[41]四雁川流景 b3
[40]阿修羅
[39]観音力
[38]息の発見

[37]テルちゃん b3
[36]般若心経で救われるか
[35]<問い>の問答
[34]龍の棲む家
[33]仏弟子の世間話
[32]わたしを超えて いのちの往復書簡
[31]現代と仏教

[30]極上掌篇小説 b3
[29]慈悲をめぐる心象スイッチ
[28]私だけの仏教
[27]現代語訳 般若心経
[26]サンショウウオの明るい禅
[25]マンガ仏教入門

[24]お坊さんだって悩んでる b3
[23]ベラボーな生活

[22]心の力 b3
[21]自燈明
[20]禅語遊心

[19]祝 福 b3
[18]やおよろず的 
[17]なぜ、悩む! 

[16]禅と脳 b3
[15]仏教・キリスト教 死に方・生き方
[14]死んだらどうなるの?

[13]脳と魂 b3
[12]実践!「元気禅」のすすめ

[11]リーラ 神の庭の遊戯 b3

[10]禅的生活 b3
[09]あの世 この世
[08]まわりみち極楽論

[07]アミターバ b3
[06]御開帳綺譚
[05]化蝶散華

[04]アブラクサスの祭 b3
[03]中陰の花
[02]水の舳先
[01]朝顔の音
書評トップへ→
top

[その他]

刊行日 2009年2月8日 2月号
書 名 「国文学 解釈と鑑賞」
出版社 (株)至文堂
執筆者 秋山稔(金沢学院大学教授)
内 容 「玄侑宗久『拝む女』・『中陰の花』における越境と救済」

特集「現代作家と宗教-----仏教編」
秋山稔氏による論考掲載。
「玄侑宗久『拝む女』・『中陰の花』における越境と救済」。
この雑誌は、至文堂のサイトからもお求め頂けます。


[42]『無常という力』の書評

刊行日 2011年11月27日 12月号
書 名 「波」
出版社 新潮社
執筆者 養老孟司(作家・学者)
内 容 「なぜ今、『無常』が心を強く打つのか」

[41]『四雁川流景』

刊行日 2010年9月15日 秋号 9月号
書 名 「ダーナ」(DANA)
出版社 佼成出版社
内 容 BOOKコーナーにて紹介。「布袋葵」ほか6編を収録。四雁川の流域を舞台に人々の生と死を緻密に描く一期一会の短編集。

刊行日 2010年9月15日 10月号
書 名 「文學界」
執筆者 道尾秀介(作家)
内 容 「文學界図書室」ページにて、タイトルは「命を優しく運ぶ川」。

[40]『阿修羅』

刊行日 2010年1月9日 夕刊
書 名 「読売新聞」
執筆者 石田衣良(作家)
内 容 「石田衣良さんの愛書探訪」「心の不思議 三重人格の妻」

刊行日 2010年1月7日 2010年2月号
書 名 「文學界」
執筆者 伊藤氏貴(文芸評論家)
内 容 『阿修羅』〜多重人格、「物語」の病〜

刊行日 2009年12月11日
書 名 「週刊読書人」
サイト名 日本財団公益コミュニティサイト
執筆者 近藤裕子
内 容 「病を治療者の側からとらえなおす」

刊行日 2009年12月20日号
書 名 「西日本新聞」
執筆者 原口真智子(作家)
内 容 「読書館」「三重人格が合流する過程」


刊行日 2009年12月7日 2010年1月号
書 名 「新潮」
執筆者 春日武彦(文芸評論家)
内 容 タイトルは「文学的な病とは何か」

刊行日 2009年11月29日号
書 名 「北海道新聞」
サイト名 Doshin Web(11/29の書評に掲載)
執筆者 田中和生(文芸評論家)
内 容 書評欄「ほん」“「いくつもの自分」再生”
本文→

刊行日 2009年12月6日号
書 名 「京都新聞」
内 容 書評欄 共同通信の配信記事です。

刊行日 2009年12月6日
サイト名 msn.comの産経ニュース内、書評コンテンツ
執筆者 関口苑生(文芸評論家)
内 容 物語を紡ぎ出す思い入れ

刊行日 2009年11月25日号 朝刊
書 名 「読売新聞」
執筆者 道尾秀介(作家)
内 容 「新読書生活」「21世紀活字文化プロジェクト」

刊行日 2009年11月29日号
書 名 「朝日新聞」
執筆者 江上剛(作家)
内 容 書評欄


刊行日 2009年11月15日 冬号
書 名 「DANA(ダーナ)」
出版社 佼成出版社
内 容 日本でも増えつつある「解離性同一性障害」。その心の病をテーマに挑んだ最高傑作。文学は救いの手を差しのべられるか?

刊行日 2009年11月17日(11月27日号)
書 名 「週刊朝日」
出版社 朝日新聞出版
執筆者 清水良典(文芸評論家)
内 容 週刊図書館
本文→

[39]『観音力』

刊行日 2009年9月15日 秋号
書 名 「DANA(ダーナ)」
出版社 佼成出版社
内 容 「観音力」とは、相手や状況に応じて、相応しく変化する「応化力」のこと。いのちはそもそも、この力があり発揮できると説く。本書は、変化の時代を生きる「無限の応化力」について語った講演とエッセイ。

[38]『息の発見』

刊行日 2008年11月19日 27日号
書 名 「週刊新潮」
出版社 新潮社
内 容 書評コーナー“TEMPO BOOKS”に紹介されました。
「生を実感することであり、命への気づきである」

前に戻るup