ホラ吹き

「ウソから出た真」願う

 ホラ吹きとは、一般にはウソつきのことだが、事を大袈裟(おおげさ)に話すことも含むだろうか。その場合は特に「大法螺(おおぼら)を吹く」と言ったりする。
 ご存じのように、法螺とは修験道などで使われるホラ貝製の楽器で、穴をあけて吹くと非常に遠くまでその音が響く。
 昔は戦場での進退の合図にも使われ、修験者たちも山中で猛獣を遠ざけたり、夜中あるいは霧の中などで自分の居場所を知らせるために吹いた。
 「法華経」には「大法を説き、大法の雨をふらし、大法の螺を吹き」とある。つまり、仏の説法が堂々として、どこまでも遠くまで伝わるさまの形容に使われている。ただし、これが典拠になって法螺が使われるようになったのかどうかは、浅学にして知らない。
 昔、東海林(とうかいりん)さんという荘司さん(荘園の管理者)がいたため、東海林は「しょうじ」と読むようになったらしいが、それと同じ理屈で考えると、よっぽどウソつきの法螺吹きがいたのだろうか。
 4おそらくそうではないだろう。実際に法螺を吹くのを見ていると、あれは慣れた人でもけっこう大変そうに見える。一所懸命、顔を真っ赤に膨らませて吹く。
 そのせいかどうか、「ホラ吹き」と言う場合、「ウソつき」となじられるよりもまだ愛情が感じられる気がする。必死な様子がほほえましいという感じがにじむのだが、どうだろう。ホラは許せるが、ウソは許せない?
 「オオカミが来た」というのはウソだが、「自分はきっと大統領になる」なんてのはホラと呼ぶ。ホラには自分を鼓舞する効果もあるようで、時にそのホラが実現してしまうことがある。
 ウソから出た真ともいうが、ウソの場合と違って、たぶんホラにはなにか願いも込められているのではないか。「立派な弁護士になる」「日本一の農家になる」などというホラなら、どんどん吹いてほしいものだ。
 考えてみれば、お経に使われる「スヴァーハ(そわか)」なんて言葉はホラみたいなものだ。「成就した」「めでたし」という意味で、祈りごとの後ろには、よくこの言葉が来る。「もう成就してしまってめでたい」とホラを唱えるのが、最も効果的なのである。

2005/01/29 地方新聞各紙掲載

トップへ戻ります