インタビュー


えりすぐりの言葉を

(2020/07/01 共同通信からの配信記事 熊本日日新聞ほか多数の地方紙掲載)

新たな距離感つかんで  防疫は、差別を含んだ振る舞いだと思う。放射線は目に見えなくても測定できるが、ウイルスの有無は、すぐには分からない。だから、皆に対し、あるものだと思って接しないといけない。差別との線引きは難しい。 […]

続きを読む…


「離れてつながる」大仏に学ぶ 人が人を求める本質浮き彫り

(2020/06/24 朝日新聞(関西版)掲載)

 新型コロナウイルスとどう向き合うか。「コロナ禍」後の社会とはどんなものなのか。芥川賞作家で僧侶の玄侑宗久さん(64)に聞いた。  「感染症の防ぎ方がいったん過剰になるのは仕方ない。最初は『それじゃ離れすぎだろう』という […]

続きを読む…


6月24日の朝日新聞関西版夕刊にインタビュー掲載

( 掲載)

6月24日の朝日新聞関西版夕刊文化面に、インタビュー記事「コロナ禍 作家・僧侶の玄侑宗久さんに聞く 『離れてつながる』大仏に学ぶ / 人が人を求める本質浮き彫り」が掲載されます。 新聞紙上よりもweb版のほうが長い記事に […]

続きを読む…


河北新報にインタビュー掲載

( 掲載)

河北新報にインタビュー「『コロナ後』識者に聞く 消えた幻想変革の好機」が掲載されています。 […]

続きを読む…


毎日新聞にインタビュー掲載

( 掲載)

3月27日の毎日新聞「論点 東京五輪延期の衝撃」にインタビュー「『祭り』で現実忘れるな 」が掲載されています。(有料記事です) […]

続きを読む…


日本経済新聞にインタビュー掲載

( 掲載)

日本経済新聞のサイトに「僧侶・作家 玄侑宗久さん 『祭り』『博打』で思考停止 震災9年 被災地ゆかりの人に聞く」が掲載されています。 […]

続きを読む…


日本経済新聞朝刊にインタビュー掲載

( 掲載)

3月11日の日本経済新聞朝刊にインタビューが掲載されます(紙面ビューアーは早朝3時ごろまでに更新されます)。 […]

続きを読む…


光と影の両面 理解を共有

(2020/02/29 朝日新聞掲載)

2020年1月11日(土) 朝日新聞オピニオン欄「復興とは何でしょうか 玄侑宗久さんと『共に考えよう』」にて募ったご意見と玄侑のコメントが、2020年2月29日(土)の朝日新聞「声」欄に掲載されました。玄侑のコメントを掲 […]

続きを読む…


家庭画報4月号にインタビュー掲載

( 掲載)

2月29日発売の家庭画報4月号 特集「復興への祈りを込めて~東北の桜街道を行く」にインタビューが掲載されます。 […]

続きを読む…


復興とは何でしょうか 玄侑宗久さんと「共に考えよう」

(2020/1/11 朝日新聞 オピニオン欄掲載)

 東京電力福島第一原発の事故で、多くの福島県民がさまざまな形で被災しました。なかでも子供・若者を支援したいと、「たまきはる福島基金」を立ち上げ、理事長になりました。「たまきはる」は万葉の「いのち」の枕ことばです。ドイツか […]

続きを読む…


読売新聞福島版「災後の福島で」欄にインタビュー掲載

( 掲載)

1月11日の読売新聞福島版「災後の福島で」欄にインタビュー「誇り高く『自前で』生きる。」が掲載されています。 ※読売新聞オンラインは読者会員限定公開の記事です。閲覧には登録が必要です。 […]

続きを読む…


忘れる=心の声聞くこと

(2019/12/10 朝日新聞「耕論」〈こうろん〉掲載)

 一周忌、三回忌、七回忌……そして、基本は五十回忌まで。日本の仏教が、長らく受け継いできた伝統の一つに「年忌法要」があります。  たとえ普段は忘れていても、節目の年に法要を営み、故人をしのんで一生忘れないようにする。同じ […]

続きを読む…

1 2 3 8
トップへ戻ります