うゐの奥山 第34回

「忘れる」ことの功徳(くどく)

 十二月には「忘」年会が幾つもあり、一月になると今度は「新」年会がある。日本人が宴会好きなのは確かだが、どうもこの「忘」れて「新」たにするというやり方がじつに日本的である。
 中国人に「忘年会」という文字を見せると、年齢に関係ない無礼講だと思うらしい。たしかに忘年会も無礼講のような集まりだが、何を「忘」れるのか、と考えると、やはり年齢ではなく「この一年の苦労」なのだろう。
 思えば日本人の挨拶じたい、お辞儀して直近の過去を忘れ、新たな「今」に向き合う作法だし、「今日は」「今晩は」という挨拶言葉も、前日や昼間との連続性を断ち切り、新たな気持ちで今日や今晩を迎えようとしている。
 立礼は七世紀後半に天武天皇が詔で定め、「今日は」の原型に当たる「こんにった」は室町時代に登場する。現在まで続く言わば「一から出直す」形の挨拶が、室町時代にできあがったのである。
 ちょうどその頃、後に出家する伏見宮貞成(ふしみのみやさだふさ)親王が、『看聞日記』に年末の連歌の集いのことを書いている。酒を一献交わしてから連歌百句を詠み、次第に酒盛りになって乱舞まで始まり、それは歳忘のように面白かった(其興不少歳忘也)と書き付ける。どうもこの書き方からすると、「歳忘(としわすれ)」と呼ばれる庶民の行事が、当時からあったようなのである。文献に出る「歳忘」はこれが最初だが、初めに連句を詠みあうあたりが今とは違う。ただ忘年会が相当古い行事であることはこの記事からも分かるだろう。
 よく、忘れてばかりいるから日本人は建設的に事を進められない、というような意見を耳にする。しかし日々の辛さを忘れ、憂さを晴らすことは、本人の精神衛生上も、周囲の人々にとっても、意義深いことではないだろうか。
 東日本大震災の記憶も、風化した、忘れられた、と嘆く人々を見かけるが、きっちり学んだり体験したりしたことを、そう簡単に忘れるはずもない。忘れたとすれば、それは忘れた方がいい些細なことか、忘れたいほど切実なことだろうと思う。
 人は、忘れなくては前に進めないという体験を、不如意にしてしまうことがある。我々の無意識は、もしかすると忘れるべき事柄を自動的に選別し、忘れさせるように働くのではないだろうか。
 かくして、身につき、忘れないことだけが大切なこと、という自然選択の恩恵を、我々は享受できる。忘れるからこそ憶いだす喜びも味わう。これぞコンピューターにはあり得ない人間だけの能力だ。
 所詮、宴会で忘れる程度のことは、放っておいても忘れるのである。忘れないよう気遣うよりも、余計なことを忘れる努力をしたほうがいい。やがて暮れることさえ忘れるから、明けただけで目出度いのではないか。
 明けまして、本当におめでとうございます。

2015/01/31 東京新聞ほか掲載

タグ: ,

トップへ戻ります