[41]四雁川流景 b3
[40]阿修羅
[39]観音力
[38]息の発見

[37]テルちゃん b3
[36]般若心経で救われるか
[35]<問い>の問答
[34]龍の棲む家
[33]仏弟子の世間話
[32]わたしを超えて いのちの往復書簡
[31]現代と仏教

[30]極上掌篇小説 b3
[29]慈悲をめぐる心象スイッチ
[28]私だけの仏教
[27]現代語訳 般若心経
[26]サンショウウオの明るい禅
[25]マンガ仏教入門

[24]お坊さんだって悩んでる b3
[23]ベラボーな生活

[22]心の力 b3
[21]自燈明
[20]禅語遊心

[19]祝 福 b3
[18]やおよろず的 
[17]なぜ、悩む! 

[16]禅と脳 b3
[15]仏教・キリスト教 死に方・生き方
[14]死んだらどうなるの?

[13]脳と魂 b3
[12]実践!「元気禅」のすすめ

[11]リーラ 神の庭の遊戯 b3

[10]禅的生活 b3
[09]あの世 この世
[08]まわりみち極楽論

[07]アミターバ b3
[06]御開帳綺譚
[05]化蝶散華

[04]アブラクサスの祭 b3
[03]中陰の花
[02]水の舳先
[01]朝顔の音
書評トップへ→
top

[10]『禅的生活』
刊行日 2006年10月12日発売
書 名 『新書365冊』
出版社 朝日新書006/朝日新聞社
執筆者 宮崎 哲弥(評論家)
内 容 月刊「諸君!」に連載していた「新刊書評」の文庫化。仏教のカテゴリー(第15章)の中の、「仏教“More”」で『禅的生活』を紹介しています。

刊行日 2004年12月2日
サイト名 ビジネスニュースを配信するnikkeibp.jp→
執筆者 松田 博市
タイトル
内 容
『禅的生活』の書評。(「健康」のボタンから入り、下部にある連載コラム「私の本棚」にて「毎日を楽に生きる抜け道を指南」毎週木曜日更新、12月2日更新分で掲載されました。)

刊行日 2004年2月16日号
書 名 「産経新聞」
執筆者 青木 千恵
タイトル 話題の一冊の中で、「嵐」を風流とする心得

刊行日 2004年2月15日号
書 名 「読売新聞」
タイトル 本よみうり堂「文庫・新書」

刊行日 2004年2月6日号
書 名 「週刊朝日」
出版社 朝日新聞社
執筆者 岸本 葉子
タイトル 「理屈」や「価値判断」は最大の妄想だって?!ヒト脳の煩悩と悟りをユーモラスに考える
本文→

刊行日 2004年1月11日号
書 名 「朝日新聞」
執筆者 重松 清
タイトル バージョンアップできるかな
本文→

[09]『あの世 この世』(文庫本)
刊行日 2006年6月21日 7月5日号
書 名 「ダ・カーポ」586号
出版社 マガジンハウス
内 容 (113P)「旬の本」にて。
宗教を敬遠しがちな人にも読みやすい、と紹介。

刊行日 2006年6月11日 朝刊
書 名 「北海道新聞」
内 容 今週の新刊と文庫にて。極楽と地獄、慈悲(じひ)など、仏教世界はやさしく魅力的。
サイト上で閲覧可能。(「ほん」の6月11日の書評)

[08]『まわりみち極楽論』(単行本・文庫本)
刊行日 2006年12月12日発売 22日号
書 名 「週刊朝日」
出版社 朝日新聞社
執筆者 温水 ゆかり(ぬくみずゆかり)
タイトル 「週刊図書館」“愛でたい文庫”に紹介。雑誌掲載日から数日遅れで、asahi.com BOOKにてご覧になれます。

刊行日 2006年11月26日 朝刊
書 名 「朝日新聞」
出版社 朝日新聞社
タイトル “読書欄”にて短い紹介文。
新聞掲載日から数日遅れで、asahi.com BOOKにてご覧になれます。

刊行日 2006年11月20日発売 12月3日号
書 名 「サンデー毎日」
出版社 毎日新聞社
タイトル 「サンデーらいぶらりぃ」<文庫・新書>にて紹介。
「『極楽』は『幸福』のようにキリのない欲望なのではなく、ちゃんと誰もが辿りつける心と体の特定の状態のことだ」。

刊行日 2003年6月号
書 名 「一冊の本」
出版社 朝日新聞社
執筆者 東海林 さだお
タイトル 「電池の入れ替え時?」
本文→

前に戻るup