祝福

紙書籍



出版社
筑摩書房 
出版社URL
発売日
2005年9月9日
価格
1600 円+税
ISBN
9784480803900 
Cコード
C0093 
ページ
128 ページ
内容
写真と小説・歓喜に満ちた出逢い
可憐な蕾、妖艶な花びら、そして気高い滅びの姿―。蓮の秘密は写し取られ、今、物語が生まれる。奇蹟の恋物語。写真と小説のコラボレーション
坂本真典[写真]×玄侑宗久[小説]
本文から
植物としてのハスは、通常は「荷」と書いた。それに「蓮」という文字を当てはめるようになったのは、その花が「恋」を想わせたからだ。「蓮」と「恋」との音通を楽しんだ中国の文人たち。彼らによって蓮は、いわば「祝福」されたのである。
 それは蓮が、極楽の花として祝福されるずっと以前の話だ。
(本文より)

この本の感想をお寄せください

他の書籍

トップへ戻ります