やがて死ぬけしき 現代日本における死に方・生き方

「やがて死ぬけしきはみえず蝉の声」――芭蕉はかつて、短い命を気にすることもなく生きて死んでゆく蝉の見事な姿をこう詠んだ。では私たちは、どのように死と向き合えばよいのか? 商品化される墓や葬儀、大震災と死、がん治療や新薬の […]

続きを読む… from やがて死ぬけしき 現代日本における死に方・生き方

トップへ戻ります