雪月花 4月以降の「雪月花」はyaplogでお読みになれます。

【更新日:3月30日(水)】


福島県須賀川市で24日朝、有機農業30年の農家のご主人(64)が首をつって亡くなった。県内野菜の全面的出荷停止、摂取制限が出された翌日のことだ。29日の朝日新聞は「原発事故 生きがい奪った」と見出しをつけたが、本当にそうなのだろうか。私の手元にある第一回の野菜調査結果によれば、3月21日に調べた郡山市のキャベツからは放射性ヨウ素もセシウムも全く検出されていない。この結果がきちんと報じられていれば、彼はこんなことにならなかったのではないか。風評被害というより、国の判断をそのまま受け容れた人々の責任を感じるのである。県内野菜農家をかくも絶望させたのは、細かいデータを一般に示さなかったメディアの怠慢でもある。きちんと調べてみないと、お宅のキャベツが危険かどうか分からないではないかと、誰も言おうとしなかったからではないか。彼の畑には約7500株のキャベツが、すでに試食も済み、収穫直前の状態で残された。彼はホウレン草などが出荷停止措置になったあとも、「キャベツは少しずつでも出荷しないと」と話し、納屋の修理などに取り組んでいたという。それが23日、県内野菜の全面的な措置に及ぶと、男性はむせるような仕草を繰り返したのだという。このとき彼に訪れた感情はいったいどのようなものだっただろう。きっと彼は、あまりに偏頗な人の心の変わりように、あるいは生産者を無視した市場のありように、そしてそれを促した国の決定に、むせるほどの吐き気を感じていたのではないか。彼は30年以上前から有機栽培にこだわり、自作の腐葉土などで土壌改良を重ねてきた。キャベツは10年近くかけて種の蒔き方などを工夫し、この地域では育てられなかった高品質の種類の生産にも成功していた。安全な野菜づくりに長年心血を注いできた彼にとって、全面出荷停止、摂取禁止は、自らの愛した大地に普通に立っていられないほどの事態だったのだろう。むろんJAの勧めるような「見せかけ」の生産など、彼にはできるはずもなかった。日本の農業の良心が、大きく踏みにじられたのである。踏みにじったのは果たして、原発事故だけだろうか?


今日28日、JA全中の茂木会長や福島、栃木、茨城、群馬、埼玉、千葉6県の会長たちが仙谷官房副長官に、要請書を手渡した。何の要請かというと、「生産の再開が図られるよう、原発事故を早急に収束させる対策」だというのだが、同時に出荷停止処分を受けた人々や自粛している人々への補償、一時金などの特別措置も願い出ている。私はテレビで彼らが話す「汚染された作物」という言葉を漏れ聞いてしまったのだが、JAがそれを早々に認めてしまってどうするのだろう。私の手元には第二回の県内野菜の調査結果があるのだが、想像したとおり、喜多方や会津など、いわゆる会津地方の野菜は全く問題なしの結果である。国は「福島県産」すべての野菜について出荷・摂取を禁じる措置をとった。それに反発して調査の詳細を訴えるのではなく、JAはとにかく金銭補償を訴えたのである。これではグレーをブラックと認めたようなものではないか。たしかに風評被害は大きい。去年のうちに出荷した米まで戻されたという話も伝わってきた。それは消費者ではなく、愚かで冷たい販売業者のしたことである。しかしJAまでが同じ態度で売り物にならないと判断するのは早すぎないか? 今年のものが汚染されたものだとすれば、来年も再来年も、いや十年単位で風評は続くだろう。金をもらえばそれでいいという腐った根性は、なにより農業者を莫迦にしている。JAというのは、いったい何の組織だったか。言い訳は聞きたくない。私の手元にはもう一枚、問題文書がある。これは昨日(27日)の新聞に折り込まれたJAからの「東日本大震災にかかる対応について」と題された文書である。そこには土壌調査もまだ済まないというのに、「当面平成23年度産の米・青果物の春作業は時期に合わせ、従来どおり進めてください」とある。どういうことか。土壌に問題があれば手間暇かけても土壌改善をしなくてはならない。問題があるかどうか、それが気になって仕方ないというのが今の農家の心情ではないか。その農家の心情に与するのではなく、普通に植えておけば保証金がもらえるようにするから、「生産にかかる記録書面」を残しておくようにと、悪知恵を吹き込んでいるのである。生産し、出荷して収入を得るのは普通のことだ。しかし農家の人々に対し、JAは収入だけは得させるから廃棄される野菜を作れというのだ。JA、はて本当に何の組織だったっけ? 銀行か? 葬儀屋か? 着物や車の販売か? ああ、みんなやってたんだった。で、本業は

