新刊・近刊

やがて死ぬけしき[増補版]
現代日本における死に方・生き方

2022年7月15日 発売 1540円+税

Living Life as It Comes (「なりゆきを生きる」英語版)
2022年3月7日 発売
「陽」HARU Light&Letters 3.11 見ようとすれば、見えるものたち。
2021年3月5日 発売
富山の置き薬(下)
2021年3月1日 発売
心をたもつヒント 76人が語る「コロナ」
2020年9月19日 発売
日本の仏教と十三宗派
2020年8月27日 発売
猫はあくびで未来を描く
2020年8月25日 発売
なりゆきを生きる 「うゐの奥山」つづら折れ
2020年5月9日 発売
六田知弘写真集 仏宇宙 Tomohiro Muda Buddha Universe
2020年3月3日 発売

エッセイ(ランダム表示)

無鉄砲と、鉄砲

2006年9月17日

 この夏、二人の青年がお寺に別々に訪ねてきた。一人は滋賀県から、もう一人は埼玉県からだ。なぜ二人を一緒に語るのかというと、二人とも自転車でやってきたのが新鮮だったからだ。  埼玉県の十九歳の青年は、じつは去年一度訪ねてき […]

続きを読む… from 無鉄砲と、鉄砲

続きを読む(新しいタブで表示します)

尊厳死の奥に深い人生と愛

2005年4月14日

 観(み)おわってしばらく、奇妙な高揚感に包まれた。  ある人々に対してこの映画は、尊厳死に関する映画だと紹介することも可能だろう。主人公のラモンは25歳のときに引き潮の海に飛び込み、海底に頭を強打して首から下が不随にな […]

続きを読む… from 尊厳死の奥に深い人生と愛

続きを読む(新しいタブで表示します)

お坊さんだって怒ってる

2008年4月25日

あの国の真似やめてほしい  標記のタイトルで原稿を受けてしまったものの、その後海の向こうでは多くのお坊さんたちが本当に怒りだした。ビルマでも、チベットでも、またそれを受けて世界中のお坊さんたちも怒っている。彼らの深く潜行 […]

続きを読む… from お坊さんだって怒ってる

続きを読む(新しいタブで表示します)
トップへ戻ります