アミターバ-無量光明 書評 (執筆:尾崎真理子氏)

「生の謎」に迫る試み

 実際、<生の謎>に真摯に迫る作品は、今月も新たに生まれている。玄侑宗久氏(46)『アミターバ=無量光明=』(新潮)は、胆管がんに侵された八十歳目前の女性が、約三か月後に亡くなるまで、そして肉体を抜けて光になり、浄土=アミターバに受け入れられるまでを問わず語りするという、リアリズム小説の限界に挑んだ中篇。
 臨済宗の僧侶である作者は、語り手の婿にあたる<慈雲さん>のたたずまいと重なる。慈雲から素直に生と死にまつわる仏教の智慧を受け取り、ひとまず気持ちを落ち着けた上で、この老女は意識の混濁を迎えるのだが、そこから先の、現実の時間から意識が離脱して行くプロセスが生々しい。しきりに語られるのは、現実を超えて存在する時空を、「私」の意識が消滅することなく自在に駆け巡り、過去の時間の流れを鳥瞰(ちょうかん)する――、その圧倒的な幸福感である。
<たぶん人間って、いろんな時間や、その時間にいた自分を勝手に組み合わせて、自分の人生をまとめようとする(中略)それが最大の煩悩だと思う>。
 時間からの解放がすなわち「死」であるとする慈雲。なぜ浄土があっても不思議はないのか。アインシュタインの理論まで動員して「死」という現象に彼は言及していく。その言葉が慰めを超える説得力を備えているのは、宗教と科学、医学の問いを混入してなお壊れない、小説という入れ物を存分に活用しようという作者の意欲が、よほど強かったからだろう。

2003/10/23 読売新聞

書籍情報



題名
アミターバ ―無量光明
出版社
新潮社
出版社URL
発売日
2003/2/28
価格
1300円(税別)
ISBN
9784104456048
Cコード
ページ
161
当サイトURL


題名
【文庫】アミターバ ―無量光明
出版社
新潮社
出版社URL
発売日
2007/5/1
価格(税抜)
400円(税別)
ISBN
9784101166537
Cコード
ページ
175
当サイトURL

タグ: ,

トップへ戻ります