莫迦

もともと僧侶の隠語
 以前、「全国アホ・バカ分布考」という本があった。題名にそぐわずまじめな言語学の本で、柳田国男さんの「蝸牛考」を推し進める形で言葉の発生と伝播(でんぱ)について論じていた。
 つまり昔の言葉のほとんどは京都で作られ、それが同心円状に伝播したというのだが、そのサンプルとしてけなし言葉の変遷を追っているのである。それによれば、京都周辺で使われている「アホ」などの言葉は新しく、東北や九州まで伝わった「バカ」「ヲコ」などは古いということになる。
 「バカ」という言葉の語源は、その本では「馬家」になっていた。つまり、中国に馬さんという人がいて、その家の息子が家をつぶしてしまう(破家)ほどの愚か者で、「馬家」のようだというのが愚かという意味になり、その言葉が平安時代の日本に伝わったというのだった。
 しかし別な説もある。これはもともと僧侶の隠語で、サンスクリットの「モハー」に漢字「莫迦」を当てたというのだが、「モハー」とは「痴」の意味である。
 なるほど当て字のウマイ中国では、お釈迦(しゃか)さまの「迦」に否定の「莫」を添えた。仏教徒ならずとも、納得できる字面である。一説には「マハーラカ」(=魔訶羅=無名の意)の転ともいうが、無名であることが「バカ」というのは了解しにくいだろう。
 いずれにしても、「馬鹿」と書くのはあまり根拠がない。秦の悪臣趙高の「鹿を指して馬という」との説が室町時代の「運歩色葉集」に採録されているが、あまり説得力がない。だいたい「馬鹿」では「バロク」と読むのが普通だろう。
2 しかし当て字とはいえ、お釈迦さまのようでないのを「莫迦」というなら、ほとんどの人が「バカ」ということになるだろう。最近は「バカの壁」を初め「バカ」という言葉が大手を振って歩いている。あの本の趣旨も、誰にも「バカの壁」があるということだから、「莫迦」とも矛盾しないだろう。
 それでも「バカ」という言葉は「アホ」よりも侮蔑(ぶべつ)度がつよく、ご使用にあたっては細心の注意が必要になる。上に「いやん」をつけると途端に柔らかくなるが、それでは締まりがない。さても日本語は難しい。

2005/01/12 徳島新聞ほか 暮らしの中の仏教語掲載

トップへ戻ります