1. Home
  2. /
  3. おしらせ
  4. /
  5. 「分冊文庫版 鉄鼠の檻 4」の解説を執筆

「分冊文庫版 鉄鼠の檻 4」の解説を執筆 ( 2005年11月5日 )

あるべきでないものは――矢張りない方がいい……発見なんかされなきゃ良かったんだ

「ああ云う場所はもう――これから先はなくなってしまうのだろうな」。京極堂は最後に独り言(ご)ちた。多くの仏弟子を次々に魔境へと拉(らっ)し去った妄念の寺が紅蓮の炎に包まれたとき、燃え落ちていく憑物の意外な正体が明らかになる。世界ミステリ史上もっとも驚くべき動機と犯人像を呈示した傑作、ここに完結。

玄侑が解説『檻を破る』を執筆しました(本サイトへの掲載はありません)。

書籍情報



題名
「分冊文庫版 鉄鼠の檻 4」の解説を執筆
出版社
出版社URL
発売日
価格
円(税別)※価格は刊行時のものです。
ISBN
Cコード
ページ
当サイトURL

タグ: 解説

トップへ戻ります