新刊・近刊

「陽」HARU Light&Letters 3.11 見ようとすれば、見えるものたち。
2021年3月5日 発売 3,600円+税

富山の置き薬(下)
2021年3月1日 発売
心をたもつヒント 76人が語る「コロナ」
2020年9月19日 発売
日本の仏教と十三宗派
2020年8月27日 発売
猫はあくびで未来を描く
2020年8月25日 発売
なりゆきを生きる 「うゐの奥山」つづら折れ
2020年5月9日 発売
六田知弘写真集 仏宇宙 Tomohiro Muda Buddha Universe
2020年3月3日 発売
養生訓
2020年1月21日 発売
泣いたあとは、新しい靴をはこう。  10代のどうでもよくない悩みに作家が言葉で向き合ってみた
2019年12月11日 発売

エッセイ(ランダム表示)

タケノコ狩りと自立について

2004年6月6日

 ふつうタケノコは、「採る」ものであって「狩る」ものではない。しかし竹藪が広く、食べきれない分を宅配便で知人に送ってもなお出てくる余分については、もう「狩る」しかない。うちでは、「やっつける」とも言っている。柄の長い鎌や […]

続きを読む… from タケノコ狩りと自立について

続きを読む(新しいタブで表示します)

教育委員会という「飾り」

2012年7月22日

 このところ、滋賀県大津市の中二少年の自殺をめぐり、報道が盛んである。「いじめ」の有無について、教職員たちが話し合った形跡もあるが、実効のある予防策を講じることはできなかった。  こうした問題が起きると、いつも教育委員会 […]

続きを読む… from 教育委員会という「飾り」

続きを読む(新しいタブで表示します)

病気平癒、修羅克服への祈り

2021年6月1日

 すこし大袈裟かもしれないが、西洋と東洋の人間観の一番の違いは、アイデンティティ(自己同一性)を認めるかどうかではないかと思う。イデアを奉ずる西洋では多面多臂が登場すると必ずや悪者、化物であるのに対し、東洋では阿修羅や千 […]

続きを読む… from 病気平癒、修羅克服への祈り

続きを読む(新しいタブで表示します)
トップへ戻ります