祈りの作法
(書籍・ 2012/7/31 )

出版社 新潮社
発売日 2012/7/31
価格 1365円+税
ISBN 9784104456086


とり返しのつかないことを ─玄侑宗久『祈りの作法』
(論評・ 2012/7/27 )

 福島県三春町に一禅刹を守る作家が、原発災害とたたかいつつある、中間報告である。  講演、ルポ、日記(三月十一日から六月二十八日まで)の三章からなり、どういう順序で読んでもよくて、右の逆順が分かりやすいかとも思うが、私は […]

続きを読む…


蜘蛛の中の銀
(エッセイ・ 2011/12/18 )

「キセノン」「テルル」「放射性銀」。我々の頭は未だに新たな知識を次々と求められている-。  三月十一日からちょうど8カ月が経過した十一月十一日、主に福島大学を会場にして「ふくしま会議」が開かれた。  十一日には全体会があ […]

続きを読む…


この秋の、切なる願い
(エッセイ・ 2011/11/18 )

首相の悲壮感漂うパフォーマンスは必要ない。安全な農作物は正当に扱われてほしい。  空は高くなり、水も澄んで、佳い季節になってきた。  お寺には、例年のように、美味しそうな秋の味覚が届けられる。二本松で大々的に栗を生産して […]

続きを読む…


正義はとっても困る
(エッセイ・ 2011/10/18 )

正義感にかられた女性からの「電話」は、福島の放射能を巡る問題を象徴するものだった――。  いま、放射能のことは、福島県内には限らない世界的な問題である。私自身も、中国やフランスの国営放送、ドイツの週刊誌「シュピーゲル」、 […]

続きを読む…

トップへ戻ります