それとない「ご縁」の有難さ

本書は玄侑さんにとっての初めての対談集ということになります。そのタイトルの「多生の縁」という言葉には、何か特別な意味合いがこめられているのでしょうか。 「多生の縁」というのは不思議な言葉で、文字通り「多くの生」を表してい […]

続きを読む…

トップへ戻ります