[41]四雁川流景 b3
[40]阿修羅
[39]観音力
[38]息の発見

[37]テルちゃん b3
[36]般若心経で救われるか
[35]<問い>の問答
[34]龍の棲む家
[33]仏弟子の世間話
[32]わたしを超えて いのちの往復書簡
[31]現代と仏教

[30]極上掌篇小説 b3
[29]慈悲をめぐる心象スイッチ
[28]私だけの仏教
[27]現代語訳 般若心経
[26]サンショウウオの明るい禅
[25]マンガ仏教入門

[24]お坊さんだって悩んでる b3
[23]ベラボーな生活

[22]心の力 b3
[21]自燈明
[20]禅語遊心

[19]祝 福 b3
[18]やおよろず的 
[17]なぜ、悩む! 

[16]禅と脳 b3
[15]仏教・キリスト教 死に方・生き方
[14]死んだらどうなるの?

[13]脳と魂 b3
[12]実践!「元気禅」のすすめ

[11]リーラ 神の庭の遊戯 b3

[10]禅的生活 b3
[09]あの世 この世
[08]まわりみち極楽論

[07]アミターバ b3
[06]御開帳綺譚
[05]化蝶散華

[04]アブラクサスの祭 b3
[03]中陰の花
[02]水の舳先
[01]朝顔の音
書評トップへ→
top

[13]『脳と魂』
刊行日 2005年12月1日発売 24号(12月15日号)145P
書 名 「サライ」
出版社 小学館
執筆者 本田 和子/住友 和子(取材・文)
タイトル
内 容
「サライブックレビュー 読む」
「各界の読書家に聞く、とにかくおもしろかったこの一冊」に、本田和子さん(ますこ)(児童学・74才)が2册の書籍を推薦し、その中で、『脳と魂』について「二人の丁々発止の掛け合いがなんといってもおもしろく、対談なので読みやすい」「この息苦しい現代を元気よく生きていくためのヒントが数多く秘められている本」と答えています。

刊行日 2005年5月2日 6月号
書 名 「暮しと健康」
執筆者 佐藤 莫河(さとうばくが)ライター
出版社 保健同人社
タイトル
今月の三冊、「左脳におちない」身体の覚醒
本文→

刊行日 2005年5月号 4月22日
書 名 「小説宝石」
執筆者 (そ)
出版社 光文社
タイトル
新刊Book Guide
本文→

刊行日 2005年3月5日 4月号
書 名 「ダ・ヴィンチ」
執筆者 一志治夫(ノンフィクションライター)
出版社 メディアファクトリー
タイトル ダ・ヴィンチBook Watcherの絶対に読んでトクする20册「日本と日本人の変容を 僧侶と解剖学者が語り尽くした」
本文→

刊行日 2005年3月1日 4月号
書 名 「望星」(ぼうせい)
執筆者 麻生 タオ(フリー編集者兼ライター)
出版社 発行・東海教育研究所 発売・東海大学出版会
タイトル
「BOOKS」話題の二人による対談集
本文→

刊行日 2005年3月12日 第2717号
書 名 「図書新聞」4面
執筆者 茂木 健一郎(脳科学者)
出版社 (株)図書新聞
タイトル
「脳と魂の間の補助線」既成の概念にとらわれない、生のリアリティに着地した語り
多くの猥雑なノイズがまとわりついている対象を捉える

刊行日 2005年3月28日(3月11日号)
書 名 「週刊朝日」
執筆者 評 者:上野 昂志(評論家)
出版社 朝日新聞社
タイトル
「週刊図書館」
脳科学者と禅僧が近代化批判めぐり対話
「公」と「私」と「個」議論の展開興味深く
本文→

刊行日 2005年2月22日(3月1日号)
書 名 「SPA!」
執筆者 永江 朗
出版社 扶桑社
タイトル
内 容
現在人気の「対談本」に関しての書評。
10册のお薦め対談本の中の1册として『脳と魂』を紹介しています。

刊行日 2005年2月21日号 朝刊
書 名 「河北新報」
タイトル 「東北の本棚」西洋文化と仏教対比、教育から自然まで幅広く

刊行日 2005年2月16日(3月1日号)
書 名 「TOKYO1週間」「KANSAI1週間」
出版社 講談社
タイトル
内 容
ブック&コミック、「必読!実用・ノンフィクション」にて。
短い紹介文が掲載されました。

刊行日 2005年2月15日 (3月1日号)
書 名 「女性自身」
出版社 光文社
内 容 短い紹介文が掲載されました。

刊行日 2005年2月14日(2月26日号)
書 名 「週刊現代」
出版社 講談社
タイトル
現代ライブラリー、今週の本棚にて短い紹介文。
本文→

刊行日 2005年2月13日 朝刊
書 名 「西日本新聞」
タイトル 話題の新刊本、本と批評にて短い紹介文。

刊行日 2005年2月9日(2月17日号)水曜日繰り上げ発売号
書 名 「週刊新潮」
出版社 新潮社
タイトル
TEMPO BOOKS 十行本棚
本文→

刊行日 2005年2月8日 3月号
書 名 「大法輪」
出版社 大法輪閣
内 容
「書物の輪蔵」にて短い書評。
本文→

刊行日 2005年2月7日(2月11日号)
書 名 「週刊ポスト」
出版社 小学館
執筆者 (籾)
タイトル POST BOOK WONDER LAND 話題の新刊はこれだ!
「科学と禅が織りなす螺旋」
本文→

刊行日 2005年2月7日 朝刊
書 名 「産経新聞」
執筆者 小林 司(精神科医、作家)
タイトル 読書、最先端思想を平易な言葉で
本文→

刊行日 2005年2月6日 朝刊
書 名 「北海道新聞」
内 容 「ほん」のコーナー、今週の新刊と文庫。
本文→

更新日 2005年1月25日
サイト名 「オンライン書店bk1」
執筆者 碑文谷 次郎
タイトル
内 容
「脳の束縛から離れて…」『脳と魂」の書評掲載。
評価★★★★★
「もしもあなたが生きる不安を抱えているならば、例えば機内の薄暗がりの中で独りそっと開くことをおすすめしたい一冊」。

[12]『実践! 元気禅のすすめ』
刊行日 2004年12月4日号 夕刊
書 名 「京都新聞」

刊行日 2004年11月24日号
書 名 「Tarzan(ターザン) 」
出版社 マガジンハウス
内 容 フィットネスとビジネスのWin-Winな関係。
ビジネス・ターザンは、こう鍛え、こう働く!にて。書籍の紹介。

刊行日 2004年10月12日号 夕刊
書 名 「東京新聞」「中日新聞」
タイトル 「書物の森を散歩する」

前に戻るup