禅的生活のススメ
(インタビュー・ 2006/9/28 )

作家であり、臨済宗妙心寺派の僧侶でもある玄侑宗久氏。氏に坐禅とはいかなるものかを伺った。するとその心は、感覚しても知覚しない、“三味(さんまい)”にこそ意味があるのだと答えられた。 坐禅の境地、三昧を体感する  「坐禅を […]

続きを読む…

今後どういうものを書いていくかは、ご縁次第ですね。自分でもわからないんです。
(インタビュー・ 2006/4/1 )

出版社倒産という「縁」  第125回芥川賞を受賞した『中陰の花』や『アブラクサスの祭』などで知られる作家の玄侑宗久さんは、同時に福島県三春町にある臨済宗妙心寺派福聚寺の副住職でもある。だが、初めから生家である福聚寺を継ご […]

続きを読む…

トップへ戻ります