新刊Book Guide

脳と魂

 解剖学者と宗教者の非常にユニークで面白い対談集である。
 世俗の常識や西欧近代化型の思考にこだわってきた人なら、目からウロコ、あるいは目を洗われるような文言が、軽快に飛び交い、快い刺戟のなかで、分量を感じさせない楽しい読書時間が経過していくだろう。
 「瞑想(めいそう)というのは、基本的に、いわゆる概念を瞬時たりとも浮かべないっていうことなんです。つまり、われわれが今ここにいるっていうことも、思考をはじめた途端に過去の材料の中に入っていきますよね」(玄侑)
 「僕は宗教問題については、歴史の中に日本型の解決があったと思う。一種の宗教的相対主義だと思いますけど」(養老)
 教育問題、公と私、脳と魂等について歴史的、宗教的、哲学的に論じ、日本人の生き方に深い示唆を与えるのだ。(そ)

2005/04/22 小説宝石

書籍情報



題名
脳と魂
出版社
筑摩書房
出版社URL
著者・共著者
養老孟司・玄侑宗久
発売日
2005/1/13
価格
1600円(税別)
ISBN
9784480816412
Cコード
C0095
ページ
240
当サイトURL


題名
【文庫】脳と魂
出版社
筑摩書房
出版社URL
発売日
2007/5/9
価格(税抜)
700円(税別)
ISBN
9784480423269
Cコード
ページ
304
当サイトURL

タグ: ,

トップへ戻ります