【更新日:3月26日(土)】



県内産野菜の調査の詳細を入手した。県内35カ所から採取した野菜だが、ここでは基準値以下で大丈夫だったものを紹介しよう。浅川町、石川町、郡山市のキャベツ、 新地町のニラ(ハウス)、相馬市のネギ、天栄村のふきのとう、二本松市のホウレン草、古殿町の小松菜、福島市のアサツキ、などである。しかも一つの市町村で二品目調べたのは二本松だけ。ちなみに県内でも会津地方は、今回全く調べられていない。 それなのに、イッショクタに県内産野菜として出荷停止である。県は早速今日、避難所のための野菜を大量に買って配送したようだが、果たしていつまで続けられるのだろう。会津地方にも大熊町などから避難民が多いのだが、どう考えても会津では会津の野菜を食べてもらえばいいと思う。放射能濃度から考えても会津は無事なはずである。石橋を叩いて渡るつもりでまず県内全域の野菜をダメだと言い、それから調べるというのでは県内西側があまりにむごい。橋が無事でも渡る人がいなくなってしまう。次の検査結果が出る頃には、出荷予定だった野菜の多くが処分されているだろう。わが三春町でも、今日は出荷できないホウレン草を軽トラックに積み、知り合いに無料であげている農家のおじちゃんがいた。三春で調べられたのはブロッコリーだけなのだが、他の野菜もみな買ってもらえないのである。ああ、福島の野菜に未来はあるのだろうか。些か農家に偏りすぎた考え方だと思われるかもしれないが、農家のおじちゃんおばちゃんたちは、詳細な検査結果で示されないかぎり自分の作った野菜を食べるに決まっているから、とにかく速やかな全体調査をお願いしたいのである。

【更新日:3月25日(金)】



昨日、福島県産の野菜50品目について、国は出荷と摂取を控えるよう要請した。いったいどの程度の場所で調べ、それぞれどの程度の値だったのかが知りたい。露地栽培かハウス栽培かも問わず、県内全域で、というのはあまりにも理不尽である。厚労省が調べたのは露地栽培ものだったことは分かっている。ならばハウスの場合はどうなのか、あるいは会津地方ではどうなのか、きめ細かな分析結果が欲しい。即刻公開していただきたい。なぜそういう詳細な情報を隠すのか。露地ものとハウスものの区別もなく、南会津まで一括りというのは、いくら何でも酷すぎる。はっきり申し上げて、水道から出た放射性ヨウ素は、たとえば郡山のほうが東京よりずっと少ない。会津若松など、モニタリングポストの放射能測定値が1μSVを上回ったのは、15日21時の一度だけである。地域別、野菜別の、詳しい測定結果が見たいのである。「福島県産」と見れば缶詰も味噌も返品してくるという莫迦な市場や消費者を作っているのは、情報を中途半端なオブラートで包んでいる人々ではないか。県内各地では、今も多くの行政が原発地区からの避難民を大勢受け容れている。彼らが毎日食べているのは、近隣の農民から寄付してもらった米と、やはり町の人々が毎日持ってきてくれる野菜なのである。東電から送られたカップ麺ばかり、毎日食べていられるはずがないではないか。福島県産の50種類もの野菜が地域に限らずダメだというなら、国や東電が避難民の毎日のおかずに使う野菜を送ってくれるのか。放射能測定値については「すぐに健康に影響するレベルではない」と言い続け、その挙げ句のこの処分はどう考えても承服できない。保証金をだせばそれで済むという問題ではない。土と共に生き、農業を生業にしてきた多くの農民の、これは今後の人生上の大問題なのだ。ざっくり「福島」などと括られたら堪らない。さあ、野菜別、地域別の詳細な検査の実際を公開せよ。ホウレン草は何カ所で調べ、キャベツやかき菜、ネギ、ニラ、エンドウなどは、この短期間に何カ所で調べたのか。露地ものとハウスものではどの程度違うのか、いったいどこまで調べたのか、どうか是非ともご教示いただきたい。現在、農業就業人口全国第2位の福島県の命運は、今回のことに関する政府のクイックな続報にかかっている。今が旬の春菊、ニラ、ホウレン草、イチゴなどを、県内全域で捨てさせる根拠はいったいどういう測定結果なのですか?  菅首相。県内の避難所の人々には、いったい何を食べていただけば宜しいのですか? 教えてください。

