1. Home
  2. /
  3. エッセイ

エッセイ


リレーエッセイ シリーズ「人間とは」 人間、この厄介な生き物

(2024年6月 建長寺『巨福』(令和6年雨安居 第119号)掲載)

 釈尊は、成道した際に次のように呟いたとされる。「奇なる哉、奇なる哉、一切衆生悉く皆如来の智慧徳相を具有す。ただ妄想執着あるを以てのゆえに証得せず」(『註華厳法界観門』)  さまざまな解釈を見かけるが、私としては、妄想執 […]

続きを読む… from 人間、この厄介な生き物


なつかしの街、上野

(2024/05/10 うえの 2024年5・6月合併号(創刊65周年記念号)掲載)

 上野について書くようにとのご依頼だが、私は上野に住んだこともないし友人が住んでいるわけでもない。職場だったこともなければ近くの学校に通ったわけでもない。そもそも私に上野について書く資格などあるのか、と思えるのだが、なぜ […]

続きを読む… from なつかしの街、上野


通信文化 2024年5月号 巻頭言 「手紙」のなかの平和

( 通信文化 2024年5月号掲載)

 ウクライナで戦争が始まり、二年が経過した。戦時における言葉の意味の変化を示そうと、オスタップ・スリヴィンスキー氏は多くの被災者たちの文章を一冊にまとめた。それをロバート キャンベル氏が日本語訳したのが『戦争語彙集』(岩 […]

続きを読む… from 「手紙」のなかの平和


天真を養う 第21回 鶴は飛び、龍は起つ

(2024/05/01 墨 2024年5・6月号 288号(芸術新聞社)掲載)

「木庵性瑫筆一行書」 木庵性瑫  江戸時代  慶應義塾蔵(センチュリー赤尾コレクション)    長年の禅修行で磨き上げた人を昔から「龍象」と言う。我々には龍や象ほどの大力量が元々具わっているというのである。  ここでは龍 […]

続きを読む… from 鶴は飛び、龍は起つ


日曜論壇 第115回 散華

(2024/04/21 福島民報掲載)

 「願わくは花の下(もと)にて春死なむその如月(きさらぎ)の望月(もちづき)のころ」、西行法師はそう詠(うた)って、二月十六日に亡くなった。お釈迦(しゃか)さまと同じ如月(旧暦二月)の望月(十五日)の頃に往(ゆ)きたかっ […]

続きを読む… from 散華


天真を養う 第20回 福の海

(2024/03/01 墨 2024年3・4月号 287号(芸術新聞社)掲載)

一行書「福海無量」 慈雲尊者 江戸時代 紙本墨書 90×31.1 東京国立博物館蔵 出典:ColBase (https://colbase.nich.go.jp)  いったいどんな筆で書いたのか、そう思わずにいられない墨 […]

続きを読む… from 福の海


日曜論壇 第114回 デリケートな復興の行方

(2024/02/11 福島民報掲載)

 元日の夕方、私は町内の神社でお参りしたあと、仁王門の下に立ったまま急な揺れを感じた。頭上の梁(はり)がギシギシと鳴り、地面も振動し、すぐに女房のスマホから警報音が聞こえた。そして能登半島方面の地震であることが告げられ、 […]

続きを読む… from デリケートな復興の行方


天真を養う 第19回 把不住(はふじゅう)

(2024/01/01 墨 2024年1・2月号 286号(芸術新聞社)掲載)

雲居希膺禅師墨蹟「莫妄想」 雲居希膺禅師 紙本 26×57 東園寺蔵  なんというか、じつに清々しいというか、首筋が伸びるような墨跡である。余計なことを考えずに書いているのが直截に伝わる。思えば「莫妄想(まくもうぞう)」 […]

続きを読む… from 把不住(はふじゅう)


龍の休息

(2024/01/01 うえの 2024年1月号  イラスト H.OHUCHI掲載)

 古代中国の人々は、天空の変化の原因を龍の動きのせいだと考えた。雲、雨、雷や風もそうだ。「風」という文字の内部の「虫」は龍のことで、「鳳」+「虫」で「風」になった。また「虹」も一種の龍と見たため、「虫偏」なのである。   […]

続きを読む… from 龍の休息


日曜論壇 第113回 桃太郎のユーウツ

(2023/12/10 福島民報掲載)

 十二月七日、久しぶりに小説集が上梓(じょうし)された。タイトルは標題の『桃太郎のユーウツ』(朝日新聞出版)。この八年余の小説をまとめたものだから、やはり嬉(うれ)しい。今日はこの件について書いてみたい。  そもそも桃太 […]

続きを読む… from 桃太郎のユーウツ


写真集 つきをゆびさす 前文 指の真面目(しんめんもく)

(2023/10/10 写真集 つきをゆびさす掲載)

 下瀬さんの写真をしばらく眺めているうちに、なんとなく「偶然と必然」という言葉が浮かんできた。偶然に満ちた現実に、広く開かれた心の門戸を感じると同時に、それを扱う手つきと技術には必然とも言うべき方向性と手堅さが見える。そ […]

続きを読む… from 指の真面目(しんめんもく)


天真を養う 第18回 「今ここ」の歓喜

(2023/11/01 墨 2023年11・12月号 285号(芸術新聞社)掲載)

智入三世而無来往 月船禅慧 成田山書道美術館蔵  わが三春町には享保の頃、豆腐屋が百八軒あり、索麺(そうめん)打ちが二十三人いたという。人口六千五百人程度の町には些か多すぎるが、これは恐らく安居(あんご)のための備えだろ […]

続きを読む… from 「今ここ」の歓喜

1 2 3 32