新刊・近刊

なりゆきを生きる
「うゐの奥山」つづら折れ

2020年5月9日 発売 1600円+税

泣いたあとは、新しい靴をはこう。  10代のどうでもよくない悩みに作家が言葉で向き合ってみた
2019年12月11日 発売
【文庫】荘子と遊ぶ 禅的思考の源流へ
2019年8月8日 発売
からだ、こころ、いのち 動作法と禅からの見方
2018年11月9日 発売
憲法についていま私が考えること
2018年9月21日 発売
禅とジブリ
2018年7月4日 発売
マインドフルネス・レクチャー 禅と臨床科学を通して考える
2018年3月31日 発売
竹林精舎
2018年1月4日 発売
玄侑宗久講演録 生きる極意、しあわせ(仕合せ)の作法
2016年12月31日 発売

エッセイ(ランダム表示)

暮らしの中の宗教

2012年6月30日

 今回の特集テーマそのもののようなタイトルである。  「生活」を「暮らし」に変えたのは私の単なる趣味だが、私が書く以上それは「暮らしの中の『仏教』」ではないか、という疑念をもたれるかもしれない。  それについては、日本人 […]

続きを読む…

続きを読む(新しいタブで表示します)

ウイスキーという作品

2002年1月31日

 酒というと鹿児島では焼酎のことだが、酒といえばウイスキーを指した時代が私にはあった。二十代で小説を書き始め、しょっちゅう新宿界隈の飲み屋あたりでウイスキーをロックでやりながら、奇妙な波を描いて氷を溶かす琥珀色の液体を裸 […]

続きを読む…

続きを読む(新しいタブで表示します)

「黙識」あるいは言語道断の言語

2002年6月11日

 鈴木大拙と呼び捨てにできるわけもないし、かといって大拙さんというほど通暁しているわけでもない。鈴木さんでは別人のようだから、ここでは大拙博士と呼ぶことにするが、そんなことで悩むほどに、大拙博士は遠くて近い存在である。  […]

続きを読む…

続きを読む(新しいタブで表示します)
トップへ戻ります