[41]四雁川流景 b3
[40]阿修羅
[39]観音力
[38]息の発見

[37]テルちゃん b3
[36]般若心経で救われるか
[35]<問い>の問答
[34]龍の棲む家
[33]仏弟子の世間話
[32]わたしを超えて いのちの往復書簡
[31]現代と仏教

[30]極上掌篇小説 b3
[29]慈悲をめぐる心象スイッチ
[28]私だけの仏教
[27]現代語訳 般若心経
[26]サンショウウオの明るい禅
[25]マンガ仏教入門

[24]お坊さんだって悩んでる b3
[23]ベラボーな生活

[22]心の力 b3
[21]自燈明
[20]禅語遊心

[19]祝 福 b3
[18]やおよろず的 
[17]なぜ、悩む! 

[16]禅と脳 b3
[15]仏教・キリスト教 死に方・生き方
[14]死んだらどうなるの?

[13]脳と魂 b3
[12]実践!「元気禅」のすすめ

[11]リーラ 神の庭の遊戯 b3

[10]禅的生活 b3
[09]あの世 この世
[08]まわりみち極楽論

[07]アミターバ b3
[06]御開帳綺譚
[05]化蝶散華

[04]アブラクサスの祭 b3
[03]中陰の花
[02]水の舳先
[01]朝顔の音
書評トップへ→
top

[07]『アミターバbar無量光明』
刊行日 2006年5月9日号 夕刊(12面)5月10日 朝刊
書 名 「朝日新聞」
執筆者 上田 俊英/勝田 敏彦
内 容 「新科論」ブンガクとの遭遇(5)

刊行日 2003年8月31日
書 名 「変容する文学のなかで」下
出版社 集英社
執筆者 菅野 昭正
内 容 文芸時評1991‐2001

刊行日 2003年10月23日夕刊
書 名 「読売新聞」
執筆者 尾崎 真理子
タイトル 「『生の謎』に迫る試み」
本文→

刊行日 2003年10月31日号
書 名 「毎日新聞」
執筆者 川村 湊
タイトル 「小説の限界を押し上げた」作品

刊行日 2003年10月31日号
書 名 「産経新聞」
執筆者 荒川 洋治
タイトル 「あたたかみのある、いい小説だ」

刊行日 2003年9月17日号
書 名 「読売新聞」
執筆者 瀬戸内 寂聴
タイトル 「鈴虫とアミターバ」
本文→

刊行日 2003年7月29日号
書 名 「中日新聞」
執筆者 清水 良典
タイトル 「『アミターバ』奇縁」
本文→

刊行日 2003年7月4日号
書 名 「週刊読書人」
出版社 国書刊行会
執筆者 小林 広一
タイトル 「虚の世界が現実以上の現実となって現前に一瞬を語る」
本文→

刊行日 2003年6月8日
書 名 「北海道新聞」
出版社 北海道新聞社
執筆者 川村 湊
タイトル 「死者の目で描く往生伝」
本文→

刊行日 2003年6月29日号
書 名 「日本経済新聞」
執筆者 清水 良典
タイトル 「死にゆく意識リアルに描写」
本文→

刊行日 2003年6月号 5月7日
書 名 「新潮」
出版社 新潮社
執筆者 田中 和生
タイトル 「『死』を語る言葉を取り戻す試み」
本文→

[06]『御開帳綺譚』文藝春秋(編)文庫本
刊行日 2005年12月4日号 朝刊 (16p)
書 名 「朝日新聞」
タイトル
内 容
読書欄 文庫・新書にて短い紹介文掲載。
こちらは朝日新聞社の書評サイトasahi.com BOOK→12月7日更新でご覧になれます。

[06]『御開帳綺譚』
刊行日 2003年2月号 1月7日
書 名 「文学界」
出版社 文藝春秋
執筆者 養老 孟司
タイトル 味読・愛読 文學界図書室にて。

[05]『化蝶散華』
刊行日 2004年7月24日号
書 名 「週刊現代」
出版社 講談社
執筆者 江上 剛
タイトル
「本はともだち」
人間と「金」の関係を考えさせる時代と国民性を超える3冊

刊行日 2003年3月号
書 名 「波」
出版社 新潮社
執筆者 車谷 長吉

前に戻るup