阿修羅(仲様 76才 京都府 男性)

 「阿修羅」を読ませていただきました。実佐子が友美になり、やがて絵里にもなり、三人の人格のみならず趣向までちがった人間として存在する姿は不気味でありますが、深く考えたときに、それは現在の普通の生活をしているわれわれにもある現象にも思えてきました。この得体の知れない謎の部分に挑まれ筆を入れられた、すごさを、この小説の中味とともに感銘し読後いまも私の体内を支配しています。近頃まれに見る純文学に触れた思いで心に深く焼きつきました。ありがとうございました。

タグ:

トップへ戻ります