論評

玄侑の著作への書評などを掲載します。


共鳴する福島のリアル
竹林精舎 書評 (執筆:土方正志氏)

(2018/03/11 読売新聞掲載)

 芥川賞作家であり福島県三春町福聚寺住職でもある著者の新作である。東日本大震災をテーマとした短編集『光の山』で二〇一四年に芸術選奨文部科学大臣賞を受賞、以来四年、著者久々の長編小説だ。物語は若い僧侶・宗圭が京都での修行を […]

続きを読む…


「変化を見詰める心」~新刊「なりゆきを生きるー『うゐの奥山』つづら折れ」
なりゆきを生きる 「うゐの奥山」つづら折れ 書評

(2020/06/21 福島民報掲載)

 変化が激しく、想定を超えた出来事が次々と起きる現代をどう生きるか。三春町の芥川賞作家玄侑宗久(福聚寺住職)は、新刊「なりゆきを生きる-『うゐの奥山』つづら折れ」に東日本大震災後から現在までの心模様を率直につづっている。 […]

続きを読む…


無為自然と運命開拓の両行
なりゆきを生きる 「うゐの奥山」つづら折れ 書評(執筆:多田則明氏)

(2020/05/31 世界日報掲載)

 2012年4月から7年半、新聞に掲載されたエッセー集。福島県三春町にある臨済宗福聚寺(ふくじゅうじ)住職の著者は、東日本大震災直後に父を亡くし、原発事故被災者のケアに携わりつつ、寺の改修工事を行い、復興構想会議の委員や […]

続きを読む…


恋と放射能汚染が迫る選択
竹林精舎 玄侑宗久著 書評 (執筆:清水良典氏)

(2018/03/03 日本経済新聞掲載)

二〇一一年の東日本大震災の津波で両親を亡くした青年が、葬儀をしてくれた一人の僧侶の澄んだ「氣(き)」に感動して弟子入りを志願する。三年後、出家して宗圭(そうけい)と名を変えた彼は、新米住職となって福島県の過疎地にある「竹 […]

続きを読む…


ビールと味噌煮込み
東京新聞 文化面 取材ノートから (執筆:東京新聞記者 三品信氏)

(2013/11/21 東京新聞掲載)

 文壇のパーティーで玄侑宗久(げんゆうそうきゅう)さんを見かけた。ごちそうを召し上がり、手にはお酒のグラス。初対面だが、こうしたとき余計な一言をつい発したくなる。失礼ですが「葷酒(くんしゅ)山門に入らず」ではないのですか […]

続きを読む…


とり返しのつかないことを ─玄侑宗久『祈りの作法』
祈りの作法 書評 (執筆:大城立裕氏)

(2012/07/27 波 2012年8月号掲載)

 福島県三春町に一禅刹を守る作家が、原発災害とたたかいつつある、中間報告である。  講演、ルポ、日記(三月十一日から六月二十八日まで)の三章からなり、どういう順序で読んでもよくて、右の逆順が分かりやすいかとも思うが、私は […]

続きを読む…


心の不思議 三重人格の妻
石田衣良さんの愛書探訪 書評(執筆:石田衣良氏)

(2010/01/09 読売新聞掲載)

 講談社は日本最大の出版社。みんなも数々のマンガや雑誌などで、きっとおなじみだろう。その講談社が昨年十二月に創業百周年を迎(むか)えた。めでたいことである。創業時のスローガンは「おもしろくて、ためになる」だったという。ぼ […]

続きを読む…


多様な人格持つ人間存在の闇
阿修羅 書評 (執筆:江上 剛氏)

(2009/12 日本経済新聞掲載)

 妻、実佐子の中にもう1人の女性がいる。知彦は、いつもの控えめな妻ではなく奔放で、底意地の悪い女性の出現に驚く。彼女は、肉体は実佐子そのものであるにもかかわらず「あたしはあいつじゃないわよ」「トモミよ」とうそぶく。精神科 […]

続きを読む…


「多重人格」題材に人の無意識を描く
阿修羅 書評 (執筆・清水良典氏)

(2009/11/27 週刊朝日掲載)

 仏教啓蒙の仕事を旺盛に続けている著者の、作家としての実力のほどを窺わせる本格的な書き下ろし長編小説である。  めっぽう面白い。息を継ぐ暇もないほどの展開と、構成の妙に酔わされる。俗にいう「多重人格」、現在では「解離性同 […]

続きを読む…


テルちゃん
書評 (執筆:道尾秀介氏)

(2009/01 本が好き! 今年読んだ『最高の一冊』掲載)