【更新日:3月15日(火)】



とんでもないことになってしまった。ただ私は無事なので、ご安心いただきたい。安否を気遣うメイルをたくさんいただきながら、お返事がしきれない状況なので、ここでご報告したいと思う。お寺の山門横の塀が倒れ、六地蔵が倒れ、墓地もかなりやられたけれど、もっと北や浜側の被災状況をテレビで見るにつけ、そんなことは言ってられないと思う。なにより建物本体は無事だし、この町はまだライフラインが繋がっている。電話はしばらく通じなかったけれど、水、電気は止まらないため、原発の危険から逃れてきた人々が1500人ほど町の施設で過ごしている。ただこの滞在、長期化の様相であるため、避難所の毎日の暮らしが今後の大問題である。この辺りも震度5〜6強に亘っており、本来なら被災地区なのだが、町の人々は自分の家の片付けもままならぬまま、炊き出しなどに協力し、物資も寄付している。これはかなり厳しい状況と云えるだろう。役場職員など徹夜の作業に追われたりしている。この状況でつくづく思うのは、電気や水の他のもう一つのライフライン、流通に頼った商売の脆さである。ガソリンもスーパーの品薄状態も、流通が損なわれた結果である。地場の食材を使った食品などはまだ供給されている。いずれにしても原発の状況がまだまだ流動的であり、予断を許さない。今回の問題の複雑さは、地震や津波などの被害に、原発や石油コンビナート、火力発電所などの危機が絡んでいることだろう。誰もすべての情報を握っている人はおらず、しかも分かった情報も隠そうとする。いわゆる「報道管制」である。三春町でも今日からスクリーニングができるようになった。原発地区からの避難民は今後も増えつづけるだろう。この災害は、ようやく始まったばかりなのだ。またなんと言っても南三陸町、山田町、石巻などの被害には眼を覆うが、大量死のご遺体の今後の扱いも気がかりだ。塩竃の和尚たちは火葬場でのボランティア読経を始めたらしいが、救援と供養とが同時に進められなくてはならない。いずれにしても未曾有の事態である。


【更新日:2月23日(水)】



ようやく春めいてきた。池にはまだ薄氷があるけれど、遠くの山の雪が砂糖菓子のように薄くなり、なにより木々の花芽が膨らみ、空気がとろみを帯びてきたのが分かる。かろうじて北国の一角に住む者ならではの喜びだろう。先日、境内で雪折れした桜の枝を拾い、台所で花瓶に挿しておいたら花芽が開きかけるほど膨らんできた。また大阪の釈徹宗さんとの対談に訪れた磐梯熱海の温泉宿では、やはり雪折れした梅の枝を室内で咲かせたものをいただいて帰った。この時期、雪折れした花木の枝には誰しも情が動くようだ。そういえば釈さんは、大学で教鞭をとる傍ら「むつみ庵」という介護施設を運営されている。浄土真宗は「情」の仏教と言い切る釈さんならではの、至難の実践である。南無阿弥陀仏。


