[41]四雁川流景 b3
[40]阿修羅
[39]観音力
[38]息の発見

[37]テルちゃん b3
[36]般若心経で救われるか
[35]<問い>の問答
[34]龍の棲む家
[33]仏弟子の世間話
[32]わたしを超えて いのちの往復書簡
[31]現代と仏教

[30]極上掌篇小説 b3
[29]慈悲をめぐる心象スイッチ
[28]私だけの仏教
[27]現代語訳 般若心経
[26]サンショウウオの明るい禅
[25]マンガ仏教入門

[24]お坊さんだって悩んでる b3
[23]ベラボーな生活

[22]心の力 b3
[21]自燈明
[20]禅語遊心

[19]祝 福 b3
[18]やおよろず的 
[17]なぜ、悩む! 

[16]禅と脳 b3
[15]仏教・キリスト教 死に方・生き方
[14]死んだらどうなるの?

[13]脳と魂 b3
[12]実践!「元気禅」のすすめ

[11]リーラ 神の庭の遊戯 b3

[10]禅的生活 b3
[09]あの世 この世
[08]まわりみち極楽論

[07]アミターバ b3
[06]御開帳綺譚
[05]化蝶散華

[04]アブラクサスの祭 b3
[03]中陰の花
[02]水の舳先
[01]朝顔の音
書評トップへ→
top

[19]『祝 福』
刊行日 2006年2月号 12月27日
書 名 「男の隠れ家」
出版社 あいであ・らいふ
執筆者 松田 哲夫(筑摩書房専務取締役)
タイトル
内 容
「豊かな眠りを誘う、夢みる前の1冊bar寝酒本」の中で『祝福』を上げています。「写真にインスパイアされた玄侑さんが、蓮に仮託した激しくも悲しい恋物語を紡ぎ出した。」

刊行日 2005年12月号 11月7日
書 名 「ミセス」
出版社 文化出版局
タイトル 千住博氏との対談、<特別対談>「絵画の時間 坐禅の時間」の中で紹介されました。
本文→

刊行日 2005年11月7日 12月号(193p)
書 名 「花時間」
出版社 角川書店
タイトル
内 容
Seed Club Interview「この本の著者に会いたい」
「写し撮った蓮の生と死が祝福の物語へと生まれ変わる」と題された坂本真典氏のインタビューと共に『祝福』が紹介されました。

刊行日 2005年10月27日 夕刊(共に6面)
書 名 「東京新聞」「中日新聞」
タイトル
内 容
「書物の森を散歩する」にて。●祝福……【ひかれあう】
「魂のつながりの不思議を描いた小説と、そのモチーフの蓮(はす)の神秘を捉えた見事な写真。至高のコラボ。」と紹介文が掲載されました。(2紙共に内容は同じです。)

刊行日 2005年10月27日 11月号(163p)
書 名 「毎日が発見」
出版社 角川SSコミュニケーションズ
タイトル
内 容
[本][舞台][音楽][映画][美術]紹介コーナー、「今月のおすすめ本」にて。
「蓮の花の化身のような中国人女性との純愛を描いた小説」と紹介されました。

刊行日 2005年11月号(141p)
書 名 月刊誌「室 内」インテリア情報誌
出版社 工作社
執筆者 石田 千(作家)
タイトル 「読書日和」という書評コーナー
本文→

刊行日 2005年10月14日 夕刊 9面
書 名 「北海道新聞」
執筆者 上正路 理砂(ライター)
タイトル
内 容
アラカルト本棚[結婚][恋][日常][誕生日]という4つのジャンルに相応しい書籍を選出。
「祝福」は、[恋]に選出されました。
「蓮(はす)の茂る池のほとりで出会った男女が、花に導かれるように濃密で不可思議な結びつきを深めていく……」、という短い紹介文が掲載されました。

刊行日 2005年10月8日 11月号
書 名 「中央公論」
出版社 中央公論新社
執筆者 千葉 望
タイトル 「中公読書室(Monthly Book Review)」
「不忍池の蓮に荘厳された中国人女性との愛の物語」
本文→

刊行日 2005年10月6日 11月号 No.139
書 名 「ダ・ヴィンチ」
出版社 メディアファクトリー
タイトル 今月の注目本 130
本文→

[18]『やおよろず的』
刊行日
書 名
タイトル
「神戸新聞」2005年11月6日 朝刊の13面/新刊
「信濃毎日新聞」2005年10月30日 北信版朝刊の13面/新刊
「河北新報」2005年10月23日 朝刊 読書11面/新刊抄
「福島民報」2005年10月15日 文化面/新刊抄
内 容 まとめすぎない志
「『やおよろず的』とは、中央集権化しないで、さまざまな価値を並列させてあげる状態、ユナイトとは反対の日本的な概念である」、と紹介されました。(4紙共に内容は同じです。)

『なぜ、悩む!』のその他の書評は、サンガ(Samgha)→のサイトでもご覧になれます。
[17]『なぜ、悩む!』
刊行日 2005年10月20日 2005年 Autumn 平成17年|秋号
書 名 「ダーナ」(DANA)
出版社 佼成出版社
タイトル DANA INFORMATION BOOKに紹介記事掲載。
本文→

刊行日 2005年第72巻(平成17年)第9号
書 名 「大法輪」
出版社 大法輪閣
タイトル 「書物の輪蔵」にて短い書評。
本文→

刊行日 2005年6月25日
書 名 「福島民報」
タイトル
内 容
文化面の「読書」にて。
玄侑:「日本の仏教がいかに方便に満ちているかが実感できた。方便の海に溺れている我々の現実に、長老の言葉は実にさわやかに響く」
スマナサーラ:「仏弟子の世間話から人生の役に立つ見方や生き方に関するヒントが見つかると思う」と両者のコメントと共に短い書籍の紹介文が掲載されました。

前に戻るup