立松和平 仏教対談集

紙書籍



著者
立松和平 
出版社
アーツアンドクラフツ 
出版社URL
発売日
2010年12月1日
価格
2000 円+税
ISBN
9784901592604 
Cコード
 
ページ
238 ページ
内容
生きるとは何か、仏教とは何か。時代と生活と宗教のかかわりを探る、11人の宗教者・作家たちとの集中対談。
もくじ
暮らしのなかの信仰の姿(玄侑宗久)
ブッダの出家とはどういうものだったのか(山折哲雄)
仏の教えにふれて、人生後半を安穏に生きる(大谷光真)
曹洞禅と日本人のこころ(板橋興宗)
道元が語ることー文化人類学的に(岩田慶治)
道元と懐奘ー師はいかに弟子を育てたか(角田泰隆)
道元禅師の生きた時代(五十嵐卓三)
『道元の月』をめぐって(坂東三津五郎)
なぜ道元を読み、山に登るのか(足立倫行)
修験の道「百霊峰巡礼」の世界観(神津カンナ)
一歩を出す、一歩ずつ進む。生活はすべて修業の場

関連リンク

この本の感想をお寄せください

他の書籍

トップへ戻ります