[41]四雁川流景 b3
[40]阿修羅
[39]観音力
[38]息の発見

[37]テルちゃん b3
[36]般若心経で救われるか
[35]<問い>の問答
[34]龍の棲む家
[33]仏弟子の世間話
[32]わたしを超えて いのちの往復書簡
[31]現代と仏教

[30]極上掌篇小説 b3
[29]慈悲をめぐる心象スイッチ
[28]私だけの仏教
[27]現代語訳 般若心経
[26]サンショウウオの明るい禅
[25]マンガ仏教入門

[24]お坊さんだって悩んでる b3
[23]ベラボーな生活

[22]心の力 b3
[21]自燈明
[20]禅語遊心

[19]祝 福 b3
[18]やおよろず的 
[17]なぜ、悩む! 

[16]禅と脳 b3
[15]仏教・キリスト教 死に方・生き方
[14]死んだらどうなるの?

[13]脳と魂 b3
[12]実践!「元気禅」のすすめ

[11]リーラ 神の庭の遊戯 b3

[10]禅的生活 b3
[09]あの世 この世
[08]まわりみち極楽論

[07]アミターバ b3
[06]御開帳綺譚
[05]化蝶散華

[04]アブラクサスの祭 b3
[03]中陰の花
[02]水の舳先
[01]朝顔の音
書評トップへ→
top

[04]『アブラクサスの祭』
刊行日 2002年1月1日
書 名 「樹木葬通信」
出版社 関連サイト→
執筆者 岩井 憲一

刊行日 2002年新年特別号
書 名 「文學界」
出版社 文藝春秋
執筆者 山登 敬之
タイトル 「人生における祝祭とはなにか」
備 考 ※この書評は、『アブラクサスの祭』新潮社/新潮文庫に収録されました。

刊行日 2001年12月号 2001年11月19日
書 名 「新潮」 「産経新聞」
出版社 新潮社 饗庭 孝男
執筆者 立松 和平 不自由さを選ぶ自己表現のドラマ

刊行日 2001年11月18日 2001年11月3日
書 名 「読売新聞」 「福島民報」
出版社 読売新聞社 福島民報社
執筆者 松田 哲夫 星野 光徳
タイトル
僧侶の書く「風流」な物語
「異常」な精神と救いを描く

刊行日 2001年10月号 2001年8月22日
書 名 「波」 「東京新聞」
出版社 新潮社 中日新聞社
執筆者 加賀 乙彦 大城 立裕
タイトル 現実を逆転させた、したたかな物語
こちらは新潮社→のサイトでご覧頂けます。
賑やかな現代、「暗夜行路」の物語

刊行日 2001年8月29日
書 名 「赤旗」
出版社 日本共産党
執筆者 北村 隆志
タイトル
異教の神に導かれて至る内面的解決

[03]『中陰の花』(文庫本)
刊行日 2005年4月4日発売 4月15日号
書 名 「週刊ポスト」
執筆者 (天)
出版社 小学館
タイトル
内 容
POST BOOK WONDER LAND 時間を忘れる文庫ガイドにて短い紹介文が掲載されました。

刊行日 2005年3月13日 朝刊
書 名 「北海道新聞」
タイトル 「ほん」のコーナー、今週の新刊と文庫。こちらから→

[03]『中陰の花』
刊行日 2003年37号
書 名 「詩と創造」
出版社 青樹社
執筆者 岡本 勝人
タイトル 「枠を超えた世界との共振する新しさ」

刊行日 2001年10月28日
書 名 「朝日新聞」
執筆者 香山 リカ
タイトル とにかく受け容れる

刊行日 2001年9月11日夕刊 2001年10月号 
書 名 「熊本日日新聞」 「新潮」
執筆者 松本 道介 新潮社
タイトル お寺にインターネット 中村 一夫

刊行日 2001年10月5日 2001年9月12日
書 名 「週刊読書人」 「夕刊フジ」
出版社 国書刊行会 産経新聞社
執筆者 立松 和平 かねやん
タイトル
仏と悪魔は紙一重
禅僧で作家の玄侑宗久の可能性
展開に引かれ生と死を思う…文芸の原点

[02]『水の舳先』(文庫本)
刊行日 2005年12月号 11月7日
書 名 「ミセス」
出版社 文化出版局
タイトル 千住博氏との対談、<特別対談>「絵画の時間 坐禅の時間」の中で紹介されました。
本文→

[02]『水の舳先』
刊行日 2001年7月8日
書 名 「読売新聞」
執筆者 上田 紀行
タイトル
臨終観が示す救いの地平
本文→

刊行日 2001年5月24日、地方経済面、夕刊
書 名 「日本経済新聞」
本文→

[01]『朝顔の音』
刊行日 2001年8月30日
書 名 「毎日新聞」
執筆者 川村 湊
タイトル
中年女性の孤独巧みに描く玄侑作品
前に戻るup