1. Home
  2. /
  3. 書籍
  4. /
  5. 富山の置き薬(下)

富山の置き薬(下)

紙書籍



著者
富山市 
出版社
かまくら春秋社 
出版社URL
発売日
2021年3月1日
価格
2500 円+税※価格は刊行時のものです。
ISBN
9784774008318 
Cコード
 
ページ
160 ページ
内容

笑顔を届ける富山の薬売り

昨年・一昨年に発刊された『富山の置き薬』の第3弾。
江戸時代から連綿と続く富山売薬は、全国に薬と笑顔を届けてきた。本庶佑による巻頭エッセイをはじめ、奥田瑛二、遠山敦子、柴田理恵、室井滋、近藤誠一ほか、各界の30名による置き薬にまつわるエッセイを収録。富山売薬にまつわる文化や資料、また富山市の魅力を解説、写真とともに紹介。

●「富山の置き薬」(下)の刊行に寄せて 富山市
●「富山と私」 本庶佑
● エッセイ「置き薬をめぐる話」
執筆者・・・夏井いつき、奥田瑛二、遠山敦子、八木忠栄、太田麻衣子、山川静夫、鳴海章、堀口すみれ子、杉本耕一、平岡淳子、土田直敏、絲山秋子、宮内孝久、山本一力、広瀬晴子、若倉雅登、安藤和津、太田和彦、桝田隆一郎、石本沙織、間部俊明、田沼武能、柴田理恵、玄侑宗久、本木克英、水野真紀、安渕聖司、西村まさ彦、室井滋、近藤誠一
● 文化・資料コレクション
置き薬を届ける人、置き薬と学問、富山の置き薬に使われる生薬、置き薬に関するインタビュー、引き札とチラシ、置き薬と富山の産業、富山売薬と各地との関係
● 座談会「富山の置き薬とその風土そして文化」その2
青柳正規・中尾哲雄・中井敏郎・森雅志・伊藤玄二郎
● 富山市の魅力


関連リンク

この本の感想をお寄せください

他の書籍

タグ:

トップへ戻ります