お坊さんだって悩んでる

本来言葉は因果律に則らないと人の理解を得ることは難しい。 しかし、言葉という道具を使いながら、 因果の及ばない時間も書けると思いますよ。――玄侑 僧侶とは生の専門家 <「手を抜く」というのは嫌なのです>と本書のなかできっ […]

続きを読む…

お坊さんだって悩んでる

 柔らかく、謙虚な口調で書かれた人生案内。坐禅をはじめとする禅の技術を備える著者は、ややこしい現代を生き抜く知恵を伝える、説法の技術も極めつつあるようだ。本書に収められている27の問答は語り口調でありながら、じつは紛れも […]

続きを読む…

お坊さんだって悩んでる(匿名希望 女性)

昨年12月に父が亡くなり私の家も初盆になります。父のたっての願いで生まれ故郷の真言宗のお寺に墓所があり、そちらのお寺でお葬式も法事も一切お願いしていますが、なにせ、私たちの住んでいる場所は神戸。全く知らないお寺さんなので […]

続きを読む…

知られざる僧侶の悩みの数々

 お坊さんといえば人格者。徳があって迷いがないと思っていたら…。 「お葬式の意味をどう子どもに説明すればいい?」「跡取りが茶髪だけどどうしよう?」「イラクに派遣される自衛隊員にかける声は?」  仕事や家族の問題から社会問 […]

続きを読む…

トップへ戻ります