「六田知弘写真集 仏宇宙 Tomohiro Muda Buddha Universe」に解説「一隅を照らす」を執筆
(おしらせ・ 2020/3/27 )

「六田知弘写真集 仏宇宙 Tomohiro Muda Buddha Universe」に解説「一隅を照らす」を執筆しました。 また、この写真集の紹介記事を中外日報のサイトでご覧いただけます。 […]

続きを読む…


一隅を照らす
(エッセイ・ 2020/3/27 )

出版社 生活の友社
発売日 2020-03-03
価格 10,000円+税
ISBN 9784908429262


石田智子展「雑華zouke ありのままに」
(イベント・ 2020/3/5 )

石田智子は、紙撚(こより)を幾層にも重ね合わせて独自の世界を表出する美術作家です。彼女が作り出す幻想的な作品は、国内外で高い評価を得ています。 お寺に嫁いだ石田は、そこでの膨大な仕事を日々こなすなかで、紙撚による作品制作 […]

続きを読む…


六田知弘写真展「仏宇宙」開催記念トークショー
(イベント・ 2020/1/20 )

前期:2月11日(火・祝)~3月15日(日)「みほとけのかたち―日本」 後期:3月17日(火)~4月19日(日)「みほとけのかたち―アジア」 美術館開催案内より お二人は、2016年の六田さんの個展に玄侑さんが寄稿文を執 […]

続きを読む…


「竹林」……この厄介で魅力的な場所
(エッセイ・ 2018/1/9 )

 竹林とは不思議な場所である。風水ではその土地の歪みを矯正し、弱点を補うために竹を植えると聞いたこともある。また竹は地味豊かな土にしか生えないとされ、豊かな土壌の象徴でもある。  しかし最近は手が入れられず、放置されたま […]

続きを読む…


入我我入(にゅうががにゅう)
(エッセイ・ 2016/9/10 )

 シャシンと聞いて、初めに「捨身」を想い、それから「ああ、写真」と思う。けれども写眞の眞とは何なのか、六田氏の作品を眺めるうちにわからなくなる。  眞は、いつかどこかに存在した束の間の時間かというと、そうでもない。印画紙 […]

続きを読む…


村上マンダラの深化
(エッセイ・ 2015/10/31 )

自噴する修行僧のように制作を続けてきた村上隆氏が、今度は五百羅漢図を描いた。しかも見晴るかすことさえ難しい全長100メートルの大幅、高さも3メートルある代物である。戦後日本のアニメやおたく文化を入り口に、江戸期からの伝統 […]

続きを読む…


傾聴する僧侶
(エッセイ・ 2014/5/26 )

 昔は「旅の坊主に地侍」と言われた。僧侶は余所で生まれ育った人のほうがよく、侍は地縁血縁などをフルに利用するため土地の人のほうがいい、ということだろう。僧侶はどうしてその土地の人でないほうがいいのか、何度か考えたことがあ […]

続きを読む…


白隠 厳粛かつポップな禅僧
(エッセイ・ 2012/11/12 )

 白隠慧鶴禅師は貞享二(一六八六)年、駿河の国、原の宿に生まれ、明和六(一七六八)年、八十四歳で遷化した臨済宗の僧である。諡(おくりな)は後桜町天皇から「神機独妙禅師(しんきどくみょうぜんじ)」、明治天皇から「正宗国師( […]

続きを読む…


聖なる赤い糸玉
(エッセイ・ 2011/11/2 )

 あらゆる宗教の核に存在する「聖なるもの」を「ヌミノーゼ」と名づけ、その非合理な二面性を指摘したのは、ドイツの宗教哲学者、ルドルフ・オットー(1869~1937)だった。オットーによれば、人はその「聖なるもの」の前でまず […]

続きを読む…


白隠禪画墨蹟
(エッセイ・ 2009/3/21 )

出版社 二玄社
発売日 2009-03-23
価格 普及版55,000円、特装版100,000円+税
ISBN 普及版9784544013931/特装版9784544013948


帰りなん、いざ!
(エッセイ・ 2004/12/12 )

 つい先日まで、福島県立美術館で「田園の夢」と題する展覧会が開かれていた。その展覧会の副題についていたのが標記の言葉である。  これはご存じ陶淵明の「帰去来の辞」の一節。どうして、どこに帰るのかというと、「田園まさに蕪( […]

続きを読む…

トップへ戻ります