四雁川流景

鮮烈な一期一会 出逢い、別れ、そして流れゆく、川の水の如き 群像の心 龍が淵公園、櫟平団地、四雁川。芥川賞作家が想像の町を舞台に人々の生と死を緻密に描く。 […]

続きを読む…

【文庫】四雁川流景

鮮烈な一期一会 出逢い、別れ、そして流れゆく、川の水の如き 群像の心 最期まで演じきった、というより、もしかすると 父のもう一つの顔は、末期のときにも顕れないほど 奥深くにしまい込まれていたのかもしれない。(本文より) […]

続きを読む…

トップへ戻ります