【更新日:2月3日(金)】



今日は節分で、近くのお寺の行事に出かけてきた。お経を唱え、渡された一升枡のなかの落花生やミカンや硬貨などを、「福は内、鬼は外」と叫びながら外廊下で撒く。境内には大勢の檀信徒さんたちが、むくむくの防寒具に包まれて白い息を吐いている。「今年はミカンが高いので、投げないで手渡して」と住職さんが言うので、私は近くの人にミカンはそっと配り、それから硬貨は子供のほうに放り、そして最後に残った炒り豆だけ、右手一杯にまとめて遠くへ投げた。するとその豆は、なぜかまとまったまま飛んでいき、ある女性の、ふいに上げた顔にまともに全部当たったのである。けっして狙ったわけではないのだが、女性は泣きそうな顔で私を睨んだ。私がそのとき叫んだのが、「福は内」ではなく、「鬼は外」だったのもいけなかったのだろう。ごめんなさいね、お姉さん。今年は当たり年にしてください。それにしても、ミカンや硬貨じゃなくて本当によかった。


【更新日:1月18日(火)】



 人の噂も75日と云う。また初物を食べると、75日長生きするとも云う。どうして75日なのか、根拠を考えてみたが、やはり75日経つと、次の季節に入るということなのだろう。猛暑も秋風が吹きはじめるとともに忘れる。春が到来すると冬の寒さ辛さも忘れる。それだけでなく、日本人はさまざまな出来事を、季節感のなかで記憶に定着させているのではないだろうか。昨日、友人が入院すると言ってきた。明日が手術である。今朝は、学生時代に毎週のようにお邪魔していたお宅のオバサンが亡くなったという知らせがあった。プロテスタントの洗礼を受けた方で、宗教や文学にまつわる話をよくしたものだった。冬にはなぜか大きな出来事が起こるけれど、75日経てばまたきっと新たな双葉に気づくのだろう。


【更新日:1月1日(土)元旦】



 新年あけましておめでとうございます。
 昨年は、政治の不振と不審と不信が目立ち、非常に混迷した年だったように感じますが、新たな年が始まったのを契機に、なんとか明るい年になってほしいものです。
 今年の干支は、辛卯(かのと・う)。辛とは、上と干との組み合わせで、地下にあった陽のエネルギーが地上に噴出する形です。卯というのもこれは陽気の衝動ですから、双方が合わさって大変なことになりそうです。ただ、膨大なエネルギーも、出口を間違えると紛糾、動乱になりかねません。要は、まっとうな革新のエネルギーになるために、保守すべきものをはっきりさせなくてはいけない、ということでしょう。
 革新が真に革新であるためには、その対偶である保守が明確にならなくてはならない。やはりこれも「両行」なのですね。
 翻って自分自身のことを想っても、要求に応じて流動する在り方を少し反省し、「根」を見つめる時間をもっと持つべきであるような気がします。
 「根」を見つめるということが、小説を書くことなのか、それとも他のことなのか、それはよく分かりません。
 去年は新しい弟子ができて副住職になり、お寺のほうにも大きな変化があったわけですが、そうした環境の変化によって、今まで気づかなかった「根」も生えているのかもしれません。
 ともあれ最近は、『根の営み』という父の写真集につけたタイトルが、しきりに思われてならないのです。
 今年もさまざまなご縁でいろんな「根」を見つけることが愉しみです。
 皆様もどうか保守と革新が双つながら盛り上がりますよう、お祈りしております。




平成23辛卯歳 元旦       玄侑宗久 拝



2011.1-3
2010.1-12
2009.1-12 1

過去の雪月花へ

top


前に戻るup