令和2年(2020年)“希望の一文字”を当てよう!
(おしらせ・ 2020/1/7 )

三春だるま市では、その年の「希望の一文字」を玄侑が考え、その「希望の一文字」が書かれただるまを開幕式にて発表しています。 令和2年の「希望の一文字」を当てた正解者の中から、抽選で8名様に「希望の一文字」入りだるまをプレゼ […]

続きを読む…

ダルマの一文字
(エッセイ・ 2012/1/15 )

 巨大なダルマの腹にその年の希望の一字を入れる行事も今年で3年目になる。  京都・清水寺の貫主さまが一年を振り返って揮毫(きごう)されるのに対し、こちらは新年の希望を込める。もともと「正月」とは禅寺の「修正会(しゅしょう […]

続きを読む…

七転び八起き
(エッセイ・ 2010/1/31 )

 正月に達磨の軸物を飾るのは禅寺の習慣だが、うちのお寺では雪村筆の達磨図を大晦日に掛けることになっている。福聚寺七世であった鶴堂和尚の弟子になったのが雪村であり、僧名は鶴船周継である。  雪村は茨城県に生まれ、福聚寺開山 […]

続きを読む…

トップへ戻ります