で、2013年からは東日本大震災復興支援坂田記念ジャーナリズム賞も出されています。

【授薦理由】は以下のとおりです。
東日本大震災は複合災害だが、特に福島は原発事故という人災から抜けられない状態がこれから何十年も続く。なぜ原発事故が起きたのか、その解明を徹底的にすると同時に起きてしまった事故にどう対処していくべきか、その情報提供もメディアの重要な使命だ。
原発事故の場合、科学的側面の強い「安全」保障と心理的な「安心」とは現実問題として取り扱いが難しい。このラジオ番組は作家である僧侶と原子力問題を専門とする科学者に対談させ、安全と安心の根本問題に迫ったところに素晴らしさがある。これは映像にとらわれやすいテレビよりラジオの方がやりやすい適切な題材であり、メディア特性を生かした作品として高く評価できる。
丹羽先生は現在のICRP(国際放射線防護委員会)の委員ですから、原子力問題の専門家というより、放射線影響や防護の専門家なのですが、ともあれ今回は深野さんのお手柄ですので、盛大な拍手をしたいと思います。パチパチパチパ チパチパチ……………。

玄侑宗久


>>福島民報に掲載の記事はこちら

エッセイ

エッセイ「うゐの奥山」第36回「門中(むんちゅう)のこと」を転載しました。

【更新日:2015年3月20日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:3月23日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:オオサンショウウオになりたい
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年3月19日(木)】

講演会

講演会一覧を見る

玄侑宗久講演会 風流に生きる
日時:2015年3月26日(木) 14:00〜15:30
場所:三井ガーデンホテル千葉3階 飛鳥の間
入場:会員 2,808円・ 一般 3,348円
問合せ:朝日カルチャーセンター千葉 043-227-0131

朝日カルチャーセンター千葉 講演会紹介ページより
2011年3月の原発事故以来、被災者の苦しみに寄り添いつづける玄侑さん。震災後、元々禅語である「風流」という言葉を強く意識するようになったといいます。心の揺らぎを受け入れつつ重心を取り直す生き方を、玄侑さんとともに考えます。

当日会場にて書籍を購入頂いた方を対象に、サイン会を予定しています。

【更新日:2015年3月13日(金)】

催し

What is Zen? 禅ってなに?
平成28年臨済禅師1150年・白隠慧鶴禅師250年遠諱大法会記念講演会


ローソンチケットにてチケットの販売が始まりました(ワークショップごとに一律1000円)。


日:平成27年(2015年)5月31日(日)
場所:六本木アカデミーヒルズ49(六本木ヒルズ49階)
内容:記念講演会ほか


臨済禅師・白隠禅師の遠諱に際し、人々への幅広い禅の普及につとめられた二人の祖師が、もしもこの現代に生きておられたら、いったいどのように禅をつたえるであろうか。そんな考えのもと、『禅 いまを生きる』をテーマとして、大法要を初め、展覧会、講演会、大坐禅会など、さまざまな遠諱記念事業が計画されています。


◇書家の金澤翔子氏によるオープニング揮毫
◇花園大学 安永祖堂老師による基調講演
◇鼎談(臨済寺阿部宗徹老師、全生庵平井正修師、エッセイスト阿川佐和子氏)
◇ライブラリーカフェにて禅僧との対話(お坊さんと1対1で話してみよう!)
◇法話と「延命十句観音経」の写経 指導・円覚寺派管長横田南嶺老師
◇スカイスタジオでの坐禅 指導・全生庵平井正修師/龍雲寺細川晋輔師
◇玄侑宗久による白隠の瞑想 解説と実践


詳しくはこちら

【更新日:2015年3月13日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:3月16日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:スートラ
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年3月6日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:3月9日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:そんなはずはない
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年3月4日(水)】

講演会

講演会一覧を見る

玄侑宗久講演会 風流に生きる
日時:2015年3月26日(木) 14:00〜15:30
場所:三井ガーデンホテル千葉3階 飛鳥の間
入場:会員 2,808円・ 一般 3,348円
問合せ:朝日カルチャーセンター千葉 043-227-0131

朝日カルチャーセンター千葉 講演会紹介ページより
2011年3月の原発事故以来、被災者の苦しみに寄り添いつづける玄侑さん。震災後、元々禅語である「風流」という言葉を強く意識するようになったといいます。心の揺らぎを受け入れつつ重心を取り直す生き方を、玄侑さんとともに考えます。

当日会場にて書籍を購入頂いた方を対象に、サイン会を予定しています。

新刊

題名:医師と僧侶が語る 死と闘わない生き方
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2015年2月25日
価格:1080円(税込)
ISBN:9784799316412
「生きる。死ぬ。」を「医師と僧侶が語る 死と闘わない生き方」に改題、携書化しました。

