動的平衡ダイアローグ 世界観のパラダイムシフト

紙書籍



著者
福岡伸一 
出版社
木楽舎 
出版社URL
発売日
2014年2月7日
価格
1500 円+税
ISBN
9784863240711 
Cコード
 
ページ
224 ページ
内容
「動的平衡」シリーズ待望の第3弾が遂に完成 ! !
生命の本質を鮮やかに喝破し、生命観のパラダイムシフトをもたらした動的平衡が新たに提示する、世界のありようとは?
いま、われわれに必要な哲学は何か?
小説、建築、文明、芸術、科学……。
各界をリードする8人の識者と、福岡伸一動的平衡論が共鳴する。

「記憶とは、死に対する部分的な勝利なのです」(カズオ・イシグロ)
「無常の世では揺らぐことが強さだ」(玄侑宗久)
「美しいと感じるのは、生物にとって必要だから」(千住博)

カズオ・イシグロ(作家)
平野啓一郎(小説家)
佐藤勝彦(宇宙物理学者、東京大学名誉教授)
玄侑宗久(作家・僧侶)
ジャレド・ダイアモンド(『銃・病原菌・鉄』作者、カリフォルニア大学教授)
隈 研吾(建築家)
鶴岡真弓(美術文明史家、多摩美術大学教授)
千住 博(日本画家、京都造形芸術大学教授)
もくじ
プロローグ

第一章 見えないものに、動的平衡は宿る
カズオ・イシグロ 記憶とは、死に対する部分的な勝利なのです
平野啓一郎 複数の「私」を生きる ― 分人主義とは ? ―
佐藤勝彦 「知的生命体」が宇宙にいるのは必然か
玄侑宗久 無常の世では「揺らぐ」ことが強さである

第二章 目に映るものは、動的平衡と寄り添う
ジャレド・ダイアモンド 未来の知は「昨日までの世界」に隠されている
隈 研吾 建築にも新陳代謝する「細胞」が必要だ
鶴岡真弓 「ケルトの渦巻き」は、うごめく生命そのもの
千住 博 「美しい」と感じるのは、生物にとって必要だから

対談を終えて

この本の感想をお寄せください

他の書籍

トップへ戻ります