1. Home
  2. /
  3. イベント
  4. /
  5. 自然を生きる

自然を生きる


ご推察のとおり、ここで「自然」には二つの意味がある。一つは外部環境としての自然、もう一つは自己の内なる自然である。いずれにしてもそれは「絶え間ない流れ、あるいは循環変化」であろう。仏教や神道にとって、自然は大きなテーマだった。それは日本人にとって、と言い換えてもいいだろう。浄土教は「自然法爾」を掲げて帰依し、禅は龍に象徴させて味方につけようとした。禅が自然に挑んだ背景には、内部の自然としての「性(もちまえ)」が拡張できるという考え方がある。現代社会で「自然を生きる」とはどういうことなのか、何が自然なのか、不自然はいけないのか、ご一緒に考えてみたい。(講師・記)

詳細

テーマ
自然を生きる
日時
2018年9月10日(月) 開演14:00
場所
崎陽軒本店6階会議室 横浜市西区高島2-13-12
場所URL
受講料
会員 3,240円/一般 3,888円
定員
申込
朝日カルチャーセンター横浜
問合
朝日カルチャーセンター横浜
主催・共催・後援
朝日カルチャーセンター横浜

会場地図

タグ:

トップへ戻ります