「白隠禪画墨蹟」推薦文

白隠禪画墨蹟

 芳澤先生は、白隠病である。この病気は白癬菌とは関係ないが、周囲にも感染する。
 どうやら私もうつってしまったようだ。初めてお目にかかったとき、一緒に風呂にはいり、同じ部屋で寝たのが決定的だった。
 禅師の墨蹟は、芳澤先生によってどんどん発掘されている。その集大成が今回の『白隠禅画墨蹟』と云えるだろう。数が増えることによって、禅師の墨蹟は新たな視点で見なくてはいけなくなった。40年間毎日描いたとしても14600枚しか描けないのに、それが先生の見通しどおり一万枚あるとすれば、これはもう描くことが菩薩の「行」だったと見るしかあるまい。そのうち千点以上を収めたこの本は、一冊まるごと衆生済度である。
 業病も「行」と紙一重。白隠病で死ぬ覚悟の芳澤先生が、いま何度目かの白隠旋風を起こす。
この本を開けば、確実に感染(うつ)ります!

2009/03/23 「白隠禪画墨蹟」案内掲載

書籍情報



題名
白隠禪画墨蹟 
著者
芳澤勝弘 
出版社
二玄社 
出版社URL
発売日
2009年3月23日
価格
普及版55,000円、特装版100,000 円+税
ISBN
普及版9784544013931/特装版9784544013948 
トップへ戻ります