新刊

光の山のフランス語版が刊行されました。

【更新日:2015年3月3日(火)】

おしらせ

中日新聞社会事業団様より、たまきはる福島基金に分配金贈呈式が行われました。
>>たまきはる福島基金のサイトはこちら

おしらせ

福島民報に「第13回あだたら万遊博 おかみと過ごすひな祭り」の記事が掲載されました。

【更新日:2015年2月27日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:3月2日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:ここほれワンワン
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年2月23日(月)】

おしらせ

22日の東京新聞「3冊の本棚」にて、作家の江上剛氏より玄侑の「『いのち』のままに 心の自由をとりもどす禅的瞑想法」をご紹介いただきました。

エッセイ

エッセイ「うゐの奥山」第35回「ミトコンドリアの秘策」を転載しました。

【更新日:2015年2月20日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:2月23日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:温泉でザブーン
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年2月19日(木)】

テレビ

NHK総合 明日へー支え合おうーに出演します。
番組:明日へー支え合おうー
日時:3月8日(日) 10:05〜11:54、13:05〜16:00(生放送)
放送局:NHK総合
番組サイト
番組案内(PDF)

講演会

講演会一覧を見る

第1回白隠塾フォーラム 白隠を語る
玄侑の講演会演題が「二人の白隠さん」に決まりました。

日時:平成27年2月27日(金) 受付17:00から 開会18:00〜20:30
場所:プラサヴェルデ 3階 コンベンションホールB(JR沼津駅北口徒歩3分)
募集人員:400名(会員300名・一般100名)要事前予約
入場:一般2,000円(会員は無料)
内容:17:00〜 受付

18:00 開会
18:05〜19:05 玄侑宗久講演「二人の白隠さん」
19:05〜19:15 休憩
19:15〜20:15 芳澤勝弘氏講演「白隠禅師の絵説法」
20:15〜20:30 質疑応答
20:30 閉会

講師:芳澤勝弘氏(花園大学国際禅学研究所教授)

玄侑宗久

申込:電話または電子メールで(住所、氏名、電話番号明記)駿河白隠塾事務局へ

電話055-925-0512
電子メールアドレス hakuinjuku@hakuin.jp

締切:平成27年2月20日(定員になり次第終了)

11月19日に沼津市で開催された花園大学国際禅学研究所の白隠フォーラムに合せて誕生した駿河白隠塾が、第1回目のフォーラムを開催します。 駿河白隠塾は、白隠禅師の地元である沼津市民を中心とした有志の方々による塾で、今後、継続したフォーラムの開催等の活動を通し、白隠禅師の業績と禅師を育んだこの地の魅力を広く発信していくことを目的としています。

【更新日:2015年2月13日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:2月16日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:賞味期限
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年2月6日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:2月9日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:両行
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年2月4日(水)】

おしらせ

日経ビジネスオンライン「宗教崩壊 あなたの『死後』がなくなる」に、インタビュー「寺は『時代遅れ』でもいい」が掲載されています。

【更新日:2015年1月30日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:2月2日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:目には目を
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年1月23日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:1月26日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:選ぶ前に見るか、選んでから見るか
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年1月20日(火)】

講演会

講演会一覧を見る

第13回あだたら万遊博 おかみと過ごすひな祭り
日時:平成27年3月1日(日)〜3日(火)
場所:福島県二本松市 あだたら高原 岳(だけ)温泉各会場
万遊博テーマ:風に吹かれて
特別講演会:1日(日) 大和田新氏(ラジオ福島アナウンサー)

2日(月) 玄侑宗久
3日(火) 小泉武夫氏(東京農大名誉教授・農学博士)


玄侑の講演会「風流に生きる」は3月2日13:30〜15:00に櫟平ホテル(福島県二本松市岳温泉2-8・TEL:0243-24-2626)にて開催します。入場無料。
講演会のほか、利き酒会や民話昔語りなど多彩な催しを行います。
詳細はこちらをご覧下さい(PDF)

エッセイ

エッセイ「うゐの奥山」第34回「「忘れる」ことの功徳(くどく)」を転載しました。

【更新日:2015年1月16日(金)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:1月19日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:希望の一字
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年1月15日(木)】

テレビ

NHK World 「Booked for Japan」再放送
日時:2015年2月15日(日)午後1:10〜2:00、午後7:10〜8:00

2015年2月16日(月)午前1:10〜2:00、午前7:10〜8:00

テーマ:福島に生きる
視聴:日本国内からはNHK Worldトップページ右側の【NOW ON AIR】という小画面で同時刻に視聴可能です。

ロバート・キャンベル先生が2013年2月24日、福聚寺を訪ねて来られました。その時、震災後の短編「光の山」のことなど、さまざまなことを話した場面を収録したものです。『方丈記』の拙い朗読も挿入されます。

