龍の棲む家(市川様 57才 愛知県 男性)

私にも必ず来るで在ろう、呆けると云う症状が、一体どういう事なんだろう?
そう思い手にし購読致しました。実際の処は本を読んでもハッキリとは判りませんでした。ただ、呆ける事が何と無く罪悪感だけは払拭出来たと思います。57年前愛しい母から迷惑を顧みず生まれ、その母を失ってからひとりの男として、この世の大河を落葉の葉のように流れています。
いつか私もこの世から隔離されるように存在しなくなるのでしょう。
今、私は呼吸をし、体調を気にしながら生き抜いて居ます。
ただ、それだけで何時かは龍に乗れるんだから・・・。
龍の棲む家は何処にでも在るんですよね。

書籍情報



題名
龍の棲む家
出版社
文藝春秋
出版社URL
発売日
2007/10/12
価格
1143円(税別)
ISBN
9784163263700
Cコード
ページ
156
当サイトURL


題名
【文庫】龍の棲む家
出版社
文藝春秋
出版社URL
発売日
2010/5/7
価格(税抜)
514円(税別)
ISBN
9784167692056
Cコード
C0193
ページ
208
当サイトURL
トップへ戻ります