 すべての生き物の中で、感情的な涙を流すのは人間だけだという。 ものの本によると涙にはエンケファリンという物質が含まれていて、これがじつは天然の鎮静剤なのだとか。つまり人間は感情が昂(たか)ぶったとき、泣くことによって心 […]

続きを読む…


テルちゃん
書評 (執筆:椋とんび氏)

(2008/12/01 介護保険情報掲載)

 これまで介護を扱ったさまざまな作品を読んできたが、そこには介護をめぐる困難さや苦労がつきものであった。介護とは苦痛を伴うものであり、できれば避けて通りたいというイメージは多くの人が抱いていると思う。  玄侑宗久氏の『テ […]

続きを読む…


龍の棲む家
書評 (執筆:道尾秀介氏)

(2007/12/14 日刊ゲンダイ 週間読書日記掲載)

 上野でフィラデルフィア美術館展をやっているというので、身支度を調えて前傾姿勢で出かけていった。どうして前傾姿勢だったかというと、館内でレンタルできる音声ガイド(イヤホン式)の声が、檀れいさんだと新聞広告に書いてあったか […]

続きを読む…


龍の棲む家
書評 (執筆:井口時男氏)

(2007/11/18 日本経済新聞掲載)

 父親に認知症が始まったと兄から知らされた幹夫は、実家に戻って父親と暮らし始めた。  働き盛りの男が仕事を捨てて介護に専念しようと決意するには大きな葛藤があろうと思うが、小説はそういう心理的背景には立ち入らない。また、父 […]

続きを読む…


まるごと受け入れるということ。
現代語訳般若心経 書評 (執筆:斎藤みち子氏)

(2006/11/07 ミセス(文化出版局)掲載)

 全部で262文字。短くてもっとも有名なお経の「般若心経」を現代語訳した本。  純文学の作家で、また僧職にある人が現代語訳するのだから、わかりやすい工夫がいろいろ仕掛けられている。お釈迦さまが大勢の求道者や修行者と一緒に […]

続きを読む…


仏教者の視点で宮澤賢治に新しい光を照らす
慈悲をめぐる心象スケッチ 書評 (執筆:千葉望氏)

(2006/11/06 和樂(小学館)掲載)

 数年前、朝日新聞社から出た『週刊朝日百科・仏教を歩く 日蓮』に、宮澤賢治に関する玄侑さんのこんなエッセイが載っていた。  「だいいち『春と修羅』の序文にしてからが、般若心経の翻案である。『わたくしといふ現象は、仮定され […]

続きを読む…


お坊さんだって悩んでる
書評 

(2006/10/10 Voice(PHP研究所)掲載)

 柔らかく、謙虚な口調で書かれた人生案内。坐禅をはじめとする禅の技術を備える著者は、ややこしい現代を生き抜く知恵を伝える、説法の技術も極めつつあるようだ。本書に収められている27の問答は語り口調でありながら、じつは紛れも […]

続きを読む…


YOUYOU INFORMATION BOOKS
ベラボーな生活 禅道場の「非常識」な日々 書評

(2006/09/01 ゆうゆう(主婦の友社)掲載)

 入門試験は玄関での座り込み、真冬も裸足で掃除と坐禅を繰り返し、出された食事は吐いてでも平らげねばならず……。老師や僧仲間とのエピソードを交え、禅道場での修行の日々を軽妙な筆致で綴った。限界の中で引き出される知恵とユーモ […]

続きを読む…


知られざる僧侶の悩みの数々
書評

(2006/08/28 夕刊フジ(産経新聞社)掲載)

 お坊さんといえば人格者。徳があって迷いがないと思っていたら…。 「お葬式の意味をどう子どもに説明すればいい?」「跡取りが茶髪だけどどうしよう?」「イラクに派遣される自衛隊員にかける声は?」  仕事や家族の問題から社会問 […]

続きを読む…


悩み解決のトライアスロン
お坊さんだって悩んでる 書評 (執筆:赤瀬川原平氏)

(2006/07/10 本の話(文藝春秋PR誌)掲載)

 このタイトルがいいですね。お坊さんだって悩んでいる。それはそうだろう、人間だから。とは思っていても、ふつうは表立ってテーマにはしない問題である。  つまり表立っては、お坊さんはもう悩まないと思われているのだ。出家して、 […]

続きを読む…


エンジョイ読書
ベラボーな生活 禅道場の「非常識」な日々

(2006/07/05 日本経済新聞掲載)

臨済宗僧侶の作家である著者は修行時代、肥料用の牛フンを手でつかむよう先輩に指示された。 ためらう著者に先輩は一言「なんで汚いんか、説明してんか?」。 禅寺修業の基をなすのは「人間に起こる奇跡を信じる」態度だという。 現代 […]

続きを読む…

トップへ戻ります