編集後の画面には出てこないはずですが、キャンベル先生はお寺の玄関にある衝立の、難しい筆文字をさらりと読んでしまいました。日本人でも、これまでその文字を読んだ方は多くないと思います。また書院の床の間に掛けておいた墨蹟の、落款をするする読まれるではありませんか。ご専門が江戸絵画や江戸文学とはいえ、驚くべき碩学の外国人がいるものです。

たまきはる福島基金」のことも紹介されます。是非ご覧になってみてください。

玄侑宗久

【更新日:2015年1月9日(金)】

講演会

講演会一覧を見る

第1回白隠塾フォーラム 白隠を語る
日時:平成27年2月27日(金) 受付17:00から 開会18:00〜20:30
場所:プラサヴェルデ 3階 コンベンションホールB(JR沼津駅北口徒歩3分)
募集人員:400名(会員300名・一般100名)要事前予約
入場:一般2,000円(会員は無料)
内容:17:00〜 受付

18:00 開会
18:05〜19:05 玄侑宗久講演「白隠を語る(仮)」
19:05〜19:15 休憩
19:15〜20:15 芳澤勝弘氏講演「白隠禅師の絵説法」
20:15〜20:30 質疑応答
20:30 閉会

講師:芳澤勝弘氏(花園大学国際禅学研究所教授)

玄侑宗久

申込:電話または電子メールで(住所、氏名、電話番号明記)駿河白隠塾事務局へ

電話055-925-0512
電子メールアドレス hakuinjuku@hakuin.jp

締切:平成27年2月20日(定員になり次第終了)

11月19日に沼津市で開催された花園大学国際禅学研究所の白隠フォーラムに合せて誕生した駿河白隠塾が、第1回目のフォーラムを開催します。 駿河白隠塾は、白隠禅師の地元である沼津市民を中心とした有志の方々による塾で、今後、継続したフォーラムの開催等の活動を通し、白隠禅師の業績と禅師を育んだこの地の魅力を広く発信していくことを目的としています。

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:1月12日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:社会人
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

【更新日:2015年1月8日(木)】

おしらせ

月刊「大法輪」2月号掲載の巻頭墨跡「風流」を転載しました。

エッセイ

月刊「うえの」1月号掲載の「みちのくの御仏(みほとけ)たち」を転載しました。

【更新日:2015年1月6日(火)】

おしらせ

文藝春秋2月臨時増刊号 佐藤優の実践ゼミ
発売日:2015年1月6日
定価:980円(税込)

第1講座 ビジネスマンがすぐ実行すべき知の極意27カ条
第2講座 知をビジネスに取り込む
第3講座 佐藤優式・闘い方を学ぶ
第4講座 知の幹を作る最低限の読書
第5講座 武器としての教養を蓄える
第6講座 intermission 佐藤優の知的技術のヒント
第7講座 情報を拾う、情報を使う
第8講座 対話のテクニックを磨く
第9講座 分析力を鍛える−国際情勢篇
第10講座 分析力ケーススタディ−ロシア読解篇

「第8講座 対話のテクニックを磨く」に、佐藤優氏と玄侑の対談「福島と沖縄から『日本』を考える 玄侑宗久×佐藤優」が掲載されています。

テレビ

番組:真夜中の補習授業〜オトナの教科SHOW〜
日時:1月7日(水)24:00〜24:54(7日から8日にかけての深夜)
放送局:BS朝日

番組サイトより
そういうことだったのか…
もう一度教科書を開いてみて下さい。
そこにはあの頃には気付かなかった知の喜びが溢れています。もういちど勉強したいオトナたちが夜な夜な一軒のBARに集まって語るのは「勉強」について。
今だからこそ分かる学ぶ喜び。
教科書片手の真夜中のトークショー。

テーマ:
瀬名秀明氏 “ミトコンドリア”を制するものは健康を制する!
玄侑宗久 “現代にも生かせる方丈記的な生き方とは”

【更新日:2015年1月5日(月)】

ラジオ

番組:全開朝ゼミ 日日是好日
日時:1月5日(月) 8:20〜8:26
放送局:ラジオ福島
テーマ:きのとひつじ
>>ポッドキャストで過去の放送を聴けます。

ブログ

ブログ「雪月花」を更新しました。

2017年2016年2015年2014年2013年2012年以前
前に戻るup