新刊・近刊

         新版 まわりみち極楽論
2022年10月25日 発売 1430円+税

やがて死ぬけしき[増補版] 現代日本における死に方・生き方
2022年7月15日 発売
1日1話、読めば心が熱くなる365人の生き方の教科書
2022年3月29日 発売
Living Life as It Comes (「なりゆきを生きる」英語版)
2022年3月7日 発売
「陽」HARU Light&Letters 3.11 見ようとすれば、見えるものたち。
2021年3月5日 発売
富山の置き薬(下)
2021年3月1日 発売
心をたもつヒント 76人が語る「コロナ」
2020年9月19日 発売
日本の仏教と十三宗派
2020年8月27日 発売
猫はあくびで未来を描く
2020年8月25日 発売

エッセイ(ランダム表示)

南山に雲起こり……。

2016年11月30日

 禅語に、「南山に雲起こり、北山に雨下(ふ)る」という言葉がある。辞書によっては「雲を起こし」「雨を下(くだ)す」と訓じているが、これは中国語独特の表現であくまでも自発。他動詞的に訳すと余計な意味が付着する。  そんなこ […]

続きを読む… from 南山に雲起こり……。

続きを読む(新しいタブで表示します)

新 仕事の周辺

2011年6月12日

 四月から、政府の復興構想会議のメンバーをお受けすることになった。こういうことになると、じつにさまざまな方々からご連絡がある。手紙やメイルで資料を送ってくださる方、また「これは使えないか」と、放射線の防護や除染についての […]

続きを読む… from 新 仕事の周辺

続きを読む(新しいタブで表示します)

過渡的な解決策としての「赤ちゃんポスト」

2007年6月12日

 昔は、産んでしまえばなんとかなるさ、という楽観が社会に支配的だった。「案ずるより産むがやすし」ということわざも、その経験的実感に支えられていた。  しかし今や、育てられそうもないから中絶する、という考え方のほうが常識的 […]

続きを読む… from 過渡的な解決策としての「赤ちゃんポスト」

続きを読む(新しいタブで表示します)
トップへ戻ります