新刊・近刊

心をたもつヒント
76人が語る「コロナ」

2020年9月19日 発売 909円+税

日本の仏教と十三宗派
2020年8月27日 発売
猫はあくびで未来を描く
2020年8月25日 発売
なりゆきを生きる 「うゐの奥山」つづら折れ
2020年5月9日 発売
泣いたあとは、新しい靴をはこう。  10代のどうでもよくない悩みに作家が言葉で向き合ってみた
2019年12月11日 発売
【文庫】荘子と遊ぶ 禅的思考の源流へ
2019年8月8日 発売
からだ、こころ、いのち 動作法と禅からの見方
2018年11月9日 発売
堀江重郎対談集 いのち 人はいかに生きるか
2018年11月1日 発売
憲法についていま私が考えること
2018年9月21日 発売

エッセイ(ランダム表示)

七転び八起き

2010年1月31日

 正月に達磨の軸物を飾るのは禅寺の習慣だが、うちのお寺では雪村筆の達磨図を大晦日に掛けることになっている。福聚寺七世であった鶴堂和尚の弟子になったのが雪村であり、僧名は鶴船周継である。  雪村は茨城県に生まれ、福聚寺開山 […]

続きを読む…

続きを読む(新しいタブで表示します)

剃髪への目覚めと、その後

2005年10月1日

 初めて頭を丸めたのは、小学校三年のときだった。これは綽名が「ぼうず」であったため、それに反抗する気分からだろう。「おうさ、坊主になってやろうじゃないか」という程度の、少年とすれば少し自虐的だが、勇敢な冒険だったのだと思 […]

続きを読む…

続きを読む(新しいタブで表示します)

「たまきはる福島基金」の今

2018年6月10日

 先日、「たまきはる福島基金」の理事会兼総会を郡山で開催した。今年で七年目に入る同基金の活動などを紹介したい。  もともとこの活動は、東日本大震災による甚大な被害を受けた市町村の、子供や若者たちを後押しするような活動を支 […]

続きを読む…

続きを読む(新しいタブで表示します)
トップへ戻ります