書評 

お坊さんだって悩んでる

 柔らかく、謙虚な口調で書かれた人生案内。坐禅をはじめとする禅の技術を備える著者は、ややこしい現代を生き抜く知恵を伝える、説法の技術も極めつつあるようだ。本書に収められている27の問答は語り口調でありながら、じつは紛れもない書き言葉で無駄がない。物事の本質に迫り、政治的な判断からも逃れず、堂々と持論が展開されている。相談事が現世的、俗的になるほど小説的な面白さも加味されてきて、著者の器はまだまだうかがいしれない。

2006/10/10 Voice(PHP研究所)



題名
お坊さんだって悩んでる
出版社
文藝春秋
出版社URL
発売日
2006/7/20
価格
820円(税別)
ISBN
9784166605187
Cコード
ページ
280
当サイトURL

タグ: ,

トップへ戻ります