走馬燈
(エッセイ・ 2019/8/31 )

 むかし修行道場にいた頃、だから三十年以上前だが、地上七メートルほどの木の枝から落ちたことがある。いや、枝からというより、枝ごとと言ったほうが正確だろう。栗の木の枝下ろしを近所から頼まれ、雨が降っているのに大勢で出向いた […]

続きを読む…

鱗敷
(エッセイ・ 2019/7/31 )

 お寺の改修工事も終盤にはいり、いよいよ境内の敷石を直しはじめた。  禅寺の敷石の基本形は「鱗敷(うろこじき)」といい、正方形の板石の角と角とを突き合わせて置く。歩幅が合わないと歩きにくいため、先代住職(つまり私の父)が […]

続きを読む…

敷地内引越し
(エッセイ・ 2019/6/30 )

 このところ、福聚寺は引越しで慌ただしい。そんなことを電話で答えたら、「えっ、お寺が引越しですか」と驚かれた。なるほど、通常は引越しといえば、別な場所に移り住むこと。まさかお寺が引越すとは誰も思わないだろう。実際、私が申 […]

続きを読む…

仮設トイレでの快哉
(エッセイ・ 2019/2/17 )

 シナイ半島への陸自派遣が決まった。二回目の米朝首脳会談も決まり、日ロの領土交渉も大詰めに向かいつつある。世の中を見まわすと息苦しい出来事に満ち、また私も原稿の〆切が間近に迫っていたのだが、二月十日のお寺ではそれどころで […]

続きを読む…

壁と三和土の魅力
(エッセイ・ 2018/10/31 )

 建築用語には古来の和語もあれば、外来の言葉もある。代表的なものとしては、「塀」や「柵」や「門」などが中国伝来の漢語。どうやら外との仕切りについての日本人の興味は、中国人に比べると些か希薄だったように思える。そういえば「 […]

続きを読む…

無茶
(エッセイ・ 2018/8/12 )

 筋道が立たないこと、道理に合わないことを昔から「無茶」という。誰もが何度も口にした言葉だと思うが、「無茶」はどうして「無茶」と書くのだろう? 小学館の『日本国語大辞典』によると、「無茶」はあて字、「無茶苦茶」もあて字だ […]

続きを読む…

聖「冬のポンプ屋さん」
(エッセイ・ 2018/2/4 )

 職業に貴賤(きせん)はないし、どの仕事もそれなりに大変なのはむろん承知している。海幸彦山幸彦の話を持ちだすまでもなく、どだい比べようがないのだし、かの福沢諭吉先生も他人の職業を羨(うらや)むことは世の中で最も下品なこと […]

続きを読む…

奉納演武
(エッセイ・ 2017/11/30 )

出版社 光文社
発売日 2008-04-17
価格 760円+税
ISBN 9784334034511

土と建物のおもしろい関係
(エッセイ・ 2017/2/28 )

 先日、庫裏の建築をめぐって今年初めての工程会議が開かれた。毎月たいてい一度は設計士の前田伸治先生(「暮らし十職」主宰)がお出でくださるのだが、この日も遠く伊勢から駆けつけてくださった。  いつも工程会議を進行する加藤工 […]

続きを読む…

志賀島
(エッセイ・ 2016/1/31 )

 先日、講演で福岡へ出かけた折に、女房と志賀島(しかのしま)まで行ってきた。全国でも珍しい砂州による陸繋島だが、今では「海の中道」という立派な道路で繋がり、潮の満ち干に関係なく車で渡れる。  志賀島といえば金印が発見され […]

続きを読む…

トップへ戻ります