今後どういうものを書いていくかは、ご縁次第ですね。自分でもわからないんです。
(インタビュー・ 2006/4/1 )

出版社倒産という「縁」  第125回芥川賞を受賞した『中陰の花』や『アブラクサスの祭』などで知られる作家の玄侑宗久さんは、同時に福島県三春町にある臨済宗妙心寺派福聚寺の副住職でもある。だが、初めから生家である福聚寺を継ご […]

続きを読む…

禅的生活のススメ 理屈の届かない世界を味わう
(インタビュー・ 2004/4/1 )

最新著作の『禅的生活』の中で説かれている「お悟り」に近付けるようになるにはどのようなことを意識して過ごしたら良いか、聞かせて頂けますか。 我々は普段、論理や計算、思考を掌る左脳を使う、いわゆる「左脳的な時間」を過ごしてい […]

続きを読む…

トップへ戻ります