[41]四雁川流景 b3
[40]阿修羅
[39]観音力
[38]息の発見

[37]テルちゃん b3
[36]般若心経で救われるか
[35]<問い>の問答
[34]龍の棲む家
[33]仏弟子の世間話
[32]わたしを超えて いのちの往復書簡
[31]現代と仏教

[30]極上掌篇小説 b3
[29]慈悲をめぐる心象スイッチ
[28]私だけの仏教
[27]現代語訳 般若心経
[26]サンショウウオの明るい禅
[25]マンガ仏教入門

[24]お坊さんだって悩んでる b3
[23]ベラボーな生活

[22]心の力 b3
[21]自燈明
[20]禅語遊心

[19]祝 福 b3
[18]やおよろず的 
[17]なぜ、悩む! 

[16]禅と脳 b3
[15]仏教・キリスト教 死に方・生き方
[14]死んだらどうなるの?

[13]脳と魂 b3
[12]実践!「元気禅」のすすめ

[11]リーラ 神の庭の遊戯 b3

[10]禅的生活 b3
[09]あの世 この世
[08]まわりみち極楽論

[07]アミターバ b3
[06]御開帳綺譚
[05]化蝶散華

[04]アブラクサスの祭 b3
[03]中陰の花
[02]水の舳先
[01]朝顔の音
書評トップへ→
top

[30]『極上掌篇小説』
刊行日 2007年1月10日 1月18日号
書 名 「週刊新潮」
出版社 新潮社
タイトル
内 容
「TEMPO BOOKS」に書評。「本書は、30人の現代作家による川端康成の『掌の小説』のオマージュである。掌編ならではのアイディアと技の競演。」

刊行日 2006年12月4日 12月16日号
書 名 「週刊現代」
出版社 講談社
執筆者 榎本 正樹(現代文学の批評家、研究者)
タイトル
内 容
「現代ライブラリー( GENDAI Library)」
「“掌”に乗るほどの小宇宙の中に多彩なジャンルの“物語”が満載」「“作家ガイド”にも」

刊行日 2006年11月16日 11月23日号
書 名 「週刊文春」
出版社 文藝春秋
タイトル
内 容
「文春図書館」の“新刊推薦文”で紹介されました。「川端康成の『掌の小説』にインスパイアされた掌篇小説シリーズが一冊の本に」

[29]『慈悲をめぐる心象スイッチ』
刊行日 2006年11月6日 12月号
書 名 「和 樂」
出版社 小学館
執筆者 千葉 望(フリー・ジャーナリスト)
タイトル
内 容
「Craft,Art,Songs,Books,Music,Movie」
連載“Books”で紹介。今号の一冊/waraku column
本文→

刊行日 2006年10月20日 2006年 Autumn 平成18年|秋号
書 名 「ダーナ」(DANA)
出版社 (株)佼成出版社
タイトル
内 容
DANA INFORMATON BOOKに紹介記事掲載。
本文→

[28]『私だけの仏教』
刊行日 2006年10月12日発売
書 名 『新書365冊』
出版社 朝日新書006/朝日新聞社
執筆者 宮崎 哲弥(評論家)
内 容 月刊「諸君!」に連載していた「新刊書評」の文庫化。仏教のカテゴリー(第15章)の中の、「仏教“More”」で『私だけの仏教』が紹介されています。

[27]『現代語訳 般若心経』
刊行日 2006年11月7日 12月号
書 名 「ミセス」
出版社 文化出版局
執筆者 斎藤みち子
タイトル
内 容
Mrs View December 2006 Book 編集部のおすすめ
本文→

刊行日 2006年11月8日 12月号
書 名 「大法輪」
出版社 大法輪閣
タイトル 「書物の輪蔵」に紹介文。「純文学の作家で、また僧職にある人が現代語訳するのだから、わかりやすい工夫がいろいろ仕掛けられている。」

刊行日 2006年9月28日 2006 AUTUMN
書 名 「助六(SUKEROKU)」NAVI 11月号増刊
出版社 (株)二玄社
タイトル 「いのち」のリアリティを取り戻すための現実的な道が示された「般若心経」。その「こころ」を体感するために著された最新作。

[26]『サンショウウオの明るい禅』
刊行日 2006年8月9日発売 8月17日・24日号(夏の特大号)
書 名 「週刊文春」
執筆者 五木 寛之(作家)
内 容 「この夏、日本をもっと知るための50冊」の中で、『サンショウウオの明るい禅』(海竜社)を推薦。
「このところ大車輪の玄侑宗久師だが、薄くて軽い体裁に重くて深い短文が涼風を吹き送る感じの『サンショウウオの明るい禅』。さっと読めるが、くり返し読んでも面白いところがお徳用。」

[25]『マンガ仏教入門(仏陀、かく語りき)』
刊行日 2006年8月3日発売 8月10日号
書 名 「週刊文春」
執筆者 宮崎 哲弥(評論家)
内 容 「文春図書館」「宮崎哲弥謹製・ミヤザキ学習帳」
連載最終回「地獄にホトケ!」の中で、複数の仏教書籍の紹介をし、その中で『マンガ仏教入門』を「手軽だが中身は濃い。」と推薦しています。

前に戻るup