1. Home
  2. /
  3. 書籍
  4. /
  5. 書評
  6. /
  7. Page 2

釈迦

この世は美しい。人の命は甘美なものだ――。釈迦入滅にいたる最後の旅は八十歳の時。侍者は、釈迦に二十五年間仕えたアーナンダひとり。老いた肉体を嘆きながら、釈迦は何を考え、どんな言葉を残したか……。今までになく親しみやすい人 […]

続きを読む… from 釈迦

知と愛

精神の人になろうとして修道院に入ったゴルトムントは、そこで出会った若い師ナルチスによって、自分は精神よりもむしろ芸術に奉仕すべき人間であることを教えられ、知を断念して愛に生きようと、愛欲と放浪の生活に入る。人間のもっとも […]

続きを読む… from 知と愛

トップへ戻ります