祝福 書評 (執筆:石田千氏)

読書日和

 ずっと待っていたのだった。

一年じゅうむけられる、あまたのレンズから、不忍の蓮はようやくひとりを見つけた。憑かれた写真家は、一万七千回、シャッターを押すはめになった。

 まんまとフィルムにのりうつると、池を抜け出し、ふたたび迷わず、一本の筆にたどり着いた。北国に住む作家もまた、上野をさまようこととなった。

 ふくらんで、開いて、閉じて、枯れて朽ちる。植物の業が、ひとに呼吸をあたえた。

……本気だと感じた人の思いが、まるで圧縮ファイルがインストールされるように、すぐに自分のなかに移り、そして自動的に解凍されて起動しはじめる気がする。

 主人公のことばは、一冊にかかわった、それぞれの身のうちにおきた波だった。やはり縁は、人為のものではなかった。

 たしかにつながれた水面で、蓮は安らぎ、目を閉じる。

2005/11 室内

書籍情報



題名
祝福
出版社
筑摩書房
出版社URL
発売日
2005/9/9
価格
1600円(税別)
ISBN
9784480803900
Cコード
C0093
ページ
128
当サイトURL

タグ: ,

トップへ戻ります